黒崎くんの言いなりになんてならないの第62話を読みましたので、あらすじ・ネタバレをご紹介します!

2020年1月11日発売の別冊フレンド2月号、最新話!

黒崎くんの言いなりになんてならない【第62話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

絵も含めて漫画を今すぐ無料で読むにはU-NEXTの31日間無料&600P付与のサービスで別冊フレンドの2月号を無料で購入できますよ。

\黒崎くんのいいなりになんてならないの最新話も無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

黒崎くんの言いなりになんてならない【第62話】(2月号)のネタバレ

【 2学期開始 】

夏休みが明け、登校日の由宇

夏休み中、黒崎とはたまに電話はしていたけれど直接会うのはあの日以来ということで由宇の張り切り具合は空回り

失敗して切りすぎてしまった前髪と巻き髪をミナに上手にアレンジしてもらい、由宇は自称・けっこーイケてる姿で久しぶりに黒崎に再会する。

いつもと変りない黒崎とのやりとり。

しかし、由宇の心は、

…あぁ、もうっ、好き!!…

そんな気持ちでいっぱいだった

 

一方、

臨時採用として着任した黒兄・桜

そんな黒兄に対し、タクミが黒崎に

「アイツが先生なんておかしいだろ、絶対なんかたくらんでる」

と話しかけているのを聞いた由宇。

「父さんが世話したらしい」

そう黒崎が答えたのを聞き、

…まさか!…

…黒父の命令で監視に!?…

と由宇は思い込む。

…キス以上の関係になりそうって…

…バレてる!?…

由宇の思考回路はそう判断した。

そんな中、由宇は黒崎との距離を測りかねていた

もちろん2人きりにもなりたい由宇だが、もし次またそうなりかけたら…そう思うとまだそこまでの覚悟ができていない由宇はもう少し今のままでもいいか…そう思うのだった。

【 修学旅行のピンチ 】

そんな時、生徒指導室で先生から衝撃的な言葉をかけられた由宇。

「赤羽、今のままではマズいぞ」

2学期の中間テストで赤点があった生徒は修学旅行参加禁止で、その期間は勉強合宿になるというのだ。

「赤羽は英語がとにかくひどいなぁ」

そんな言葉に絶望した由宇。

由宇は廊下で黒兄と遭遇する。

「あれ?君…晴の?」

そう言われてギョッとしながらも思わず「お疲れサマです!」と敬礼する由宇。

黒兄は由宇が成績表を持っていることに気付く。

「Hにかまけて成績落としちゃったか」

黒兄からのまさかの発言

その言葉に赤面する由宇。

由宇は、

「してないです!健全にラブラブ♡な毎日を過ごしてますので!」

そう返す。

そして、ご丁寧に、

「キス以上は待ってくれてるので、黒父にもそうお伝えを…」

そう赤面しながら付け加えた。

由宇の言葉に困惑する黒兄。

「…は?親父!?」

そして黒兄は、

「よくわかんねーけど…先生からのプレゼント」

そう言って、小さい箱を由宇に手渡した。

「…!!ここっ…これって…」

動揺する由宇に黒兄が

「教材用の余りだけどな」

そう笑顔で言った。

修学旅行中がいいチャンスと話す黒兄。

「晴が可哀想だろ、思春期のヤローの頭ん中なんてソレばっかなのに」

そう付け加えて去った黒兄。

由宇は

…えぇーーーーーー!?…

と心の中で叫んだ。

 

その夜、寮ではテストが危ういメンバーが勉強会を開いていた。

由宇ももちろんその中にいる。

そして黒崎もまた、そんなみんなをサポートする側として参加している。

「集中しろよ」

そう言われても全然集中できない由宇。

…黒兄の言う“チャンス”を…

…黒崎くんもお望み!?…

そんなことばかり考えてしまう。

「こっち見ろよ」

上の空の由宇の頬に黒崎が手を添えながらそう言った。

もはや身が持たない由宇は、

「…ひとりの方が集中できるし部屋でやるから」

そう言ってその場を去ってしまった。

その光景を見たタクミ。

タクミが「もうケンカ?」と黒崎に話しかけた。

「…触れてると逃げる」

そう答える黒崎。

「自分の問題っつって理由はしゃべらねぇし…でも俺は赤羽のこと全部知りてぇ

くそ、ムカつく、そんな言葉を吐く黒崎に、タクミが「いっぱい悩めよ」と笑いかけた。

そして、ひとつ助言と言ってタクミが伝えた。

「これからは勢いじゃなくちゃんと手順踏みなよ、由宇ちゃんと最後までしたいなら」

そう言われた黒崎は「最後って…」そう言いかけたが、見回りにきた黒兄の登場でその言葉は遮られた。

【 黒崎と由宇の寄り道 】

次の日、由宇の姿は図書館にあった。

…ここなら集中できる…

そう思った由宇。

しかしなぜか黒崎がやって来た。

隣の席に座った黒崎。

黒崎のマンツーマン指導が始まる。

久しぶりのスパルタを味わった由宇。

 

その帰り、コンビニに寄った由宇と黒崎。

由宇は学校帰りの2人でのはじめての寄り道に嬉しさを感じていた。

会計を済ませた由宇が、雑誌コーナーで立ち読みしている黒崎のところに戻る。

「雑誌、なに見てたの?」

そう言いながら、何気なく黒崎が戻した雑誌の方に目をやる由宇。

するとそこには

抱き合うってHAPPY!!

感じあうLOVE

の文字が並ぶ表紙の雑誌が。

…こっ、この雑誌を…

…黒崎くんが!?…

真っ赤になった由宇の心臓は止まりそうだった

 

スポンサードリンク



黒崎くんの言いなりになんてならないの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

黒崎くんの言いなりになんてならないの最新刊(単行本)や最新話が連載されている別冊フレンドは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻or別冊フレンド1冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻or別冊フレンド3冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本2巻or別冊フレンド2冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでポイントの反映が登録と同時で、雑誌の読み放題や見放題動画が多数なので、かなり楽しめますよ!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで「黒崎くんの言いなりになんてならない」を今すぐ無料で読む!

黒崎くんの言いなりになんてならない【第62話】(2月号)の考察・感想

以上、黒崎くんの言いなりになんてならない【第62話】(2月号)のネタバレを紹介しました!

後半の図書室での黒崎と由宇♡

ネタバレはしませんでしたが、ラブラブシーンは必見です♡♡♡

こんなところでアラアラ♡笑

さて、2学期が始まりました!!

前回タクミが言っていたような黒兄・桜の暴君っぷりはまだ目撃できませんでしたが、由宇はひとり振り回されてすっかり頭を悩ませてしまっていますね!!

ヤローの謝ん中どころか、由宇の頭の中もソレばっかりになってしまっています!!笑

最後の雑誌のくだり…由宇の勘違いだといいのですが…。

由宇の妄想&暴走は一体いつまで続くのか!?

しばらくはこの調子なんでしょうか?笑

悶々とする黒崎さんも堪りませんね♡笑

次回も楽しみですね♡

次回の、黒崎くんの言いなりになんてならない【第63話】(3月号)掲載の別冊フレンド発売日は2020年2月13日(木)です!