2019年10月9日発売の週刊少年サンデー45号で、MAJOR 2ndの第176話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

2019年10月9日に発売された週刊少年サンデー45号に掲載、最新話!

MAJOR 2ndの【第176話】のネタバレと感想!!

>>メジャーセカンドのネタバレ一覧はこちら!

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

MAJOR 2ndの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

MAJOR 2nd(メジャー セカンド)【第176話】のネタバレ

【 風林 VS. 辻堂 (3回裏) 現在のスコア 】

1 2 3 4 5 6 7 8 9
風林 10 4 0 14
辻堂 0 0 6 6

投:仁科明 VS. 打:国友マリオ

B:
S:●●
O:●●
ランナー:満塁

【 千代の活躍 】

「レフト―っ!!」

満塁の状況で、マリオが打った球が千代の方に向かって飛んでいく。

…ダメだぁ!終わったぁぁぁ!!…

仁科の表情もギャグ調でいっきに青ざめる。

「千代姉(ちよねえ)!」

そう叫ぶ妹・千里の声に、千代がってえーっ!!と願いながらダイブした。

 

パシィィィ

 

「アウト!スリーアウトチェンジ!!」

「やった!!ナイスキャッチ!」

「やるじゃん千代姉!」

その前の雪辱を果たすべく、見事ダイビングキャッチで辻堂A組の流れを止めた千代

「助かったぜ、千代姉」

ベンチに戻った仁科がそう言いながら右手を挙げると、千代は一瞬驚いたが2人はハイタッチを交わした。

【 辻堂のベンチにて 】

あと2,3点は追い上げたかった辻堂。

辻堂側のベンチでは、コーチが6点止まりとなったこの回の結果に少し悔しい思いを見せていた。

「…まぁA組なら追いつけるだろ」

そう呟いたコーチに、その隣で黙って試合の様子を見ていたボス・国友監督が口を開いた。

「このチーム、どうも正体がまだわからん」

そしてボスはコーチに、パソコンルームで試合のデータ整理をしている坂口という人を呼ぶように言った

辻堂のキャッチャーがこのままB組の井之上で大丈夫かどうかを心配している様子のボス。

コーチは、そんな警戒心を見せるボスがイマイチ理解できないという表情でその指示を受けた。

【 4回表 -風林中の攻撃-】

ピッチャー:国友マリオ(サウスポー)
キャッチャー:井之上
ファースト:平城
セカンド:尾畑
サード:玲音アシュリー(兼ピッチャー)
ショート:国友ルイジ
レフト:江藤
センター:勝野
ライト:加地
控えピッチャー:宇垣

A組をメインにした辻堂ナインの守備も変わった

 

「8番、サード関鳥さん」

呼ばれてバッターボックスに立つ関鳥。

「プレイ!」

4回表が始まった。

マリオの投げた一球目がストライクとなる。

…マリオの球は速いし、変化球は正体すらわからない…

マリオの剛速球をベンチから見ながら、そう考えを巡らせる大吾。

最初のハンデの10点がなければ、今の状況は辻堂が6点・風林が4点で逆転されたことになる。

A組のバッティングも見たことのない次元だった。

…とてもうち(風林)が勝てる相手じゃない…

…半年程度じゃどこまであの監督の手腕なのかわからないけど、これだけの選手がいればうちがドタキャンされても仕方ないかもしれない…

大吾はさっき仁科が言っていた、ボス・国友監督の風林中への赴任が直前になってナシになったという話も思い返していた。

バコッ

その時、左キラーの関鳥がマリオの球を打った

が、決して俊足ではない関鳥。

ライトゴロでアウトになる。

「足~~~…」と落ち込む風林ナインだったが、大吾はその様子に、まだギブアップはしない!と再び意気込んだ。

 

「9番、レフト藤井千代さん」

バッターボックスに立った千代に対し、絶不調になったマリオ

フォアボールで千代が出塁した。

 

その様子をショートから呆れ顔で見ていたのは、マリオの兄ルイジだった

兄・ルイジは弟・マリオが、打球を捕られた上に、ぽっちゃり体型の関鳥にヒット性の当たりをされてだいぶイラついていると推測していた。

…体はでけーが、まだガキだからなマリオは…

ルイジはため息をついた。

 

風林中の攻撃は1番に戻った。

「1番、センター藤井千里さん」

「つないでこーっ!!」

通常の構えをした千里。

しかし、千里はマリオが投げたと同時にバントに変えバットに球を当てた。

球がファーストに投げられるよりも速くベースを踏んだ千里。

「セーフ!!」

「ワンナウト一塁、二塁!」

マリオの表情はショックを物語っている

 

「2番、ショート相良さん」

続いて、太鳳が出てきた。

【 辻堂の秘密兵器はあの男 】

マリオにいつもの悪いクセが出始めている、そう感じている辻堂側のベンチ。

「ボール!」

太鳳に対し、マリオがボール球を投げた。

控えのピッチャー宇垣がボス・国友監督に話しかける。

「ボス、肩作りましょうか?俺いけますよ」

「いや…」

ボスは答えた。

「光(ひかる)を呼んだからいい。やつならマリオを修正できるだろう」

その頃、ちょうどその人物を呼ぶためにパソコンルームに到着した辻堂のコーチ。

「おい坂口、監督がお呼びだ。おまえも出すかもしれんから来てくれ」

「わかりました、すぐ行きます」

そう呼ばれて振り返ったのは、あの光だった!!

 

>>メジャーセカンドのネタバレ一覧はこちら!

スポンサードリンク



MAJOR 2nd(メジャー セカンド)の最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

MAJOR 2ndの最新刊(単行本)や最新話が連載されている週刊少年サンデーは4つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻or週刊少年サンデー1冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻or週刊少年サンデー4冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻or週刊少年サンデー1冊が今すぐ無料で読める
ひかりTVブック 単行本2巻or週刊少年サンデー3冊が今すぐ無料で読める

おすすめは使いやすさという面と動画配信サービスで約9万本も見放題作品があるU-NEXTです。

U-NEXTでは継続時に月額1990円(税別)がかかりますが、毎月1200Pが付与されます。

先ほどもお伝えしたように見放題作品も豊富なので、アニメやドラマ・映画などもご覧になる人にはかなりおすすめのサービスです。

すでに無料期間を適用されたことがある方であれば、FOD・ひかりTVブック・music.jpのサービスをご利用になってみてください!

紹介した4つサービスならどれでも無料でMAJOR 2ndを読むことができますよ。

\31日間無料&600P付き/

MAJOR 2nd(メジャー セカンド)【第176話】の考察・感想

以上、MAJOR 2nd の【第176話】のネタバレを紹介しました!

なにぃぃぃ…!?驚きの展開になってまいりましたね!!

ボスが呼んでくるように言った秘密兵器…。

その人物の顔は、あの光でした!!

佐藤寿也の息子、光が辻堂の正捕手!?

今までどうしていたの!?

ピッチャーだったけどあの大怪我でキャッチャーに!?

そしてその名字は…!?

次回再会するであろう大吾と光、と睦子の反応が気になります!!

一週間待つのがツライ…。

一体感が増す風林ナインにはこのまま頑張ってほしいですが、光が登場することによりマリオも今のこの不調から修正できるだろうとボスが言ってしまっているのが…イヤな感じです。

次号、何が何でも必見ですね!!