黒崎くんの言いなりになんてならないの第61話・後編を読みましたので、あらすじ・ネタバレをご紹介します!

2019年12月13日発売の別冊フレンド1月号、最新話!

黒崎くんの言いなりになんてならない【第61話・後編】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

絵も含めて漫画を今すぐ無料で読むにはU-NEXTの31日間無料&600P付与のサービスで別冊フレンドの1月号を無料で購入できますよ。

\黒崎くんのいいなりになんてならないの最新話も無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

黒崎くんの言いなりになんてならない【第61話・後編】(1月号)のネタバレ

【 キスのその先 】

…むっ、胸さわったーー!?…

黒崎に押し倒された状態で固まる由宇

黒崎から繰り返されるキス。

頭の中だけが騒がしい。

…っどーしよう…

…黒崎くんにきいてみ…

そう思って黒崎を見るも、その目は熱を帯びている

緊張と恥ずかしさで意識が遠のいていく由宇。

しかし、由宇は大事なことを思い出す。

それは、

下着が中学生時代に履いていた柴犬柄のパンツだということ。

…ダサいやつ!!…

由宇は我に返って黒崎を手で突き放した。

 

「終了っ、終了です!」

そう言ってひとり布団にくるまり、背を向ける由宇。

驚いた黒崎が「なんだよ急に」と言う。

が、

由宇の思考回路は完全にテンパっていた。

…こんな下着見られたくないよ!…

…上もダサいスポブラだし…

「こっちには…いろいろ…準備も…」

そう言った由宇はしどろもどろ。

すかさず黒崎が「なんの」と質問するが、

由宇はつい、

「…女子的にはたくさんありまして!」

と語気を強めてしまう。

そんな由宇の態度に黒崎もつい、

「ワケわかんねぇ、こっち来い」

と怒ったような口調で言った。

2人の間に沈黙が流れる。

 

…今はケンカしたくないのに…

由宇はそう感じていた。

すると、

「やりすぎたのか?」

と少し声のトーンを変えた黒崎が由宇に尋ねた。

「…嫌うなって言ったろうが」

そう続けた黒崎。

その言葉に、恐る恐る振り返った由宇。

すると黒崎は不安そうな表情をしていた。

由宇はその表情を見て黒崎が実は傷つきやすい性格なことを思い出した。

…そうだ…

…黒崎くんてけっこう…

そう思った由宇は、

「…あ…たしに問題があるだけだから…」

そう言いながら黒崎の背中におでこをペタンとくっつけた

由宇は話を続ける。

「くっついてるの…とか…すき…だし…」

…Hはすぐは…ムリだし…

「…キスはいくらでも…したいから」

真っ赤になって話す由宇

そんな表情の由宇に、振り向いた黒崎は唇を重ねた

…今だって…

…黒崎くんといれてうれしいのに…

…もっと進んだらどうなるのかな…

由宇は黒崎とキスを交わしながらそんなことを思っていた。

【 黒兄・桜(さくら)登場 】

その時だった。

「晴(はる)、ここにいるのか…」

男の声がしたかと思うと、急にベッドのカーテンが開いた

…!!?…

ギョッとする由宇と驚いた表情の黒崎。

…どっ、どなた!?…

由宇がその男の声が誰かに似ていると思いながらフリーズしていると、

「…桜(さくら)、なんでいるんだ?」

黒崎がそう言いながらベッドから下りた。

その瞬間、かつて黒崎が10コ上に兄がいると言っていたことを思い出した由宇。

その男が黒兄だということを確信した由宇が、

「…は!はじめっ…まして!」

と声を発した。

 

「晴に彼女ができるとはなァ」

そう言いながら笑顔で由宇を見る黒兄。

「その発達具合だと中学生?初々しくてかわいいじゃん」

と、独り言を続ける黒兄。

そんな兄の言葉を黒崎が遮った。

「見んな、俺のだ」

その言葉に驚いた表情の黒兄。

「…俺のねぇ…一丁前な口きくようになったな」

そう言った黒兄だったが、黒崎はそんな兄を無視して由宇に

「赤羽、さっさと着替えてこい」

と指示を出した。

指示通り、部屋を出ようとする由宇。

そんな由宇に黒兄は、

「彼女チャン、また今度ゆっくりな」

そう声をかけた。

【 タクミとミナ登場 】

会釈して部屋を出た由宇。

部屋を出た途端、真っ赤になった両頬を両手で抑える由宇。

…びっくり…

…まさかのお兄さん…

…あんな場面で、下着姿もスッピンも…

…ひーーーーーっ…

テンションは真逆だが声は確かに黒父に似ていた黒兄。

…外国でお医者さんだったっけ…

…黒崎一族スペック高すぎ!…

由宇は頭をフル回転させながら部屋に戻った。

部屋の前の廊下で、洗面所の場所がわからずにオロオロする由宇。

そんな由宇の前に庭からタクミとミナが現われた

アプリでGPSを追ったというミナは「ご両親から届けモノよ」と由宇に紙袋を渡した。

「…相田さん!?白河くんも!」

そう反応した由宇にタクミが「あれ、由宇ちゃん」と気付く。

「思い出したんだね、黒のこと」

そう聞かれた由宇は「…あ、えっと、うん!」と答える。

するとタクミはその由宇の返事に

「よかった」

と満面の笑みで安堵した様子を見せた。

そんなタクミの表情に優しさを感じる由宇

 

タクミは由宇に聞いた。

「由宇ちゃん、黒は?」

由宇もそんなタクミの質問に答える。

「今、お兄さんと一緒で…」

すると、急に表情を変えたタクミ。

タクミは言った。

「…ウソだろ、由宇ちゃん会ったの?大丈夫だった?」

続けてタクミは言った。

「アイツの言うこと耳貸さないで」

「最っ低の、暴君だから」

言われた由宇の表情は凍りついていた。

【 2学期の幕開け 】

その後、療養に入った黒崎。

由宇は寮に戻った。

そして、夏休み最後の日。

「紹介するわね」

その言葉にざわつく寮生達。

「2学期から臨時で学校と寮の校医を兼務する…」

「黒崎桜先生よ」

そこには白衣を着た笑顔の黒兄が立っていた。

 

スポンサードリンク



黒崎くんの言いなりになんてならないの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

黒崎くんの言いなりになんてならないの最新刊(単行本)や最新話が連載されている別冊フレンドは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻or別冊フレンド1冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻or別冊フレンド3冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本2巻or別冊フレンド2冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでポイントの反映が登録と同時で、雑誌の読み放題や見放題動画が多数なので、かなり楽しめますよ!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで「黒崎くんの言いなりになんてならない」を今すぐ無料で読む!

黒崎くんの言いなりになんてならない【第61話・後編】(1月号)の考察・感想

以上、黒崎くんの言いなりになんてならない【第61話・後編】(1月号)のネタバレを紹介しました!

前回の甘々モードから突入した今回♡

しかし…

やはり…

由宇の心の準備は整いませんでした…。

正しくは下着か…笑

が!!

黒崎さんの熱を帯びた視線とか唇とか堪らない展開でした♡♡♡

ぜひマンガでも確認していただきたいです!!

由宇も騒がしい頭の中でいろいろと本音を言っていたりして、今回は気持ち的に大進展だったと思います!!

タクミの優しさも…沁みる!!

さて、黒兄・桜とは一体どのような人物なのでしょうか…!?

優しいタクミが暴君と呼ぶような人物。

ここからまた一波乱起こりそうですね!!

次回の、黒崎くんの言いなりになんてならない【第62話】(2月号)掲載の別冊フレンド発売日は2020年1月11日(土)です!

皆さま、よいお年を!!