鬼滅の刃の第183話を読みましたので、あらすじ・ネタバレをご紹介します!

2019年11月18日発売の週刊少年ジャンプ51号、最新話!

鬼滅の刃【183話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

▷前回の鬼滅の刃【第182話】のネタバレはこちら!

>>鬼滅の刃のネタバレ一覧はこちら

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

絵も含めて漫画を今すぐ無料で読むにはU-NEXTの31日間無料&600P付与のサービスで鬼滅の刃を無料で購入できますよ。

\鬼滅の刃の単行本が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

鬼滅の刃【183話】のネタバレ

柱死んだふり作戦

無惨の前に現れた甘露寺と伊黒。

城の中では、相変わらず鳴女がひく琵琶の音色が響き渡り、部屋の形を何度も変貌させる。

 

無惨と初対面の甘露寺。

あまりの威圧感に潰されそうになる。

勇気を出して、恐る恐る目を開けるが、やはりどの鬼よりも怖い!

どう見ても、間合い入れずに即死されてしまうレベルである。

 

甘露寺は心の中で、悲鳴嶼が早く来てくれることを願うばかり。

いや、それよりも謎の協力者、鬼少年、愈史郎による『柱みんな死んだふり作戦』が、甘露寺と伊黒が助けに入ったことにより意味がなくなってしまった。

だが、炭治郎と義勇が危なかったのだ。

仕方ないと言えるだろう。

 

実は、甘露寺が急いで向かっている時、襟首を掴んで引っ張ったのは愈史郎だった。

見た目は鬼だが仲間だと説明する。

バカでないなら、今すぐ理解して協力して欲しいと言うのだ。

 

甘露寺は考えた。

うん、私はバカじゃない!

相手の事は知らないが、大人しく「はい」と返事をして協力することにした。

 

愈史郎の作戦は至ってシンプル。

問題の鳴女、通称“琵琶女”は愈史郎が引き受ける。

甘露寺は、とりあえずアホのように動き回ってもらい、その隙に愈史郎が琵琶女へ気付かれないように視覚を乗っ取る。

脳内に侵入できれば、無惨の支配を外して頭を乗っ取る事も可能だ。

 

なんて便利なのだろう。

甘露寺は感心するだけでなく、普通にかっこいいと思った。

 

愈史郎の作戦が上手くいけば、無惨に柱や他の鬼狩りを死んだと思わせることが可能になり、その隙に味方を集結させ、総戦力で一気に叩くことが出来るのだ。

 

無惨VS愈史郎

甘露寺は無惨に攻撃しようとするが、城がめちゃめちゃ動いている。

無惨と愈史郎によるせめぎ合いが起こり、激しく戦っている証拠といえるだろう。

 

指示された通り、甘露寺は無惨に攻撃してイライラさせたいところだが、思っていた以上に城の動きが激しい!

壁同士が衝突するし、突然床に落ちそうな穴が出現する。壁に挟まれてしまったら、いっかんの終わりだろう。

 

「一番乗りで死にそう私!!」

 

甘露寺は壁を避けるだけで精一杯だった。

それは、ほかの者も同じ。

城の内部が激しく変動するなか、炭治郎もみんなや無惨から離れないように必死に避けていた。

 

無惨は気付く。

目視はできないが、明らかに鳴女のそばに誰かいる。

 

「珠世の鬼だな

 いい度胸だ

 殺してやる」

 

邪魔に感じたのだろう。

無惨はすぐに殺しにかかる。

 

鳴女の頭を両手で掴み、脳内に侵入していた愈史郎。

無惨の強い支配によって、愈史郎自身の細胞まで吸収しようとしていた。

だが、ここで負けるわけにはいかない!

 

愈史郎は叫ぶ!

しかし、無惨も容赦はしない。

 

愈史郎の近くにいた隊員。

どうにか力になりたい。

無惨を倒すためなら、自分を食べても構わないと申し出た。

しかし、今はそれどころではない!

 

「うるさい黙れ!

 引っ込んでろ!」

 

逆に怒られてしまった!!

「すみません」と謝るしかない隊員であった。

 

城の崩壊

無惨の気を散らすため、義勇と伊黒が同時に攻撃を仕掛ける。

反撃する無惨。

おかげで鳴女の支配が緩んだ。

このままいけば押し戻せるだろう。

愈史郎は大粒の汗を流しながら、全神経を集中させて鳴女の支配を試みる。

 

すると、無惨は戦いながら右手を力強く握った。

 

グシャッ!!

 

鳴女の頭が潰れてしまった。

無惨はもう殺しにかかってきたのである。

これでは城が崩壊してしまう!

だが、愈史郎は諦めない!!

 

鳴女に残った細胞が完全に死滅するまでのわずかな時間で、無惨とほかの隊員を外へ避難させる必要がある。

 

そうとは知らない、伊黒・甘露寺・炭治郎・義勇4人。

炭治郎も応戦するが、右目をやられたせいで上手く攻撃できない。

周囲には仲間の遺体が転がっている。

どれだけ無念だったろうか。

炭治郎は悲しそうな表情で、戦いながら仲間の遺体を見ていた。

 

縦横無尽に動く無惨の長い腕。

ムチのようにしなって動くため、思うように近づけず攻撃できない。

炭治郎も避けきれず、右肩に攻撃を受け血が飛び散った。

 

戦いながら伊黒が気付く。

 

「この軋み方!

 城が崩壊する」

 

建物自体も上昇している。

外に出られなければ、無惨以外が危ない。

甘露寺が城の動きに気を取られていると、無惨の腕が迫る!

先に気付いた炭治郎。

落ちていた仲間の刀を投げた!

 

無惨の頭を刀が貫通。

頭からは一筋の血が流れる。

無惨の苛立ちはピークに達した。

 

「忌々しい餓鬼め!」

 

城は地上へと一気に上昇!

地面を破って城の一部が出現。

戦いの舞台は、ついに地上へと移動したのである。

>>鬼滅の刃のネタバレ一覧はこちら

スポンサードリンク



鬼滅の刃の最新刊やアニメを無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

鬼滅の刃の最新刊(単行本)は3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻が今すぐ無料で読める
ひかりTVブック 単行本2巻が今すぐ無料で読める

また、アニメもU-NEXTでは見放題で配信しています。

※見放題は追加で料金が発生しないので無料期間中なら無料で全話視聴可能

アニメは2期も2020年に放送予定となっているので、これからも盛り上がっていく作品になりそうですね!

ジャンプ作品は柱が次々と連載終了しているので、鬼滅の刃が新しい柱になってほしいと思います。

単行本を集めたい!無料で読みたい!という方は下記の記事で詳しく解説していますので、是非ご覧になってみてください。

>>鬼滅の刃を無料で読む方法!

\31日間無料&600P付き/

鬼滅の刃【183話】の感想

無惨を倒すには太陽の光が必要です。

愈史郎の活躍によって、どうにか地上へと引きずり出す事ができました。

少しだけ希望が見えた気がします。

緊迫感が漂う現場。

なのに、甘露寺蜜璃の登場で場の空気が緩んじゃいましたね。

彼女の天然パワーはすごいな~

話はそれますが、週刊少年ジャンプ50号の付録で『鬼滅の刃ゆるシール』がついていました。メインキャラが全員描かれている可愛いシールです。

ゆるキャラシールを見た瞬間、可愛いと思うよりも、本編との温度差に思わず動揺しちゃいましたね。

 

絶望の中にみえた一筋の光。

炭治郎たちの反撃が続きます。