鬼滅の刃の第178話を読みましたので、あらすじ・ネタバレをご紹介します!

2019年10月12日発売の週刊少年ジャンプ46号、最新話!

鬼滅の刃【178話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

▷前回の鬼滅の刃【第177話】のネタバレはこちら!

>>鬼滅の刃のネタバレ一覧はこちら

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

絵も含めて漫画を今すぐ無料で読むにはU-NEXTの31日間無料&600P付与のサービスで週刊少年ジャンプの42号を無料で購入できますよ。

\鬼滅の刃の最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

鬼滅の刃【178話】のネタバレ

思わぬ再会

黒死牟がまだ人だった頃の話。

 

弟に対しての憎しみは計り知れず。

天才がどうしても許せなかった黒死牟。

「死んでくれ」と願うくらい、緑壱の存在を認められなかった。

 

天才だと気付いた父。

緑壱を連れ戻すべく寺を尋ねるが、緑壱はそこへは来ていなかった。

 黒死牟への挨拶を最後に消息を絶ち、影も形もなくなったのだ。

原因は分からない。

しかし、黒死牟の願いは叶った。

 

それから十年余り。

黒死牟に平穏な日々が訪れ、妻をめとり子供にも恵まれた。

 

しかし、野営したところへ鬼の襲撃。

停滞していた時が動き出す。

 

満月の夜。

鬼を鮮やかに倒す一人の侍。

鬼に襲われた黒死牟を救ったのは、立派に成長した緑壱であった。

 

日の呼吸の生みの親

ただでさえ天才だった緑壱。

剣の技術は極められ、鬼ですら容易く倒してしまう程の腕前に成長。

 

緑壱を見た瞬間、黒死牟の眠っていた感情が動き出す。

黒死牟は再び、妬みと憎しみに襲われた。

 

「申し訳ございません

 兄上」

 

緑壱は跪き頭を下げ、黒死牟の配下が死んだことを詫びた。

強いだけではない。

非の打ち所がない人格者となっていた。

 

その姿を見た黒死牟。

どうしても、緑壱の強さと剣技を手に入れたくなる。

 

黒死牟はその後、家も妻子も捨て、緑壱と同じ『鬼狩り』の道を選んだ。

 

緑壱の剣技を教わろうとしたのは、黒死牟だけではない。

誰に対しても、緑壱は剣技や呼吸を教えた。

しかし、誰一人として緑壱と同じようにはできなかったのである。

 

そこで、緑壱はそれぞれの者が得意であることを合わせて呼吸法を伝授。

緑壱の『日の呼吸』から派生した呼吸が次々と生まれる。

痣を持つ者も増え、鬼狩りの戦力も増していく。

そのうち、黒死牟にも緑壱そっくりの痣が発現した。

 

緑壱の勝ち逃げ

緑壱の強さを手に入れるべく、修行に励む黒死牟。

ところが、『日の呼吸』を使えることはなく、使えるようになったのは派生した『月の呼吸』のみ。

 このままでは緑壱に追いつけない。

 

焦りを見せていた時、痣を持つ者が死に始める。

痣は寿命の前借りに過ぎない。

黒死牟は、自分の命が長くないことを知ったのである。

 

そこへ、悪魔がささやく。

 

「ならば

 鬼になれば良いではないか」

 

鬼舞辻無惨との出会いだった。

鬼になれば無限の力を手に入れられる。

 

黒死牟は剣技を極めたい。

鬼舞辻無惨は、呼吸が使える剣士を鬼にしてみたい。

 

黒死牟の当時の名は継国巌勝。

巌勝は鬼となって生きることを決めた。

 

それなのに・・・

緑壱は再び姿を現す。

力の差を見せつけ、戦いの決着がつかないまま、寿命で命が絶えた。

 

誰も届かなかった緑壱の強さ。

 黒死牟に溢れる惨めな思い。

立ったまま寿命を迎えた緑壱を、黒死牟は刀で真っ二つにした。

溢れる感情。

 

憎い

憎い!!

 

斬られた緑壱の懐からは、大事そうに布にくるまれた笛が入っていた。

幼い頃、黒死牟があげた笛である。

 

辿り着けなかった巌勝

緑壱を斬った黒死牟。

瞳から溢れる涙。

 

「もうやめろ

私はお前が嫌いだ」

 

そう思っていたはずなのに・・・

何百年も生きていて、最後に思い出すのは一番忘れたい緑壱の顔。

 両親や妻子の顔すら思い出せない。

なのに、緑壱だけは鮮明だった。

 

圧倒的な緑壱の強さ。

今まで、どれだけの人が憧れ、緑壱となるべくもがき続けたことだろう。

 

黒死牟は・・・

家を捨て

妻子を捨て

人間であることを捨て

子孫を切り捨て

侍である事も捨てた。

 

ここまでしても手に入らない。

何も残らない。

 

黒死牟は、緑壱と同じ世界を見ることはできなかった。

 

(私は一体何の為に

生まれてきたのだ

教えてくれ、緑壱)

 

黒死牟が倒され灰となって散ったあと、残された着物には幼い頃の笛が輝いていた。

>>鬼滅の刃のネタバレ一覧はこちら

スポンサードリンク



鬼滅の刃の最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

鬼滅の刃の最新刊(単行本)は3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

鬼滅の刃【178話】考察・感想

天才で人格者だった緑壱。

「日の呼吸」を生み出したのは緑壱でしたね。

でも、完全に習得できる者はおらず、派生して様々な呼吸が生まれたようです。

ただ、なぜ炭治郎が「日の呼吸」を使えるのか疑問は残りました。

何もかも全て捨てて、緑壱になろうとした黒死牟。

大嫌いだと言っているけど、本当は弟のことが大好きだったのでしょう。

黒死牟がすべきことは「強さ」を極めることではなく、自分の「弱さ」を認めることだったのかもしれません。

何も手に入らなかったかもしれない。

しかし、最後に思い出せた記憶。

継国巌勝として死ねたことが、黒死牟にとっての唯一の救いではないでしょうか。