20197月10日発売の週刊少年サンデー31号で、MAJOR 2ndの第168話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

20197月10日に発売された週刊少年サンデー31号に掲載!

MAJOR 2ndの【第168回】のネタバレと感想!

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

MAJOR 2ndの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

MAJOR 2nd(メジャーセカンド)【第168話】のネタバレ

【2回表、風林中の攻撃】

現在、風林中の点数はハンデの10点とアニータが打った2ランホームランで12点のリード

大吾のアドバイスのおかげでヒットを打った仁科はドヤ顔で1塁へ。

辻堂中のピッチャーは、相手が2回に入ってから自身のストレートもスライダーも普通に芯に当ててくることに動揺している。

 

7番のピッチャー佐倉の打順に

大吾はヒッティングの指示を送る。

佐倉は「腕が高いとストレート、低いとスライダー」というアドバイスを思いながら構える。

 

一球目ボール。

二球目ストライク。

 

…うーん、確かに少し腕の振りに差があったような…

2ボール、2ストライクで5球目。

 

なんか みえたかも

バコッ

打つも、キャッチャーフライに。

打順は8番サード関鳥へまわるもアウトに終わる。

ランナー釘付けでツーアウト。

 

ここでついに「9番、レフト藤井千代さん」のアナウンスが。

見ると、ネクストサークルの中で千代がうつむいて体育座りをしている。

「ちょっと、千代姉(ちよねえ)、打順だよ、打順!!」

妹の千里が千代に声をかけると、千代は青い顔で打席に向かった。

 

「昨日はほとんど守備練しかしてないし、打席に立ってくれるだけで十分だよ。打つほうはしょうがない。」とベンチの大吾。

足は震え、構えも所作もド素人まる出しの千代

プレイ!の声がかかり、第一球目。

ストライーーーーッ!!

千代は投げられたボールにビビッて大きくのけぞってしまった。

その時、千代は自分に向けられている妹・千里からの視線を感じ、試合に出たことを後悔し始める

 

…5年前に野球をやめた自分…

…才能のない自分…

…こんな球打てるわけないしィ!

 

そう思いながらバットを振った二球目もまたストライク。

「なんや?あんな下がったら打てへんで。」ベンチのアニータが言う。

千代はバッターボックスの端に移動していた

昔を思い出していた

 

…みじめだった…先に野球を始めたのに一瞬で妹に抜かれた自分…

…父の情熱も妹に注がれ始めた…

…だからやめたのに…

…今さら何やる気出してたのよ、あたし…

…ただの人数合わせ…

…ガチでやったら余計みじめ…

…だったら、あの時と同じように試合放棄すればいい…

 

バシッ!!

ボーーール!

「千代姉(ちよねえ)!!」

その声で我に返る千代

千里の声だった。

 

「そんなところに立ったら打てるわけないでしょ!?ふざけてんの!?」

千里は夕べ、千代が夜中に素振りをしていたのを知っていた。

 

「なんだったのあれ!?」

「うれしかったのに…見損なったよ!!ダサイよ!」

千里はそう叫んだのだった。

MAJOR 2ndの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

MAJOR 2ndの最新刊(単行本)や最新話が連載されている週刊少年サンデーは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻or週刊少年サンデー2冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻or週刊少年サンデー5冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本2巻or週刊少年サンデー3冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

MAJOR 2nd【第168話】の考察・感想

以上、MAJOR 2nd【第168話】のネタバレを紹介しました!

大吾のアドバイスはさすがですね!

球種が見えていなかった佐倉も、点には繋がりませんでしたがこの打席で成果はありました。

関鳥くん!とアナウンスされてしまった関鳥のことはさておき…

さぁ、盲腸になった千葉の代わりにレフトとして試合に出ているマネージャーの千代ですが…

試合放棄を考える千代の心に、妹・千里のエールは届くのか!?千代は変わるのか!?

次回も楽しみですね!

※次号は休載です