鬼滅の刃の第173話を読みましたので、あらすじ・ネタバレをご紹介します!

2019年9月9日発売の週刊少年ジャンプ41号、最新話!

鬼滅の刃【173話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

絵も含めて漫画を今すぐ無料で読むにはU-NEXTの31日間無料&600P付与のサービスで週刊少年ジャンプの41号を無料で購入できますよ。

\鬼滅の刃の最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

鬼滅の刃【173話】のネタバレ

【上限の壱との死闘】

熾烈を極める上限の壱との死闘。

悲鳴嶼が技を繰り出そうとした瞬間、被せるようにして鬼が技を繰り出してきます。

月の呼吸拾陸の型

月紅片割れ月

技が尽きない 一体いくつ型を持ってるんだー

ここまで既に16の型が出ています。

一体幾つまであるのか?

そしてあまりにも早すぎるのです。

攻撃ができず、悲鳴嶼の攻撃全てが読まれています。

しかしそれが早すぎるのです。

下手をすると攻撃動作に入る前から動きを読まれています。

悲鳴嶼

(技を出そうと考えた瞬間に読まれているおかしい)

それは神通力でも使っているのかと思うほどです。

この鬼には何が見えているのか?

何を見ているのか

そして悲鳴嶼は感覚を研ぎ澄ますことで違和感の正体を掴もうとしました。

鬼とは人間の形が変貌したものであり、鬼にできることは人間にも出来ます。

そして、呼吸は文字通り人間を鬼の如く強くすることが出来るものです。

悲鳴嶼

(この見えぬ目は本質を見抜く目

決して惑わされはしない

極限まで刮目しろ!!)

ドクン

ドクン

ドクン

ドクン!

その時です。

悲鳴嶼は脈動が知覚出来るようになりました。

はっきりと像を結んだ

悲鳴嶼

(これはもしやこれが!!)

【時透無一郎の覚悟の一撃】

時透無一郎は間合いの内側に入ろうと機会を伺っていました。

一瞬でも、ほんの一瞬でも上弦の壱の動きを止められたら、

ほんの少しでも動きの手を緩めることが出来たなら、

悲鳴嶼か不死川のどちらかが必ず頸を切ってくれると信じて

片腕を失い失血も重なり

時透無一郎に残された時間はもう殆どありません。

時透無一郎

(まだ動ける内に役に立てる内に急げ!!)

そして深く息を吸うと時透無一郎は鬼に向かい走り出しました。

その瞬間悲鳴嶼は時透無一郎の心を汲み取り、不死川の名前を呼ぶと瞬時に

不死川も理解し

そうして時透無一郎の意図を汲み取り時透無一郎の攻撃に合わせて動き出します。

三方向から同時に鬼に向かい走り出し

(ふむ同時に向かってくるより他に手はあるまい。

しかしこれはこちらも3者同時に仕留められる)

そして鬼が天万繊月という技を繰り出したその時

時透無一郎

(入れ入れ入れ入れ入れ入れ入れ!!!!

抜けろ!!間合いの内側に!!

くぐれ!!攻撃の隙間をくぐれ!!

折り重なった攻撃の隙間!!)

各々が自分が行うべき使命を果たすべく動きました。

そして鬼が刀をふろうとした時、

悲鳴嶼の数珠が鬼の手の甲に強く当たります。

(鉄球男の数珠!?

鎖を振る瞬間に投げたのか

どのように私の視界をかいくぐった?)

塵旋風削ぎ!!!!

不死川の技に視界を遮られた瞬間、

悲鳴嶼の鉄球が鬼の腕を肩ごと削ぎました。

そして時透無一郎が、鬼の脇腹を突き刺します。

しかし、時透無一郎はその代償に片足までもを切り落とされ失うことに

(頸動脈が切れていない。

ギリギリでかわした

私の攻撃を手負いの子供が。

数珠をぶつけられ僅かながら攻撃が鈍ったとしても

まさかこの眼、

視えているのか、私と同じ世界が。

あの男もそうだ、感知している

戦いの最中見え始めたのだ)

悲鳴嶼は鬼の目を謀り己の血の巡りを操作することで攻撃を錯乱させていました。

鬼にとって予期せぬことがいくつも起きましたが誰の刃も鬼の頸には届いていません。

謀りも錯乱も、分かってしまえばなんの意味もありません

月の呼吸拾陸の型

鬼が技を繰り出そうとした時、

時透無一郎は強く目を瞑りたとえバラバラになっても離さないと力を込めました。

【玄弥の銃弾炸裂】

玄弥の頭の中に、無一郎の言葉が巡ります。

ー玄弥、撃っていいから。

構わなくていいから。

俺が上弦の壱の動きを止められたら、

俺もろとも撃っていいからね

絶対に躊躇するなよー

戦う前に玄弥は無一郎と約束をしていました。

その約束を果たすべく、無一郎は銃口を鬼と無一郎目掛けて向けました。

しかし、玄弥の姿は既に限りなく鬼に近くなっています

玄弥の持つ銃はぎょろぎょろと蠢く目玉がひしめいている状態です。

わかってる、わかってるよと自分を言い聞かせるようにして、

玄弥はついに引き金を引きました!

瞬間月の模様をした玄弥の攻撃が、

鬼と無一郎を襲います!!!!

鬼滅の刃の最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

鬼滅の刃の最新刊(単行本)は3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本2巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

鬼滅の刃【173話】考察・感想

どこまで強くなるのかこの鬼は・・・!?

もう本当に怖いですよ・・・

時透は手足まで失ってこのままじゃ本当にしんじゃうじゃないですか・・・

玄弥も鬼化が劇的に進んでますし・・・

あの姿を見た時の実弥のことを考えるとため息が出ますね・・・