2019年8月8日発売のヤングジャンプ36&37合併号で、キングダムの第610話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

20198月8日に発売されたヤングジャンプ36&37合併号に掲載!

キングダム最新話!第610話のネタバレと感想!

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\キングダムの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

キングダム【第610話】のネタバレ

【前回のあらすじ】

混戦となる信達右翼では、以前に深手を負わされた尭雲と相対する王賁の姿があった。

尭雲は、「中華のうねりは今極限に向かっているのだ」と王賁に語り掛けるのであった。

今立っている場所が如何に大事か説く尭雲に、「俺はただ敵を貫いて前へ進むだけだ」と答える王賁であった。

武器を振り上げる王賁と尭雲。

手負いの二人の再戦が今、決着を迎えようとしていた…。

 

【再戦の決着】

 

尭雲様っ!

 

賁様っ!

 

オオオオオッ

 

武器を振り上げる王賁と尭雲。

 

尭雲は武器を振り上げながら、亡き主藺相如の言葉を思い出す。

 

藺相如「二人には まだ役割が残っている」

「尭雲 その時は…..朱き平原を…..敵の血でさらに深き朱に染めてやれ…..」

「我ながらこれ程早く逝くとは 廉頗達に迷惑をかける…..」

「二人とも 後は 頼んだぞ 中華は…..」

 

最後の言葉を残し、スッと目を閉じる藺相如。

 

涙する尭雲であった。

 

亡き主の言葉通り、敵の血で朱く染めるべく、尭雲のほうが速く動く。

 

対する王賁は、尭雲の矛に自分の槍をぶつけ止めるのであった。

 

その反動が大きかったのか、王賁の馬の脚が折れてしまう。

 

直後、驚愕の顔を浮かべる信や周りの兵士達。

 

脚が折れてバランスを崩しながら倒れようとする王賁の馬。

 

そんな中、王賁は斜めになりながらも、尭雲の胸に槍を突き刺したのであった…..。

 

 

【最後の言葉】

 

馬上から崩れ落ちる王賁。

 

「おのれ 王賁 死ねェ」

 

尭雲の仇を取らんとする周りにいた兵士たちが、王賁を襲う。

 

ドガッ

 

間一髪で駆け付け、敵兵士をなぎ倒す信。

 

どこか悔しそうに「チッ」と舌打ちをする信であった。

 

「おのれェっ 二人まとめて殺せェっ」

 

信と王賁に襲い掛かろうとする敵兵。

 

「待て…..」

 

襲い掛かろうとする兵士達を静止させる尭雲。

 

尭雲「逝く前に その二人には 伝えておかねばならぬことがある

我が主 藺相如からお前達に向けて預かっていた言葉だ…..

 

藺相如は、敵を止めることが叶わなかった時、その敵に対する助言を尭雲に託していたのであった。

 

尭雲「お前たちが本当に 中華を一つにする刃足らんと願うのならば 胸に深く刻んでおけ」

何があろうと 必ず

振り上げた刃は 必ず 最後まで 振り下ろせ

 

言葉の意味に困惑する信達。

 

尭雲「中華の応えに 近づく日が 来ることがあれば 意味が分かる…..

「多くの…..本当は 藺相如様こそが その応えを導くお方であり」

「そのためならこの命 真っ先に燃やし尽くす覚悟であったが」

「結果として我が主には 誰よりも長く仕えることとなった

 

話ながら突き刺さった槍を抜く尭雲。

 

その脳裏には、昔の、藺相如達と一緒に過ごした光景がよみがえるのであった。

 

旧三大天 藺相如が十傑 最後の一人 尭雲。

 

朱海平原 十五日目の戦いにて 戦死。

 

最愛の主亡き後、その遺言を抱いて生きてきた尭雲。

 

信と王賁に最後の言葉を伝えることで、すべての役目を終えるのであった…..。

スポンサードリンク



キングダムの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

キングダムの最新刊(単行本)や最新話が連載されているヤングジャンプは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻orヤングジャンプ1冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本2巻orヤングジャンプ3冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻orヤングジャンプ2冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

キングダム【第610話】の考察と感想

王賁と尭雲の因縁の対決に決着が着きましたね。

尭雲の矛を受け止めた衝撃で、王賁の馬の脚が折れてしまったのは偶然だとしても、そのまま馬上から落ちることになろうとも、斜めになりながら、尭雲に槍を突き刺した王賁でしたが、王賁の勝ちへの執念が勝った形となりました。

信としても、尭雲を自分が倒したかった気持ちと、尭雲を倒した王賁への悔しさを感じる場面となりましたね!

尭雲が瀕死ながらも、藺相如の最後の言葉を信と王賁に伝えるシーンでは、敵ながらカッコ良さを感じました!

藺相如が最後の助言として残した、「振り上げた刃は必ず最後まで振り下ろせ」という言葉ですが、これからどこの場面で重要になってくるのか非常に気になりますね。

中華の応えに近づく日が来れば意味がわかるとのことですが、もっと先の話なのか、この戦いの決着を迎える時に、その言葉の意味を理解するのか…..。

また、尭雲が戦死したことで今後の戦況がどう動いていくのか、楽しみに待ちましょう!