2019年11月28日発売のヤングジャンプ52号で、キングダムの第623話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

201911月28日に発売されたヤングジャンプ52号に掲載!

キングダム最新話!第623話のネタバレと感想!

▷前回のキングダム【622話】のネタバレはこちら!

>>キングダムのネタバレ一覧まとめ<<
>>キングダムの単行本を無料で読む方法<<

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\キングダムの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

前回のキングダム【第621話】のあらすじ

龐煖の周りにはたくさんの仲間の死体。

羌瘣すら戦闘不能な状態。

信は龐煖に対して、怒りを爆発させた。

今までも秦国の名武将、麃公や王騎も龐煖に敗れている。

信は龐煖と決着をつける気だったのだ。

だが、龐煖もまた、信が握る矛を見て激怒!

咆哮によって戦場を混乱させたあと、信へ攻撃。

味方が前にいようと容赦なく矛を振り回す。

龐煖の姿に怯えるカイネ。

李牧に対して、龐煖は何者なのか尋ねると、驚くべき答えが返って来た。

「龐煖は我々”人”の代表です」

キングダム【第623話】のネタバレ

李牧の過去

李牧から、龐煖は「人の代表」だと聞いたカイネ。

意味が分からず困惑する。

そこで、李牧は龐煖との出会いを語り始めた。

 

話は今から十九年前。

カイネと出会うよりずっと前の話である。

 

当時の李牧は、戦に溺れた愚か者であった。

おかげで、多くのものを失い続けたと言う。

 

大敗し、ひとり深い森をさまよう李牧。

敵にも追われ、内臓物も出ている状態。

命は長くなかった。

 

李牧は倒れ、かすかに目を開く。

すると、すぐ前を龐煖が歩いていた。

自ら狩った虎だろうか。

片手には、血を流した虎の顔が握られている。

 

不思議と、李牧は龐煖が人だとは思えなかった。

死に間際の夢だろう。

人外の何かを見たと思った。

 

ところが、龐煖は虎の顔を投げ捨て、矛の先を李牧の首に当てた。

じっと李牧を見つめる龐煖。

 

しかし、矛を当てているのにも関わらず殺そうとはしない。

李牧は尋ねた。

 

「どうした?

お前の道を拒む程の存在ではないが

目障りなら殺せばいい」

 

李牧の目に希望はない。

親も兄弟も仲間も戦で失った。

自分が死なせてしまった。

己の存在意義を見出せなかったのだろう。

 

龐煖は矛を下げた。

李牧の役目は何も果たせてない。

だから、殺すのを止めたらしい。

 

龐煖は、他の人には聞き取れない”地の声”が聞こえると言う。

その声が、龐煖と李牧を引き合わせた。

自分にとって李牧は”導く者”だと。

李牧は、龐煖が何を言いたのかさっぱり分からない。

龐煖は大きな手を広げ、最後に言った。

 

「いずれ分かることだ、李牧

 俺の名は”求道者(ぐどうしゃ)”

 龐煖だ

 

朝になり、李牧はふと目を覚ます。

なぜか体も動けるぐらいに治っていた。

フラつきながら森の中を進んでいくと、李牧を追ってきたはずの敵の死体が、目の前に広がっていたのである。

 

求道者の目的

カイネも初めて聞く”求道者”

李牧の説明では、文字通り、求道者とは道を求める者のこと。

そして、その道とは”人の救済”をさす。

 

李牧も、当時は理解できていなかった。

だからこそ、龐煖と出会って命を救われた李牧は、しばらく軍を離れ、求道者とは何かを知りたくて放浪したのだ。

 

求道者は、五百年の戦乱の世よりもさらに古い、争乱期から存在していた。

すなわち、賢者たちの集団である。

争いの絶えない社会。

人の愚かさを憂いて、求道者は救う道を真剣に考えた。

 

本当は争いをしたくないはず。

でも、争いの世界は広がっていく。

求道者たちは、やり方が間違っていると結論を出した。

争いの中で道を探しても、答えは無い。

断定してしまったのである。

なぜなら、”情”がある限り、苦しみの世は終わらないと考えたからだ。

 

話を聞いて、カイネは否定する。

”情””思い”があるからこその人。

争いをなくすためには、人は感情を捨てねばならないのだろうか?

 

カイネの意見に李牧も共感する。

もちろん、求道者が言うことには大きな矛盾がある。

矛盾を解くためには、人は人を超える存在にならねばならない。

 

求道者たちは人の世から離れ、その道を探した。

まず、自分達が人を超える模範とならねばならない。

それぞれの道を究めることに徹したのである。

 

理解に苦しむ話だが、凡人の理解を超える話はまだ続く。

 

求道者たちの考えでは、”生”の営みが一個でも奇跡の”模”を示した時、全体に変化が起こって皆が上の存在に昇るという。

ゆえに、彼らの道は人を超えた”模”を天に示すこと。

要するに、求道者が人の域を超える存在になれば、人全体のランクが上がると考えているのだ。

 

龐煖が目指す未来

カイネは驚いた。

龐煖はただ、自分が最強であることを誇示するために暴威をふるう。

すなわち、最強を極めるために強者と戦っていると考えていた。

ところが、それは大きな勘違いだったようだ。

 

おかしな話だが、求道者のなかで一人でも人を超えて、神に近い存在になれば、我々”人”とは違う存在になれると、彼らは信じているのだ。

李牧は語る。

 

「争いを止め

 苦しみの世から

 完全に開放されると

 本気で信じているのです」

 

何を言っているのだろうか。

凡人には理解できない理論。

そんな事が起こるわけがない。

カイネも否定しようとするが、なぜか左目から一筋の涙が流れる。

常軌を逸している求道者の考え。

 

李牧もおかしい事は分かっている。

だが、求道者からすれば、人を救える道はこの方法しかないと考えている。

求道者の目的は、あくまで人の救済。

目的を果たすため、それぞれが人に近い存在になるため、道を極めようと目指した。

 

ある者は、土くれになるまで瞑想。

ある者は、宙を舞うために谷へ身を投げた。

そして、龐煖は・・・

全てをかけて武神を目指したのだ。

 

>>キングダムのネタバレ一覧!

スポンサードリンク



キングダムの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

キングダムの最新刊(単行本)や最新話が連載されているヤングジャンプは4つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻orヤングジャンプ1冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本2巻orヤングジャンプ4冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻orヤングジャンプ1冊が今すぐ無料で読める
ひかりTVブック 単行本2巻orヤングジャンプ3冊が今すぐ無料で読める

おすすめは使いやすさという面と動画配信サービスで約9万本も見放題作品があるU-NEXTです。

キングダムのアニメも見放題で配信中でした!

さらに、実写版キングダムも2019年10月23日より配信が決定しています。こちらは770円でレンタルとなりますのでご注意ください。

DVDレンタルよりも早い先行配信となります!

U-NEXTでは継続時に月額1990円(税別)がかかりますが、毎月1200Pが付与されます。

先ほどもお伝えしたように見放題作品も豊富なので、アニメやドラマ・映画などもご覧になる人にはかなりおすすめのサービスです。

すでに無料期間を適用されたことがある方であれば、FOD・ひかりTVブック・music.jpのサービスをご利用になってみてください!

紹介した4つサービスならどれでも無料でキングダムを読むことができますよ。

\31日間無料&600P付き/

キングダム【第623話】の感想

今回の李牧は、哲学的なことを言うじゃありませんか。

おかしな事を言っているのは、李牧ではなく求道者たちなんですけどね。

李牧やカイネも納得していませんから。

 

求道者たちは、人から争いをなくすためには、情に振り回されない、人が神に近い存在にならねばなならないと結論を出した。

さらに、誰か一人でも、その道で神に近い存在になれれば、人全体がレベルアップする!と本気で考えているのです。

龐煖は、たまたま”武”を極める道を選んだだけ、と言うことでしょう。

クレイジーですね~

個人的には、ただ強さを極めるためだけに戦う龐煖の方がカッコよかったけどな~

「お前らのために武神になったんだぜ☆」とか言われても、大切な人を奪われた方は納得できないじゃないですか。

「あなた達を思ってやっている」という考え方が、そもそも身勝手なんですよ。

龐煖が武神になれたところで、だれが喜ぶのでしょうか?

憎しみを増やすだけじゃないですか。

冷静に考えれば考えるほど、腹が立つ理論です。

 

己の道を極めるために、邪魔する者は全て殺す龐煖。

彼の考えを理解しようとした李牧の方が、本当は凄いのかもしれませんね。

龐煖の本当の目的が分かったところで、次回も信との戦いが続きます。