2019年11月14日発売のヤングジャンプ50号で、キングダムの第621話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

201911月14日に発売されたヤングジャンプ50号に掲載!

キングダム最新話!第621話のネタバレと感想!

▷前回のキングダム【620話】のネタバレはこちら!

>>キングダムのネタバレ一覧まとめ<<
>>キングダムの単行本を無料で読む方法<<

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\キングダムの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

前回のキングダム【第620話】のあらすじ

蒙恬率いる楽華隊の活躍によって、王翦将軍は脱出

左ではなく、前方にいる田里弥軍に合流しようとしていた。

後方から追ってくる傅抵隊。

王翦将軍を何としても助けるため、傅抵隊は楽華隊が止める事となった。

李牧本陣前では、武神“龐煖”が登場。

咆哮によって、馬を混乱させ秦軍の動きを止める。

恐怖と驚きで足が止まった飛信隊。

まず、龐煖に攻撃を仕掛けたのは麃公(ひょうこう)兵。

主の仇を取るべく何人も挑むが相手にならない。

元麃公軍の岳雷と我呂も怒りが込み上げる。

二人が攻撃しようとした時、戦場に響き渡る小さな音。

先に羌瘣が龐煖に攻撃していたのだ!

キングダム【第621話】の考察・予想(本ネタバレはこの後)

キングダム【第621話】の考察・予想

若きエース3人が李牧本陣へ

正面からは傅抵隊、側面からは馬南慈軍に攻撃されていた王翦本陣。

このままピンチになるかと思いきや、秦左翼から蒙恬隊が!

一発勝負で、馬南慈の右目を負傷させる事ができました。

蒙恬率いる楽華隊の活躍で、あっさりと王翦を助ける事ができたようです。

 

蒙恬が来る前に、息子の王賁も駆けつけたんですけどね~

とくに活躍するわけでもなく、蒙恬に見せ場を奪われてしまいました。

今回の朱海平原では、若きエース3人が戦っています。

 

飛信隊の信

玉鳳隊の王賁(おうほん)

楽華隊の蒙恬(もうてん)

 

これからの秦国を担う武将候補と言える3人です。

 

楽華隊が戦っていた紀彗軍の馬呈(ばてい)が、李牧を助けるべく中央に向かってくれたおかげで、蒙恬も追いかけるように中央へ。

分かれていた3人も、中央の戦場へと集結する形になりました。

これは、話が盛り上がる要素が揃ってきた印象です!

 

蒙恬は傅抵と対決。

王賁は王翦がピンチになった時、意地でも助けるため動くでしょう。

信は龐煖と戦わなきゃいけないので、今回、李牧の首を取るまでは厳しいと思います。

なにより、史実に基づけば李牧はまだ死なないはずですし、桓騎(かんき)軍と戦うことになっていますからね~

龐煖の登場で、李牧は上手く逃げられるのではないでしょうか。

 

羌瘣が命懸けで舞う!

趙峩龍を討つため、大きな傷を負った信。

1日休んだところで回復するわけもなく、朱海平原15日目でも辛そうです。

しかし、戦場は待ってはくれません!

 

李牧を目の前にして、最悪の宿敵、龐煖が現れてしまいました。

雄叫びだけで、戦場の状況を一転させてしまう恐ろしい男。

自分の事を「我武神なり」と言ってしまう、ナルシストな面もあります。

 

信が前線で戦えない今、ほかに飛信隊で戦える者といったら・・・

羌瘣しかいない!

離れた場所であっても、羌瘣は龐煖が戦場に現れたことに気付いていましたからね。

戦うことを想定して、今まで体力温存していたのでしょう。

 

羌瘣といえば、暗殺一族「蚩尤(しゆう)の末裔。

「巫舞(みぶ)と呼ばれる特殊な呼吸法で、身軽に宙を舞いながら相手を攻撃します。

武器は、緑穂(りょくすい)と言う名の剣。

どんな時でも側に置いておくほど、羌瘣に欠かせない相棒となっています。

 

女性で小柄でありながら、剣士として強い羌瘣。

しかし、今回は龐煖を倒すため、かなり集中しています。

緑穂には亀裂が入るし、羌瘣の目からは血が出ていました。

さらに、前日も体力を使い過ぎて意識を失ったばかりです。

羌瘣一人で龐煖を倒すのは厳しいでしょう。

 

おそらく、龐煖の目的は信だと羌瘣は分かっているのかもしれません。

620話のラストで言っていましたね。

 

「戦わせない

 信が来る前に龐煖を仕留める」

 

これは相当な覚悟!

今の羌瘣なら意識を失っても戦い続けそう。

ただ、信も深手を負っており、駆けつけただけでは龐煖を倒す決定打とはなりません。

王騎の矛麃公の盾を持っていたとしても、信に力がなければ役に立てないのです。

 

じゃあ、龐煖を倒すにはどうしたらいい!?

とにかく、束になって挑むしか方法はありません!

619話で渕副長が言っていたように、今こそ飛信隊が一丸となって2人を支えるしかないのです。

 

尾平に死亡フラグ!?

龐煖は今まで、奇襲によってたくさんの命を奪ってきました。

飛信隊も多くの犠牲が出ており、代表的なのは尾到(びとう)ではないでしょうか。

尾到は矢で撃たれた状態でありながら、信を背負って逃亡。

傷が深いあまり、逃げきった先で命を落としました。

 

尾到は、尾平(びへい)の弟になります。

龐煖の咆哮を聞いただけで、悪夢がよみがえって来たのでしょう。

尾平は涙を堪え、震える足を引きずるように前進。

信が龐煖を倒してくれることを信じて、自らも龐煖の元へ向かいました。

 

状況からして「羌瘣が死亡!?」と予想している人も多いでしょう。

ただ、個人的な予想としては、尾平の方が危ないと考えています。

 

キングダムの前フリで、次に命を落としそうなキャラにスポットが当てられるのはよくある話です。

今回に限って、急に尾平のシーンが描かれました。

嫌な予感がするんですよね~

 

信が龐煖の攻撃を受けてピンチとなった時、尾平が前に出そうな気がしてなりません。

尾平が盾となって斬られたあと、信が激情。

怒りをパワーに変えて、龐煖を討つ流れになると予想しています。

 

尾平は、亡くなった松左と同じ飛信隊の古参です。

強いわけではないけど、場を和ますムードメーカー的な存在です。

そして、誰よりも信を信頼し、応援している人物でもあります。

 

正直、尾平には死んで欲しくはないです。

でも、朱海平原の戦いは想像以上に厳しく、飛信隊は松左去亥を失うほど、攻めの姿勢で挑んできました。

龐煖を倒すためには、相当な覚悟が必要なのでしょう。

今までの無念を晴らすためにも、信には最後まで頑張って欲しいと思います!

キングダム【第621話】のネタバレ

神を呼んだ羌瘣

信と戦わせないために、どうにか龐煖を仕留めたい羌瘣。

 

今までにないほど深く呼吸。

相手は龐煖。

極みの淵に立つ男である。

 

羌瘣は愛刀、緑穂(りょくすい)に話し掛け、覚悟を決めていた。

 

羌瘣(命を投げ出すほどに

深いところまで・・・)

 

トーン、タン、タン・・・

トーン、タン、タン・・・

 

暗闇に堕ちていく羌瘣。

己の体に、神を憑依させる。

 

「我は舞う

 雷(いかづち)の神」

 

深い呼吸をしていくことで、羌瘣は自分は神であると己に言い聞かせる。

完全な無双状態。

体に相当の負担がかかるのは言うまでもない。羌瘣は全身から血管が浮き上がり、目からは血の涙が流れる。

 

羌瘣(ああ、緑穂

血が逆巻く)

 

龐煖の背中が斬られた。

 

圧倒的な強さ

周囲は驚いた。

誰も歯が立たなかったのにも関わらず、羌瘣が一人で龐煖を攻撃。

背中だけではない。

舞い上がる度に斬りつける。

 

龐煖の左肩から血が噴き出す。

矛を握る指まで切断

渕副長は確信した。

 

「いっ、いける!」

 

だが、羌瘣も相当の負担。

地面へ跪くと血を吐き出す。

しかし、足を止める事はない!

 

歯を食いしばり、次の舞へ。

今度は龐煖の右肩を斬りつけた。

周囲にいる飛信隊は羌瘣の攻撃に圧倒され、涙を浮かべて応援する。

 

田永「いけ、羌瘣!」

 

「いけっ、いけェ!」

 

ところが、龐煖が羌瘣をギロッと睨みつけた。動きがすでに読まれている!

 

龐煖「ふざけるな!」

 

羌瘣の体は跳ね返され、地面をバウンドするかのように地面へと叩きつけられる。

それでも羌瘣は立ち上がり、すぐに構える。

 

武神龐煖の実力

龐煖は苛立っていた。

所詮は、ただの“神堕とし”

神を呼んだだけであって、羌瘣の体は器に過ぎない。神を宿す者ではないのだ。

 

羌瘣が辿り着いた境地など、龐煖はすでに、とうの昔に通り過ぎている。

龐煖は矛を構えて言った。

 

「我、武神龐煖也」

 

激しい攻防。

あまりの速さに、凡人が入る隙などない。

周囲は口を開けて呆然としていた。

何もできない悔しさ。

涙を流しながら、応援するだけだった。

 

田永「いけ、羌瘣!」

 

凡人には同格に思えた。

ところが、舞う羌瘣の足首を、龐煖は力強く握りしめたのである。

 

そして、そのまま地面へと叩きつけた。

強烈な衝撃。

羌瘣の口からは血が噴き出す。

一度だけではない。

何度も地面へ叩きつける。

 

ここまで、無残な彼女の姿を見たことがない。渕副長が止めようとするが・・・

 

羌瘣は諦めていなかった!

足首を掴んだ龐煖の右腕を攻撃!

緑穂が貫く。

 

歯を食いしばる羌瘣。

だが、龐煖は余裕だった。

 

「土に還れ

 神堕とし」

 

再び地面に叩きつけられた羌瘣。

同時に足首を折られた。

龐煖は、羌瘣を地面へと顔から叩きつける。

 

何度も・・・

何度も!

何度も!!

 

羌瘣に表情がない。

気を失っているようだ。

 

このままでは死んでしまう!

さすがに見ていられなくなったのだろう。

田永と田有が前へ出ようとする。

 

すると、龐煖は羌瘣を投げ飛ばした。

羌瘣の体は回転しながら宙を舞う。

 

彼女の体を受け止めたのは・・・

 

信だった!

怒りで歯を食いしばっていたのである。

 

>>キングダムのネタバレ一覧!

スポンサードリンク



キングダムの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

キングダムの最新刊(単行本)や最新話が連載されているヤングジャンプは4つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻orヤングジャンプ1冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本2巻orヤングジャンプ4冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻orヤングジャンプ1冊が今すぐ無料で読める
ひかりTVブック 単行本2巻orヤングジャンプ3冊が今すぐ無料で読める

おすすめは使いやすさという面と動画配信サービスで約9万本も見放題作品があるU-NEXTです。

キングダムのアニメも見放題で配信中でした!

さらに、実写版キングダムも2019年10月23日より配信が決定しています。こちらは770円でレンタルとなりますのでご注意ください。

DVDレンタルよりも早い先行配信となります!

U-NEXTでは継続時に月額1990円(税別)がかかりますが、毎月1200Pが付与されます。

先ほどもお伝えしたように見放題作品も豊富なので、アニメやドラマ・映画などもご覧になる人にはかなりおすすめのサービスです。

すでに無料期間を適用されたことがある方であれば、FOD・ひかりTVブック・music.jpのサービスをご利用になってみてください!

紹介した4つサービスならどれでも無料でキングダムを読むことができますよ。

\31日間無料&600P付き/

キングダム【第621話】の感想

ひどい!ひどすぎる!!

読者としても見ていられないくらい、羌瘣のひどい有様。

途中から意識も飛んで、何度も地面に叩きつけられる姿は心を締め付けられましたね。

やはり、どんなに深くまで自分を追い込んでも、龐煖には勝てなかった・・・

武神の境地は、すでに羌瘣の巫舞を超えており、何度も斬りつけられても動じていませんでした。

信も深手を負っており、本来の実力を出せる状態ではありません。

李牧を目前にして、立ちはだかる龐煖をどう倒せばいいのか!?

次回はいよいよ、龐煖VS信となりそうです!!