鬼滅の刃の第172話を読みましたので、あらすじ・ネタバレをご紹介します!

2019年9月2日発売の週刊少年ジャンプ40号、最新話!

鬼滅の刃【172話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

絵も含めて漫画を今すぐ無料で読むにはU-NEXTの31日間無料&600P付与のサービスで週刊少年ジャンプの40号を無料で購入できますよ。

\鬼滅の刃の最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

鬼滅の刃【172話】のネタバレ

【鬼の猛攻】

柱の2人を襲う鬼の猛攻に実弥は指を2本切られてしまいます

あまりの速さに殆ど反応ができなかったことに悔しがる実弥

とっさに悲鳴嶼が鎖で攻撃の軌道を変えてくれていなかったら、

指どころか両腕とも切り落とされていました。

負傷すればするほど動きが鈍くなり、

足を引っ張ることになってしまいます。

稀血も強い鬼になればなるほど効くはずなのにほとんどきいていません。

しかもあのとてつもなく長い刀を

化け物のようなとてつもない速度でふります。

次はよけれるか、

次は切り込めるのか

【輝利哉の言葉】

その様子をカラスに貼ったもの越しに見ていた輝利哉は

くいなとかなたの心配する声を聞いたものの4人の力を信じ託しました

くいな「…………き、輝利哉様。

上弦の一の元へ他の柱を向かわせますか?

富岡義勇、竈門炭治郎の2人は行けます。」

輝利哉「いや、義勇と炭治郎はそのまま無惨の元へ。

上弦の壱は

行冥と実弥

無一郎と玄弥の4人が必ず倒す。

【圧倒的な強さを見せる鬼】

月の呼吸漆の型

厄鏡月映え

鬼の攻撃が床を切り裂き、

建物の柱を切り裂くほどの斬撃が広い範囲に伸びます。

悲鳴嶼(何という間合い!

攻撃範囲が倍以上に伸びた!

そしてこの速さまずい!)

月の呼吸

捌の型月龍輪尾

今度は龍が体をひねらすような半円状の斬撃が飛びました

何とか交わすも、実弥の足は再び切り裂かれ傷が出来てしまいます

月の呼吸玖の型

降り月連面

降り注ぐような月の形をした斬撃が

実弥をと襲います。

背中に傷をおう実弥……

咄嗟に悲鳴嶼が心配しますが

構うな!と牽制します

そして

月の呼吸拾の型

穿面斬羅月

空気を切り裂くような斬撃に

もうダメかと思った時……

【時透、玄弥】

実弥「時透!」

時透「死なせない!貴方はまだ両腕で刀を振れる!」

時透が実弥の体を抱え斬撃をかわしました。

そして、その様子を玄弥は離れた場所にある建物の柱の影から見ていました。

緊張からかドクンドクンと胸を打つ動機、そして冷や汗が滴ります。

玄弥(やれるか?俺に

役に立てるのか?俺は

またすぐに気付かれて胴を割られて

終いねえのか?)

玄弥は先程胴を切られたトラウマから、戦闘に参加することを躊躇してしまっていました。

しかし、色々な感情が脳裏を過ります。兄を助けたい気持ち、時透や悲鳴嶼を、慕っている仲間を守りたい助けたいという気持ち、しかし自分に出来るのか?という不甲斐ない気持ちから

鬼に対する恐怖で体が支配されていました。

血だらけで傷だらけになりながら刀を振るい戦っている兄と時透が目に入ります。

玄弥(兄貴兄貴

死なせたくない絶対に失敗出来ない。

悲鳴嶼さん時透さん

ああああっ!!くそっ!!

くそっ!!

俺がもっと強かったら!!

柱だったら!!

助けたいと思えば思うほど

体がこわばって上手く動けなくなる

怖い

役に立てないことが、

仲間を守れないことが

なんで俺はこんなに弱いんだ

悔しい

悔しい

弱い事が悔しい」

1番弱い人が1番可能性を持っているんだよ、玄弥ー

その時、脳裏に炭治郎の言葉が浮かびました。

【竈門炭治郎の助言】

以前、炭治郎に言われた助言を思い出しました。

弱い人こそ敵にそれほど注目されない為、そこに隙ができるので予想外の動きをすれば戦いの風向きが変わること。

弱い人こそが勝利への活路を開くことが出来ること。

ーーーーー

炭治郎『1番弱い人が1番可能性を持ってるんだよ、玄弥。

俺が上弦の陸と戦った時にそうだったんだ。

俺が弱かったからこそ状況を変えられた。

敵がこちらを警戒できる絶対数は

決まってるんだよ。

だからあとはそれを敵がどう割り振っているかなんだ。

敵は強い人をより警戒していて

壁が分厚いけど。

弱いと思われている人間であれば

警戒の壁が薄いんだよ

だからその弱い人が予想外の動きで

壁を打ち破れたら

一気に風向きが変わる

勝利への活路が開く』

ーーーー

先程よりも強く、ドクンドクンと激しく強く動機がします。

玄弥(炭治郎、炭治郎。

本当か?本当にそうか?

俺に出来ると思うか?)

その時、炭治郎の笑顔をが浮かびました。

そして、懐から布に包まれた物を取り出します。玄弥は決意したのです。

玄弥(やる、やる、やるしかねえ。)

懐から取り出したもの、

それは上弦の壱が落とした刀の先。

玄弥(勝つことだけを考えろ

俺は兄貴を、

師匠を、

仲間を絶対死なせねえ

また斬られた

喰おうと思っていたが

そんな弱腰じゃ話にならねえ

攻めの姿勢を崩すな)

目玉がひしめいている、

恐ろしい容貌の刀を掴むと口の中にググっと押し込んでいきました。

口を抑える手からは血がこぼれています。

全てを押し込んだその時、ドクン!と1つ強い動悸と共に玄弥は目を見開きました。

玄弥のその渇望に答えるのは……

鬼滅の刃の最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

鬼滅の刃の最新刊(単行本)は3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本2巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

鬼滅の刃【172話】考察・感想

今回、鬼がさらに強さを発揮してきましたね・・・

今まで勝機が若干見えていたにも関わらず

ここにきてまた難しいものになってしまった気がします。

実弥は既にボロボロです。はたして実弥の体は持つのでしょうか・・・

そして玄弥は刀を飲み込みましたが・・・

よく刃物を飲めたなと驚いてしまいました・・・

そしてあれを飲んで鬼化しないのか。不安です・・・