黒崎くんの言いなりになんてならないの第61話を読みましたので、あらすじ・ネタバレをご紹介します!

2019年11月13日発売の別冊フレンド12月号、最新話!

黒崎くんの言いなりになんてならない【第61話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

絵も含めて漫画を今すぐ無料で読むにはU-NEXTの31日間無料&600P付与のサービスで別冊フレンドの12月号を無料で購入できますよ。

\黒崎くんのいいなりになんてならないの最新話も無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

黒崎くんの言いなりになんてならない【第61話】(12月号)のネタバレ

【 黒崎の腕の中 】

お互いの背中にしっかりとまわされた由宇と黒崎それぞれの腕

トクン…トクン…と心臓の音が聞こえる。

…このまま離れたくないな…

由宇の腕にギュウっと力が込もる。

が、そこではっとする由宇。

「…っ!ごめんケガしてるのにっ…」

「早く休んだほうが」

そこまで言った由宇を黒崎が遮った。

「赤羽」

呼ばれて上を見上げる由宇。

目の前には黒崎の顔があった。

「一緒に寝るぞ」

…いっ…

…一緒…??…

由宇は顔から火が出る勢いだった。

【 ベッドで迎える朝 】

通された部屋にどーーーんと置かれているお姫様っぽいキングサイズのベッド

もうそのベッドに釘付けの由宇。

…ベッド…

…ひとつなんだけど!!…

「先行ってろ」

黒崎にそう促されてベッドに移動する由宇。

…ここで朝までふたりで?…

…黒父の部屋遠いし…

そんなことを思っていた由宇の耳に聞こえてきたのは、黒崎が衣類を脱いでいるらしき衣擦れの音だった。

…脱いでる!!…

由宇の表情が緊張を通り越してギャグ調になる。

寝る、って…

…やっぱりそういうこと!?…

再びベッドの上に並べられた枕をガン見する由宇

…でもこんな急に!?…

固まる由宇。

 

由宇は突然、昨夜の実家での黒崎との情事を思い出した。

…そういえば…

…きのう、オフロで…

由宇は、黒崎の前で堂々と服を脱いだ自分の行為を思い返した。

…あたし、どーぞって…

そこまで思い出した時、黒崎がベッドのカーテンを開けて入ってきた。

上半身ハダカの黒崎

由宇は口をあんぐり開けている。

「どうした?」

黒崎が聞いた。

が、

…っハダカーーー!!

もう由宇の目はメガネから飛び出している。

「…ま、まって!今日ヘンな下着で…」

「あ?」

黒崎が近づいてくる。

…こんなすぐには…

「胸も…ないから…もっと大きくなってから…」

そう言いながら目を瞑る由宇。

由宇はいつしかベッドに横たわっていた。

すると、すーーっと黒崎の寝息のような音が聞こえた。

…あれ?…

恐る恐る目を開ける由宇。

起き上がって隣を見ると黒崎が既に目を閉じていた。

…おっ!おやすみですか!!…

ひとり赤面の由宇は再び黒崎の腕枕に頭を戻す。

…コトバどーりの意味だったんだ…

…まぎらわしーよ!!…

由宇はそう思いながらチラッと隣の黒崎を見た。

「服着ないと体冷えるよ」

気づいた黒崎が目を開けた。

そして由宇を抱き寄せる。

「十分あったかい…」

黒崎のその言葉と温もりに、由宇は幸せと心地よさを感じながら目を閉じた

【 キスよりも近く 】

由宇が目を覚ますと、そんな由宇に黒崎が隣から優しいまなざしを向けていた。

「もう昼だぞ」

慌てる由宇。

「…おっ…は…よ」

「よだれ!」

黒崎は矢継ぎ早に言う。

「寝てるときも騒がしいな」

どうやら由宇は寝言を言っていたらしい。

…寝顔も見られた…最悪…

そう思いながら、

「そんなすぐ黒アクマに戻らなくても…」

由宇は言った。

「寝る前はあんなに素直でかわいかったのに…」

由宇にそう言われた黒崎が由宇の手をつかむ。

起き上がっていた由宇だったが、そんな由宇に黒崎が覆いかぶさった

 

「昨日もう記憶戻ってたよな、言えよ」

言われてしどろもどろになる由宇。

「…それは…タイミングがなかなかなくて…」

「さんざん振り回しやがって」

そう言うと黒崎は由宇の鼻先を噛んだ

「いたっ…それも悪かったって思って…」

「思うだけか?」

今度はおでこに頭突きしてきた黒崎

「えーーーと」

由宇は戸惑いながらも黒崎の頭をポンポンと撫でた

「…さみしくさせまして…ごめんね」

その行動に少し赤くなった黒崎。

黒崎はジッと由宇を見ながら、

「…っガキ扱いしてんじゃね…」

と言いかけた。

が、言い終わるより先に由宇の唇がその黒崎の唇を覆った

 

由宇からのキス。

「…もう大丈夫だから…」

唇を離してそう言った由宇。

「…足りねぇよ」

すると今度は黒崎からのキス。

ベッドに押し倒された由宇。

「腕…痛くな…」

由宇は言いかけたが、また唇をふさがれる。

長いキスのあと由宇が目を開けたその時、黒崎の手が由宇の襟元をぐっと開いた

驚く由宇。

…キス…

…だけじゃ…

…終わらないの!?…

 

スポンサードリンク



黒崎くんの言いなりになんてならないの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

黒崎くんの言いなりになんてならないの最新刊(単行本)や最新話が連載されている別冊フレンドは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻or別冊フレンド1冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻or別冊フレンド3冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本2巻or別冊フレンド2冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでポイントの反映が登録と同時で、雑誌の読み放題や見放題動画が多数なので、かなり楽しめますよ!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで「黒崎くんの言いなりになんてならない」を今すぐ無料で読む!

黒崎くんの言いなりになんてならない【第61話】(12月号)の考察・感想

以上、黒崎くんの言いなりになんてならない【第61話】(12月号)のネタバレを紹介しました!

キャーーーーー♡♡♡

黒崎さん、なんなのこの動物的な絡みは!!

鼻噛むって…♡

頭突きって…♡

そこで由宇からの思いがけないキス!!

黒崎さんからのキスじゃないことにびっくりしましたが、やっぱりそこが由宇ですよね~~~♡♡♡

自分から仕掛けておいて、キスだけじゃ終わらないの!?って終わり方…。笑

さぁ♡

完全に記憶が戻ったことをお互いがしっかりと認識し合った今、幸せいっぱいの2人♡

由宇の心の準備は間に合うのでしょうか!?

次回もドッキドキですね!!

次回の、黒崎くんの言いなりになんてならない【第62話】(1月号)掲載の別冊フレンド発売日は12月13日(金)です!