鬼滅の刃の第177話を読みましたので、あらすじ・ネタバレをご紹介します!

2019年10月7日発売の週刊少年ジャンプ44号、最新話!

鬼滅の刃【177話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

▷前回の鬼滅の刃【第176話】のネタバレはこちら!

>>鬼滅の刃のネタバレ一覧はこちら

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

絵も含めて漫画を今すぐ無料で読むにはU-NEXTの31日間無料&600P付与のサービスで週刊少年ジャンプの42号を無料で購入できますよ。

\鬼滅の刃の最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

鬼滅の刃【177話】のネタバレ

立場が違う双子

これは、黒死牟がまだ鬼になる前の話。

 

黒死牟と緑壱は双子として生まれた。

 

この時代では、双子は跡目争いの原因になるとして不吉に思われていたのである。

また、弟の緑壱は生まれつき額に痣があり、父は緑壱を殺そうとした。

ところが、母が頑なに拒否。

緑壱は、十歳になったら寺へ出家させることになった。

 

双子でありながら、全く違う扱い。

そのせいか緑壱は母から離れず、いつも左脇にくっついて歩いていた。

その光景に、黒死牟も最初は可哀想に思っていたのである。

 

緑壱に与えられた部屋は三畳。

黒死牟はこっそり遊びに行っていた。

自分の物を渡すと怒られるので、笛を作って渡す。

 

しかし、緑壱が笑うことはない。

 

ある日、黒死牟が庭で素振りしていると、流暢に話し掛けて来た。

 黒死牟の夢がこの国で一番強い侍になる事だと知り、緑壱も「侍になりたい」と言い出す。

 

微笑む緑壱。

黒死牟は気味が悪かった。

 

天才だった緑壱

緑壱は母を見れば、すぐにしがみつく。

そんな奴が侍になれるわけない・・・

黒死牟は内心、緑壱を下に見ていた。

 

ところが、それ以降、黒死牟が稽古中に「教えて欲しい」とねだるようになった。

 

試しに、父の配下が指導する。

持ち方や構え方など基本的なやり方を教えたに過ぎない。

 

ところが・・・

 

初めてにも関わらず配下を圧倒。

黒死牟が一本も取れなかった配下を、4発程度で失神させてしまった。

 

当時、まだ7歳だった緑壱。

骨に異常はなかったものの、緑壱に打たれた箇所はこぶし大にまで膨れ上がる。

 

緑壱にとっては、人を打ち付ける感触は良いものではなかったのだろう。

それ以降「侍になりたい」とは言わなくなった。

 

強くなりたい黒死牟。

緑壱の強さの秘密を暴くべく、本人に詰め寄る。

 

話をして分かったことは・・・

緑壱は天才だった。

 

特別な視覚によって、生き物の体が透けて見えるらしい。

今まで黒死牟が哀れんでいた弟は、自分よりも遥かに優れていたのである。

 

緑壱はつぶやく。

 

「剣の話をするよりも、俺は

兄上と双六や凧揚げがしたいです」

 

突然の別れ

剣の道は厳しく険しい。

でも、努力をすればするだけ力はつく。

 

しかし、努力の歩みも天才の前では亀の歩み程度にしかならない。

黒死牟が欲しがる才能を弟が持っているが、緑壱は剣の話には興味がなかった。

 

圧倒的な実力差。

皆が寝静まる頃、黒死牟は布団の中で漠然と考えていた。

 

家を継ぐのは緑壱・・・

 

立場が逆転したと考えていたのだ。

ところが、襖の向こうから緑壱の声。

 

なんと母が死んだと言うのである。

それも、緑壱はこのまま寺に発たねばならないため、詳しく話す時間はないと言う。

ただ、せめて別れの挨拶だけ兄にしたかったのだ。

 

緑壱は、懐から大事そうに笛を取り出す。

黒死牟が作ってあげた笛だ。

 

「この笛を兄上だと思い

どれだけ離れていても挫けず

日々精進します」

 

黒死牟は驚く。

がらくたの笛を宝物のように扱う緑壱。

さらに表情は笑っている。

 

黒死牟は気味が悪くて、言葉をかけることはなかった。

こうして、緑壱は深々と頭を下げたあと、ほとんど荷物も持たずに旅立ったのである。

 

天才への嫉妬

母が亡くなったあと、黒死牟は母の日記をひとり読んでいた。

 

黒死牟が心配していた通り、跡継ぎは緑壱になる可能性があった。

それに気付き、自ら予定よりも早く家を出ることにしたらしい。

 

さらに、母の死期も緑壱は分かっていたようだ。

母は何年も前から左半身が不自由。

苦しんでいたのである。

 

左半身・・・

左・・・

 

黒死牟は気付く。

 

緑壱は母にくっついていたのではない。

母をずっと支えていたのだ。

 

日記をぐしゃっと握り潰す黒死牟。

頭や体からは血管が浮き上がり、鼻から血が流れていた。

 

嫉妬で体が焼けるような感覚。

黒死牟に湧く緑壱へ対する憎悪。

黒死牟は天才が憎くて仕方なかった。

 

>>鬼滅の刃のネタバレ一覧はこちら

スポンサードリンク



鬼滅の刃の最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

鬼滅の刃の最新刊(単行本)は3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

鬼滅の刃【177話】考察・感想

明らかにされつつある黒死牟の過去。

弟の緑壱は、黒死牟がどんなに努力しても手に入らないモノを、最初から持っていました。

それも双子という関係。

同じ見た目、同じ背丈、同じ年齢。

妬ましいと思うのは当然なのかもしれません。

でも、黒死牟が緑壱のような才能を最初から持っていたら、弟を妬まず、天才を憎まずに済んだのでしょうか?

きっと違いますよね。

黒死牟が弟に憧れていたのは『強さ』だけではないはず。

だから、緑壱自身になりたかった・・・

黒死牟の過去編はまだ続きそうです。