MAOの第14話のネタバレ・考察・予想をご紹介します!

2019年8月21日発売の週刊少年サンデー38号、最新話!

MAO【14話】のネタバレ・考察・予想をまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

絵も含めて漫画を今すぐ無料で読むにはU-NEXTの31日間無料&600P付与のサービスで週刊少年サンデーを無料で購入できますよ。

\MAOの最新話も無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

 

前回のMAO【13話】のあらすじ

菜花が事故に遭った五行町のシャッター街。

その歴史を調べていくと猫鬼らしき存在が目撃されていました。

 

そして大正時代に起こった関東大震災との関係を現代で探る菜花。

ちょっと気になるのは要石の話でした。

 

要石はその昔、各地で地震を鎮められる霊石として祀られていました。

そして五行町にも要石なるのもが祀られていたものの、

関東大震災を境に消失し、その跡には大きな穴が残った・・・。

その他にも分かった事件の中には吸血魔事件という不可解な事件も発生していた。

 

その時摩緒の居る大正時代では、地震が相次いでいました。

その地震の影響で結界が破れ、要石が祀ってある場所にはナゾの教会が現れます。

摩緒と乙弥は猫鬼との関係を疑い教会に乗り込みますが、そこには摩緒の名を知るナゾの修道女の姿が。

次々に現れる、妖は摩緒の血を吸うようにして攻撃をする、まるで吸血鬼のようでした。

 

さらに奴らは摩緒の「血の毒」が効かない・・・なぜ!?

摩緒は一体どのようにして、戦うのか・・・!!?

 

MAO【第14話】のネタバレ

【妖の正体】

摩緒は猫鬼に呪われた自分の血を吸っても死なない妖を「猫鬼の血を持つもの?」と初めは考えます。

 

(いや・・・もしかすると・・・)

 

摩緒は妖を「猫鬼の結界の守人」と確信します。

床から染み出している猫鬼の血を吸いながらここを守っていたノミの妖。

なので摩緒の呪われた血が効かないと確信した摩緒は、「この下にいるのか猫鬼!」と勢いよく刀を床に突き刺しますが、結界のようなもので弾かれ体ごと外に放り出されてしまいます。

 

ノミの妖が一斉に摩緒に攻撃を仕掛けて摩緒は防戦一方。

修道女の姿をした妖がノミの妖の姿に変化し「摩緒・・・体・・・差シ出セ・・・」と摩緒の腹に突き刺さりました。

刀を落としてしまった摩緒は、乙弥に刀を拾うように命じますが乙弥もノミの妖にやられて動けません。

摩緒の腹に突き刺さった妖は摩緒の血を吸ってどんどん膨れ上がっています。

「体ダケ・・・在レバイイ・・・」

(こいつ・・・私の血を吸い尽くす気か・・・)

摩緒は絶体絶命のピンチです。

 

ドガ!

 

その時・・・摩緒に突き刺さった妖の頭を菜花が蹴り飛ばしました。

菜花は摩緒の血を吸って膨れ上がった妖を見て困惑しますが、摩緒から刀を取るように言われてすぐに摩緒に刀を渡します。

すかさず摩緒は妖をぶった斬り、妖から溢れ出す摩緒の血に群がるノミの妖を横目に乙弥と菜花を連れて一旦退くことにしました。

 

菜花はボロボロになった摩緒を見て、とても心配そうにしていました。

 

【摩緒の体】

診療所に戻ってきた三人は結界を張り、乙弥が摩緒の傷の手当てをしながらいずれノミの妖が追ってくると話しをしています。

 

菜花は関東大震災の事を知らせようとしてここに来たが、今はそれどころじゃないと思い、話はしないことにした。

 

「それから菜花・・・さっきは助かった。礼を言う。」

 

菜花は今までになく驚いた表情をした。

必要以上に驚いた菜花に突っ込む摩緒に菜花は「礼を言う口があったのか思って・・・」と言った。

 

乙弥はツボから蠱毒を注ぎ、摩緒に飲ませた。

摩緒は少し休むと言って横になる。

摩緒の体は今日みたいな事がなくても、時々蠱毒で栄養補給しないといけないらしい。

 

「九百年も生きて・・・もう限界なので。」

 

乙弥の言葉に菜花は心の中で

(え・・・!?)

と叫ぶのであった。

 

MAOの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

MAOの最新刊(単行本)や最新話が連載されている週刊少年サンデーは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

2019年7月現在ではまだ単行本化はされていませんので、単行本化された時の予想としての巻数表示になります。

U-NEXT 単行本1巻or週刊少年サンデー2冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻or週刊少年サンデー5冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本2巻or週刊少年サンデー3冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでポイントの反映が登録と同時で、雑誌の読み放題や見放題動画が多数なので、かなり楽しめますよ!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで「MAO」を今すぐ無料で読む!

MAO【14話】考察・感想

以上、MAO【14話】のネタバレを紹介しました!

 

摩緒の血の毒が効かないのは、猫鬼の血を吸いながら猫鬼の結界を守るノミの妖だったからなんですね!

菜花が調べていた中に、吸血魔事件がありましたよね。

これはきっと、猫鬼に操られた妖が摩緒を追って来る事を予感させます。

そして猫鬼の実態は見えていませんが・・・猫鬼は一体どのような形で姿を表すのでしょうか・・・。

 

それにしても今回菜花はナイスタイミングで現れましたね!!

今後も菜花は摩緒にとって、なくてはならない存在になりそうな予感がしますよね〜。

ラブの要素は・・・今の所ほとんど無いですが、今後はあるのかな・・・?

ちょっぴり期待しちゃいます!

 

さてさて、次回のMAOは、8月28日(水)発売の週刊少年サンデー第39号になります。

乙弥の言う「もう限界」とは一体どういった実情があるのでしょうか!?

 

次回の展開も楽しみです!