鬼滅の刃の第181話を読みましたので、あらすじ・ネタバレをご紹介します!

2019年11月2日発売の週刊少年ジャンプ49号、最新話!

鬼滅の刃【181話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

▷前回の鬼滅の刃【第180話】のネタバレはこちら!

>>鬼滅の刃のネタバレ一覧はこちら

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

絵も含めて漫画を今すぐ無料で読むにはU-NEXTの31日間無料&600P付与のサービスで鬼滅の刃を無料で購入できますよ。

\鬼滅の刃の単行本が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

鬼滅の刃【181話】のネタバレ

輝利哉を襲う重圧

輝利哉は嫌な汗をダラダラ流しながら、内心とても焦っていた。

 

間に合わなかった仲間の死。

自分が采配をしくじったせいで、大勢の人が死んでしまったと己を責めた。

 

無惨を倒すために、何百年とかけえて多くの人が準備してきた。

それが、自分のせいでムダになる。

 

呆然とするあまり、かなたがどんなに呼び掛けても声が輝利哉には届かない。

呼んでも無理だと思ったのだろう。

かなたは勢いよく輝利哉をビンタした。

驚くくいな

かなたは叫ぶ。

 

「しっかりなさいませ、お館様!

 早く次の御指示を!

 戦いはまだ終わっていません!!」

 

輝利哉はハッとする。

父親も含めて、みんな同じ重圧に耐え抜いてやってきた。

自分だけ放棄するわけにはいかない。

 

冷静さを取り戻した輝利哉。

再び指示を出す。

 

無惨の位置は捕捉し続け、カラスはとにかく目を撒くように伝える。

無惨は攻撃範囲が広すぎる。

安易に距離を詰めては危険だ。

柱とほかの隊員も全て集結させ、戦力を一つにすることが必要だった。

 

指示を終えると、輝利哉はお礼を言った。

 

「かなた、くいな

 ありがとう」

 

2人は静かに涙を流した。

 

どちらを優先すべき?

鳴女と戦っていた甘露寺と伊黒。

カラスからの連絡によって、無惨の復活と柱の集合が必要だと知る。

驚く甘露寺。

 

「嘘・・・!!

もたもたしている間に、無惨が・・・」

 

伊黒も走りながら悔やんでいた。

時透も玄弥も死んだ。

しかし、上弦の壱は倒している。

それに比べて、自分達は何もしていない。

 

鳴女の血鬼術は、殺傷能力が高いかわけではないが、頚を狙えず決着がつかない。

柱二人で戦っているのに、琵琶女のために足止めを食らっている。

現状を打破しなければ、ほかの柱と合流しても、いずれ道を阻まれるだろう。

伊黒は、鳴女を先に片付けたかった。

 

一方で、甘露寺は走りながらカラスに確認していた。

なぜなら、琵琶女はまだ倒せていない。

それなのに、無惨の元へ集合して良いのか悩んでいたのだ。

 

「あの琵琶の人は

放って集まった方がいいの?

それとも・・・」

 

突然、襟首をつかまれた甘露寺。

 

「えっ!?誰!?」

 

状況も理解できず、何者かに引きずり込まれた。

鳴女がならす琵琶の音が屋敷内に響き渡る。

 

込み上げる炭治郎の怒り

先を急ぐ義勇と炭治郎。

目の前に、ある男が立っていた。

炭治郎は驚いて叫ぶ。

 

「無惨!!」

 

はやまる鼓動。

思い出すのは、忌まわしい記憶。

犠牲になった家族、仲間達。

 

怒りで力が入り、目が血走る。

義勇も同じ気持ちであったが、焦っても意味がない。冷静に止めた。

 

「炭治郎、落ち着け」

 

怒りをあらわにする二人に比べて、無惨は平然として言った。

 

「しつこい」

 

無惨を倒すべく何度も迫る鬼殺隊。

あまりのしつこさに、無惨は飽き飽きしていたのだ。

 

口を開けば、バカの一つ覚えのように親や子の仇と言うばかり。

自分らは生き残ったのだから、それで十分だろうと考えていた。

身内が殺されたとはいえ、自分らは元の生活に戻ればいいだけのこと。

 

唖然とする炭治郎と義勇。

無惨は話を続ける。

 

「私に殺されることは

 大災に遭ったのと

 同じだと思え」

 

天災は、時に人の命を奪う。

だが、天変地異に復讐しようとする者などいない。

 

死んだ人間は生き返らない。

亡くなった者に縛られることなく、残った者は静かに暮らせばいい。

ほとんどの者がそうしているのに、鬼殺隊は戦い続けている。

 

なぜ、戦い続けるのか?

理由は一つ。

鬼狩りは異常者の集まりだから。

 

「異常者の相手は疲れた

いい加減

終わりにしたいのは私の方だ」

 

なんと勝手な言い分だろうか。

炭治郎のなかで、フツフツと静かな怒りが込み上げてくる。

無表情で炭治郎は言った。

 

「無惨、お前は

 存在してはいけない生き物だ」

 

>>鬼滅の刃のネタバレ一覧はこちら

スポンサードリンク



鬼滅の刃の最新刊やアニメを無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

鬼滅の刃の最新刊(単行本)は3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻が今すぐ無料で読める
ひかりTVブック 単行本2巻が今すぐ無料で読める

また、アニメもU-NEXTでは見放題で配信しています。

※見放題は追加で料金が発生しないので無料期間中なら無料で全話視聴可能

アニメは2期も2020年に放送予定となっているので、これからも盛り上がっていく作品になりそうですね!

ジャンプ作品は柱が次々と連載終了しているので、鬼滅の刃が新しい柱になってほしいと思います。

単行本を集めたい!無料で読みたい!という方は下記の記事で詳しく解説していますので、是非ご覧になってみてください。

>>鬼滅の刃を無料で読む方法!

\31日間無料&600P付き/

鬼滅の刃【181話】考察・感想

己の考えを正当化するために、相手の考えを全否定する無惨。

自分は神様とでも思っているのでしょうか?

勘違いも甚だしいですね。

当然の話ですが、どんな立派な人間だろうと、人は一人では生きていきません。

もし、自分ひとりで生きられると思っているのだとしたら、それはただの傲慢です。

権力や強大な力を手に入れて、自分がすることは全て正しいと勘違いする人は、現実にもいますよね。

指摘して改心するなら、まだ救いはあります。

でも、無惨はきっと無理でしょう。

炭治郎の最後の一言が、全ての思いを集約しているのではないでしょうか。

いよいよ迫る決戦。

無惨を倒すべく、炭治郎たちが動き出します。