土竜の唄の第668話のあらすじ・ネタバレ・考察予想をご紹介します!

2019年9月9日発売予定の週刊ビッグコミックスピリッツ41号、最新話!

土竜の唄【第668話】のあらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

▷前回の土竜の唄【第667話】のネタバレはこちら!

>>土竜の唄のネタバレ一覧はこちら

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

絵も含めて漫画を今すぐ無料で読むにはU-NEXTの31日間無料&600P付与のサービスで週刊少年マガジンの32号を無料で購入できますよ。

\土竜の唄の最新話も無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

前回の土竜の唄【第667話】のあらすじ

日向子の瀕死の状態に慌てふためく轟周宝。鬼頭も駆けつけ確認するも、

 

鬼頭「これは助からない…首の骨が折れているし、頭蓋骨が陥没骨折している。」

「昭和の今の医学ではどうしようもない…」

鬼頭の言葉を信じられない轟周宝はうろたえるのであった。

 

日向子とのことをごまかそうとする夏瓦であったが、轟周宝に拳銃を向けられる。

発射寸前で、日向子の言葉で思いとどまった轟周宝。

 

日向子「ヤ…ヤクザやるんなら…つ…つまらない小石に…つまづかないでね…」

「頂点まで…突っ走って…ね」

「あたいっ…うれしいっ… 周宝が…成り…上がる…為に…役に…立てて……あたい…幸せ…」

 

轟周宝「”これが愛かッ…”」

日向子の言葉で愛を理解する轟周宝であった…。

 

日向子「お願いっ…殺してっ…」

「たす…から…ない…な…ら…しゅう…ほう…の…手でっ…」

泣きながら日向子に銃を向ける轟周宝。

 

パンッ

 

引き金を引く轟周宝。愛は一生に、一度だけ…

と、心に刻むのであった…。

 

土竜の唄【第668話】のネタバレ

【絶対不動の法則】

パンッパンッ

 

瀕死の日向子に銃を浴びせる轟周宝。

 

ジャキッ

 

ジャキッ

 

ジャキッ

 

弾がなくなったのにも気づかず、一心不乱に日向子に向けて引き金を引く轟周宝。

 

轟周宝「ぐはっ。う、ううっ。」

耐えられなくて泣き崩れる轟周宝。

 

阿湖「日向子さんは命を懸けて周宝を数寄矢会のドンにする為に……生きたんだっ…」

轟周宝を見て共に涙する阿湖。

 

鬼頭「命あるものはやがて死ぬ。これは免れることの出来ない絶対不動の法則だ。

”人生”はいつも、オレたちを嘲笑っている。

強く願えば願う程、叶わない。それはまるで神がオレたちを弄んでいるかのようだ。

 

泣き崩れる轟周宝に、現実を突き付ける鬼頭であった…。

 

【数寄矢会会長の後ろ盾】

土下座し続ける夏瓦。

 

鬼頭「しかし…マズいですな…夏瓦センセイ…」

人気ロックシンガー強姦殺人事件…大スキャンダル…というより、死刑までありますよ。

 

夏瓦「事実無根ッ!!」

土下座の姿勢ながらも訴える夏瓦。

 

鬼頭「一部始終撮影させていただきました。

 

恐る恐る横を向く夏瓦。そこにはカメラを持った鬼頭の手下がいたのであった。

 

夏瓦「不覚!!

焦る夏瓦。

 

鬼頭「正義、車のトランクからスーツケース取って来い。」

日向子を入れるためにスーツケースを取りに行かせる鬼頭。

 

轟周宝「き…鬼頭さんっ…はじめっから日向子を利用して、夏瓦 沈の弱味を握るのが目的だったんですね…

 

鬼頭「全ては周宝…お前の為だ。

「日向子が夏瓦の愛人になってもその悲しみをお前が克服し、ビジネスに転換する能力を身に付けさせたかった。」

 

轟周宝「愛人!?…日向子をわかっていないっ…

鬼頭の言葉に頭を抱える轟周宝であった…。

 

【覚醒せし轟周宝!巨悪への扉】

轟周宝に、スーツケースの中に日向子を詰めるよう指示する鬼頭。

 

言われたとおりに詰め、日向子を見つめる轟周宝。

 

涙を流しながらも、そっと日向子の頬にキスをしてトランクを閉める。

 

鬼頭「周宝、誰にも見つからないように処分しておけ。」

 

さぁ、覚醒するのだ…周宝ッ。オレの忠実なるモンスターに!!!!

日向子の入ったスーツケースを見つめながら佇む轟周宝の背中を見つめながら、心の中で思う鬼頭であった…。

 

夏瓦「一億ッ、一億円払うからそのフィルムをくれ!後生だっ…たのむよ鬼頭君っ…」

 

轟周宝「貸せ。

カメラを手に持つ鬼頭に告げる轟周宝。

 

鬼頭「どうぞ。

轟周宝の発言と貫禄に驚きを隠せない鬼頭。

 

轟周宝「沈。死ぬまで数寄矢会に、奉仕してもらうぞ。

闇に滲む瞳で夏瓦を見下ろす轟周宝。

 

轟周宝の圧に震えが止まらない夏瓦。

 

愛を知り、愛を失った轟周宝。

巨悪への覚醒を果たしたこの先に、どんな展開が待ち受けているのだろうか…。

 

▽次回の土竜の唄はこちら▽

漫画|土竜の唄【第669話】のネタバレ・感想!変貌する周宝

スポンサードリンク



土竜の唄の最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

土竜の唄の最新刊(単行本)や最新話が連載されているビッグコミックスピリッツは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT ビッグコミックスピリッツ1冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本2巻orビッグコミックスピリッツ4冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻orビッグコミックスピリッツ2冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでポイントの反映が登録と同時で、雑誌の読み放題や見放題動画が多数なので、かなり楽しめますよ!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで「ビッグコミックスピリッツ」を今すぐ無料で読む!

土竜の唄【第668話】の考察と感想

夏瓦との争いの果てに、重傷を負ってしまった日向子でしたが、悲しい結末でしたね…。

日向子の純粋な感じが好きでしたので、もしかしたら何かしらで生きているのかもしれないと、

薄い望みながらも期待していましたが、やはり息を引き取ってしまったようですね…。

 

初めての愛を感じていた轟周宝にとっても辛い経験となってしまいました。

弾を打ち切った後も、ジャキッ…ジャキッ…と撃ち続ける轟周宝を見ていると悲しさが伝わってきます。

夏瓦コノヤロー、鬼頭コノヤローという気持ちですね…。

 

今回のことをキッカケに覚醒した様子の轟周宝ですが、日向子の死がなければ、

闇落ちし、巨悪へと変貌することもなかったのかな?と思うと、

今までが純粋だっただけに可哀そうでもありますよね…。

頭がキレるので、ヤクザのテッペンではなく、大企業のトップなどでもなれそうですよね(笑)

 

「貸せ」と轟周宝に言われて「どうぞ」と渡す鬼頭は、もはや下ですよね(笑)

鬼頭は「俺の忠実なモンスターに!」という考えみたいだったようですが、

覚醒した轟周宝に逆らえないと思いますね。

覚醒した轟周宝は、鬼頭のそういう考えも見透かしてそうですので、

忠実なモンスターになるのは鬼頭だと思っています(笑)

 

日向子の死をもって、日向子の頂点まで突っ走ってほしいという想いをもって、

巨悪に変貌していくであろう轟周宝。

理由はわかりましたし、あとは今後どういう過程を辿って、巨悪になるまでの話が展開されるかですかね!

 

まずは、次回の展開を楽しみに更新を待ちましょう!