古見さんは、コミュ症です。の第212話を読みましたので、あらすじ・ネタバレをご紹介します!

2019年8月7日発売の週刊少年サンデー36・37号、最新話!

古見さんは、コミュ症です。【第212話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

絵も含めて漫画を今すぐ無料で読むにはU-NEXTの31日間無料&600P付与のサービスで週刊少年サンデーの36・37号を無料で購入できますよ。

\古見さんは、コミュ症です。の最新話も無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

 

古見さんは、コミュ症です。【第212話】のネタバレ

【クライマックス!クラス対抗リレー】

体育祭もいよいよ佳境。本日の大目玉であるクラス対抗リレーも最終戦となっていた。

このリレーでトップになったクラスがそのまま、体育祭の優勝者となる。

その接戦も手伝ってか、元生徒会長を元締めとする賭けも盛況である。ハリセンを食らっても動じない元生徒会長。

その大勝負、古見さんはアンカー。立ちはだかるのは昨年同様、根津野ちか。

「今年も勝つのは私たちよ。420度」

緊張のあまり一度力強く頷いてしまった後、慌てて否定する古見さん。

その緊張をときほぐすかのように万場木はじめクラスメイトの声援が古見さんに向けられる。

そちらに古見さんが目を向けると、グッとエールを送る只野の姿が。

顔を赤らめ、同じポーズで応える古見さん。

 

いよいよリレーが始まる。第一走者は横一線。

が、ここで古見さんのクラスにアクシデントが。犬猿の仲である乾賢と猿田彦めいがどちらかが先に走るかで喧嘩を始めてしまい、バトンパスが目前に迫っているのに次の走者が決まらないのだ。

結局二人でバトンを握りしめて一緒に走り出す乾と猿田彦。バトンに異様に力が入り、小刻みに震えている。

しかしその不自然な状態でありながらもまるで達人の二人三脚かのように息はピッタリ

実況からも逆に仲がいいんじゃないかと言われてしまう始末。

なお、三週目も一緒に走った模様。

 

アンカーが近づく。地面を踏みしめ、本気モードの真剣な表情になる古見さん。

空気がぴんと張り詰めたようだ。

そしてバトンが古見さんのクラスである二年一組と根津野のクラスである三年四組がほぼ互角の状態で、二人の手に渡る……!

無心で駆け抜ける古見さん。息は切れ、汗が次々と噴き出す。

まさに予断を許さぬ、両者一歩も譲らぬデッドヒートが繰り広げられる!

 

決着。

「この勝負、とてもよかったわ」

未だ息を荒くしながらも、まっすぐ前を見て根津野が言う。うつむいた状態の古見さん。

「1600度!鉄だって溶けちゃうくらいにね!」

勝者は根津野ちか。古見さんは残念ながら一歩及ばなかった。

地団太を踏んで悔しがる古見さんが意外で思わず笑みをこぼす根津野。

「いつでも挑戦は受けるわ。また戦いましょう」

手を差し出す根津野。古見さんもうなずき、健闘を称える握手が交わされた。

「いつやる?明日?」

「気が早ァーーーーーーーーい!!」

実況、思わず突っ込む。

根津野先輩と友達になり、古見さんの体育祭は閉幕したのだった。

古見さんは、コミュ症です。の最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

古見さんは、コミュ症です。の最新刊(単行本)や最新話が連載されている週刊少年サンデーは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻or週刊少年サンデー2冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻or週刊少年サンデー5冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本2巻or週刊少年サンデー3冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでポイントの反映が登録と同時で、雑誌の読み放題や見放題動画が多数なので、かなり楽しめますよ!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで「古見さんは、コミュ症です。」を今すぐ無料で読む!

古見さんは、コミュ症です。【第212話】考察・感想

212話の感想をお届けしました!

古見さんを堪能できる神回でしたね!

緊張している古見さん。

只野のジェスチャーに反応して同じジェスチャーを顔を赤らめて繰り出す古見さん。

いよいよ決戦が近づき凛とした顔つきになる古見さん。

3コマぶち抜きの美脚が眩しい走る古見さん。乱れる息さえ美しいですね。

その後張り切って、下を向く古見さんをまたまた3コマぶち抜きで背面から描いたイラストは今回のMVPカットといって過言ではないでしょう!

記事のアイキャッチでは一巻の表紙を引用しているのですが、古見さんはもちろんすべてが美しいのですが下半身のラインが国宝級なんですよね。

それを余すことなく堪能できるこのカットはまさに全国民が必見と言って過言ではないでしょう。

その長い足をジタバタさせて悔しがる古見さんもまたたまりませんね。

友達百人出来るかなリストにも頼もしい名前が加わって良かったと思います。

昨年の体育祭以上に読者にとっても古見さんにとっても沢山の収穫があった体育祭でしたね!