鬼滅の刃の第176話を読みましたので、あらすじ・ネタバレをご紹介します!

2019年9月30日発売の週刊少年ジャンプ44号、最新話!

鬼滅の刃【176話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

▷前回の鬼滅の刃【第175話】のネタバレはこちら!

>>鬼滅の刃のネタバレ一覧はこちら

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

絵も含めて漫画を今すぐ無料で読むにはU-NEXTの31日間無料&600P付与のサービスで週刊少年ジャンプの42号を無料で購入できますよ。

\鬼滅の刃の最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

鬼滅の刃【176話】のネタバレ

弟への嫉妬

必死に戦う悲鳴嶼・時透・実弥・玄弥

実弥の渾身の一振りによって、ついに頚(くび)を落とされた黒死牟

 

こんな状況でありながら、思い出すのは双子の弟、緑壱の姿だった。

 

(緑壱

 お前が笑う時いつも俺は

 気味が悪くて仕方なかった)

 

後継がいなかった黒死牟と緑壱。

それなのに緑壱は楽観視。

その姿に黒死牟は笑った。

 

特別なのは自分達の世代だけ・・・

慢心していた黒死牟は、気味の悪さと苛立ちで吐き気がしたのだ。

 

黒死牟は面白くなかった。

 

体を両断されても刀から手を離さない。

人間が血鬼術を使う。

斬られても失血死をしない。

鬼に匹敵する成長速度。

 

日の呼吸の使い手でない者達が、刃を赤く染める・・・

そんな未来を想像して、何が面白いのだろうか。自分が負けることを考えるだけでも、腸が煮えくり返る。

 

黒死牟は覚悟を決めた。

 

(俺はもう二度と敗北しない

 そうだ

 例え頚を斬られようとも)

 

実弥と悲鳴嶼の覚悟

己の力で出血を止めた黒死牟。

悲鳴嶼は焦って叫んだ。

 

「攻撃の手を緩めるな!

 畳み掛けろ!!

 時透と玄弥の命

 決してムダにするな!」

 

同じく声をあげる実弥。

目からは涙が流れていた。

 

「上等だゴラアアア!!

 消えてなくなるまで

 刻んでやらあああ!」

 

実弥は黒死牟に向けて技を繰り出す。

 

風の呼吸 捌ノ型

初烈風斬り!!

 

悲鳴嶼も容赦しない。

 

岩の呼吸 伍の型

瓦輪刑部!!

 

兄への想い

実弥と悲鳴嶼が絶え間なく攻撃。

だが、黒死牟の体は崩れていない。

まだ再生できている。

 

残念ながら・・・

時透と玄弥は死んだ。

そうなれば、術の効力も消える。

黒死牟は頚の切断から死を克服しようとしていた。

 

新たに現れた黒死牟の頭。

見た目はおぞましく、鬼すら超越するような不気味な姿であった。

 

慌てる実弥と悲鳴嶼。

頚を落とされた直後で体はもろいはず。

2人は何度でも攻撃した。

 

復活した黒死牟。

ここまでくれば、どんな攻撃も無意味。

太陽の光以外は恐れることはなかった。

 

(これで私は

 誰にも負けることは・・・)

 

刀に写った己の姿。

あまりの醜い姿に驚く。

 

思い出すのは幼い頃。

子供だった緑壱の言葉だった。

 

「俺も兄上のようになりたいです

 俺は・・・

 この国で二番目に強い侍になります」

 

黒死牟の本心

かつて侍だった黒死牟。

今の姿は決して侍とはいえない。

ふと気付いたのだ。

 

(これが本当に・・・

 俺の望みだったのか?)

 

ドクン・・・

 

心臓の音と共に崩れる体。

時透に刺された場所から体が崩壊する。

 

その隙に攻撃する実弥と悲鳴嶼。

黒死牟は焦る。

 

(技を出せ、技を

 血鬼術が使えぬ!!)

 

それでも、再生できるはずだと黒死牟はあがき続けた。

 

(まだ再生できるはず

まだ負けてはいない

私はまだ・・・)

 

思い出の中で、老いた緑壱が涙を流す。

 

『お労しや、兄上』

 

再び頚を斬られた黒死牟。

崩れゆく体のなかで、ある思いがよぎる。

 

こんな状況でも負けを認めない醜さ。

そう、これは生き恥

 

こんな未来のために

私は何百年も生きてきたのか?

 

醜い化け物になっても

負けたくなかったのか?

 

人を喰らっても

強くなりたかったのか?

 

こんな惨めな生き物になっても

死にたくなかったのか?

 

違う・・・

黒死牟はようやく気付く。

 

(私はただ、緑壱

 お前になりたかったのだ)

 

>>鬼滅の刃のネタバレ一覧はこちら

スポンサードリンク



鬼滅の刃の最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

鬼滅の刃の最新刊(単行本)は3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

鬼滅の刃【176話】考察・感想

兄に憧れていた緑壱。

弟が妬ましかった黒死牟。

姿が似ていても全く違う二人。

だれだって、誰かに憧れる時ってあると思うんですよ。

だからこそ、憧れという名の理想に近づくため努力をしていくのだと思います。

黒死牟の場合はそれが『強さ』でした。

ところが、強さを極めるあまり、途中で自分を見失ってしまった・・・

己の本心にすら気付くことなく、何百年という、あまりにも長い月日が経ってしまったのです。

もっと早く自分の素直な気持ちと向き合っていれば、黒死牟にも違った未来があったのかもしれません。

全てを犠牲にして、強さを極めた男の成れの果て。

緑壱はどう思うのでしょうか?