2019年7月11日発売のヤングジャンプ32号で、キングダムの第607話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

20197月10日に発売されたヤングジャンプ32号に掲載!

キングダム最新話!第607話のネタバレと感想!

>>キングダムのネタバレ一覧まとめ<<
>>キングダムの単行本を無料で読む方法<<

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\キングダムの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

キングダム【第607話】のネタバレ

【王翦の見る景色】

李牧の戦術を叩き込まれた雷伯軍に対して、その戦術を見抜き、逆に‘’起こり‘’を逆手に取った反撃で王翦軍が善戦する。

‘’起こり‘’を見つけられず、戦術戦に切り替えようとする雷伯軍だが、王翦軍に逆に返し技で敗れ続ける雷伯軍。

雷伯は想定されていなかった流れに、王翦が李牧の見ている景色に近いものを見ているのではないかと感じる。

 

一方王翦は、このまま押し込むと思いきや、乱戦を今すぐ解けと命じる。

田里弥軍のいる左へ転進するという王翦。王翦軍が左へ動けば今戦っている雷伯軍がついてきて危険なのではと進言する部下に対し、「面倒だ まとめて一気に決着をつける」と一蹴する王翦。

雷伯軍と戦っていた王翦軍が、共伯軍と戦っていた田里弥軍に強引に合流したのだ。王翦のその行動は、敵も友軍も、李牧でさえも予想していない展開であった。これは、場の人間の思考が一瞬停止する程の大奇襲であった。

 

この王翦の大奇襲に対して一番最初に反応したのは、王翦軍の将軍倉央であった。「ハハ 面白い!」と呟く倉央は、独断で後方に待機していた自分の本軍をこの混戦の中に呼び込み、さらなる混沌を生み出すのであった。

王翦軍と倉央軍の動きに対し、知略戦を捨てて博打にでたのかと考える李牧中央軍の将校達であったが、李牧は王翦は博打にはでないだろうと考える。「王翦…お前は」と王翦の考えに気づいた李牧。

 

【王翦と李牧】

田里弥軍と倉央軍と強引に合流した王翦だが、大混戦の中、李牧率いる中央軍と戦いながら田里弥軍や倉央軍にも伝令を飛ばす。

現場の中で戦いながら布陣を作り上げることは、決して易いことではないと考える李牧に対し、‘’鶴‘’の中央に田里弥軍、左翼を倉央軍に作らせ、赤大鶴の陣を作り上げる。

王翦が最後尾に入ることによって大鶴の陣が完成するところであったのにもかかわらず、またしても敵も友軍も驚く行動に出る王翦であった。

 

まさかの最前線に立っていた王翦。偽物か?さすがに罠か何かかと考え動き出せない李牧軍。田里弥軍、倉央軍までもが何が起きているのかわからず、いつでも助けに出られるようにと緊張が走る。

そんな中、最前線に立つ王翦の前に、まさかの李牧が現れる。

ここにきて、この大戦の総大将同士が相まみえることとなったのである。

 

「よく出て来たな」と話す王翦に対して、「私と話したいのかと思いまして」と返す李牧。

兵糧もなく、これ以上続けても飢え死にか討ち死にしかないと言う李牧に対し、鄴の食糧が尽きたことを察している王翦は、鄴は間もなく落ちると返す。

趙国百六十年の歴史の重みにかけて鄴は決して落ちないと言う李牧であったが、「歴史の重みで国が救われるものではない 上に立つ者共が馬鹿の集団であれば それだけで国は亡ぶ」と返す王翦。

 

今の趙王らが馬鹿の集団であると考える王翦は、「今の趙国の唯一の重しとなっているのは李牧 お前だ お前が消えさえすれば 間違いなく趙は一瞬で亡ぶ」と李牧に告げる。

「虚しくならぬか」と尋ねる王翦に対し、「何が言いたいのです」と返す李牧。

私と一緒に来い李牧 お前が私と組み力を貸すなら二人で全く新しい最強の国を作ることが出来る」と告げる王翦であった。

李牧を取り込もうとする王翦。その真意は一体…。

 

▽次回のキングダム【第608話】のネタバレはこちら▽

キングダム【第608話】のネタバレ・感想!驚愕の提案の結末

スポンサードリンク



キングダムの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

キングダムの最新刊(単行本)や最新話が連載されているヤングジャンプは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻orヤングジャンプ1冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本2巻orヤングジャンプ3冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻orヤングジャンプ2冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

キングダム【第607話】の考察

【王翦の誘いに対する李牧の対応と今後の展望】

起こりにを見破った王翦であったが、敵や味方をも驚かせる行動に読者としてもどうなるのだろうとハラハラした展開であった。

王翦の意図を読んで、最前線まで李牧も出てくる形で、相見えることとなった王翦と李牧。

どんな話をするのかと思ったら、王翦の口から出てきたのは、李牧に対する勧誘であった。

ここまで知略を尽くして戦ってきた李牧が、王翦の誘いに応じるとはとても考えにくいし、絶対無いのではないんじゃないかと思う。

だが王翦の言っていることに正しい部分も李牧は感じていると思う。

そのあたりも踏まえて李牧がどういった返答をするのか。

このまま戦ってもお互い兵糧が尽きているので、早く戦いを終わらせなければならないし…長引くとは考えにくいが…

策略家同士、今後どうお互いに知略を尽くして戦っていくのか注目していきたい。

キングダム【第607話】の感想

戦い始めて間もない中央軍同士でしたが、王翦が起こりを見破ったところから、大混戦状態になったり、まさかの最前線で、総大将の王翦と李牧が相見えることになったりと、驚きの連続でした。

味方もビックリするほど思いがけない行動をしていた王翦でしたが、さらに李牧に誘いをかけるとは思っていなかったですね。好きな登場人物ですし、李牧が仲間になったら強くなるだろうなーと思いながらも、色々な知略を尽くして戦うのも見てみたいですね。

王翦の誘いに対する李牧の対応と今後の中央軍の戦い方が楽しみですね。