凪のお暇【第36話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をご紹介しますね♪

2019年6月26日発売のEleganceiイブ8月号、最新話!

凪のお暇【第36話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

\凪のお暇の最新話も無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

 

凪のお暇 前回のあらすじ

凪のいとこが結婚式をあげるために、凪の母親が東京へやってくることとなりました。

そのときに、凪の彼氏を紹介するように言われます。現状がバレてしまうと、北海道に連れ戻されるかもしれないので、桃園に彼氏役をしてもらうことにして・・・!?

凪のお暇【第36話】ネタバレ

今日はついに、いとこの結婚式当日の日。苦手意識のある母親と会わなければなりません。

そんな凪をうららちゃんやみすずが、凪を応援してくれます。

 

結婚式会場についた凪は、やっぱり緊張してしまって、昔の自分に戻りそうになるのを必死に押さえていました。

凪ーみんなの顔を思い出して耐える!!いでよ執着心!!勝つんだ!!私は絶対今日のこの日を!!ー

 

と、気合を入れていたところで、後ろから”ひょっとして凪ちゃんじゃない?”とうわさする声が。

緊張しながらも振り向くと、そこには、親戚一同と凪の母親の姿があります。しかし、凪は、母親のみが視界にはいってしまい、母親だけに意識が集中してしまうのを自身でも感じ取るのです。

昔の自分みたく、母親のみに意識が集中しそうなところを、なんとか「視野を広く」と意識することで、なんとか平常心を保ちます。

凪ーやばいぞこれは。巻き込まれる。となりそうなところを、ピントを広く!!全身系開放!!ー

 

凪は母親から気をそらして、親戚たちと談笑するように心がけます。母親が声をかけると、昔の自分になりそうになるのを何度も抑えて頑張る凪。

式が始まるまでは、「スナックバブル」で学んだ会話のキャッチボールで場を持たせて、ようやく式が開始されました。

 

式の最中に、凪は幼いころからいつも、母親が「ちゃんと笑っているか」を気にしていたことを思い出してしまい、絶対に二人きりになっちゃいけない。・・・と考えていましたが、、、

 

式が終わって、桃園を待つ間二人きりになってしまいました。そこで、凪と母親は何気ない会話をするのですが、凪は母親の顔色を伺いながら、先ほどの結婚式であった人たちを貶めるような発言をします。そういった発言をすると、母親はぱっと明るい笑顔をみせるのです。

昔から、凪の母親は、「凪に言ってほしい言葉」がありました。その言葉を凪がなぞって言うと、花が咲くみたいに笑うところがあり、凪はそういう発言に罪悪感を感じながらも、母親の笑顔が見たいがために、そういった発言を続けるのです。

 

凪ーいやだ、いやだ、こんなこと、本当はいいたくない。ー

 

 

追い詰められた凪に、母親は続けて言葉をかけます。

母親「ねぇ凪、この髪型(天パのショート)素敵ね。」

 

そんな母親の言葉かけに対して凪は・・・!?

凪のお暇【第36話】の最新話や最新刊を無料で読む方法

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本2巻orEleganceiイブ2冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻orEleganceiイブ1冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTで登録と同時にポイントがもらえるので今すぐ無料で読めます!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで「凪のお暇」を今すぐ無料で読む!

凪のお暇【第36話】考察・感想

結婚式の最中では、凪の成長を感じさせられましたね。人が変わるのはとても難しいことですが、凪はさまざまな人との関わりや、経験を通して、あがいてあがいて自分を変えようとしています。

とても好感がもてますし、応援したくなっちゃいますよね!

結婚式最中では、昔の自分に戻らないようになんとか耐えていましたが・・・。やはり影響力の大きい母親との対峙で、昔の自分が顔を出してしまいましたね。

さて、こんな「自分はいやだ」という思いでいっぱいになっている凪に母親は、髪形について声をかけます。穏やかそうに「この髪型素敵ね」と。

もちろん本心ではありませんよね。母親の言ってほしい言葉はきっと、天パの髪型を卑下するような言葉。

果たして、凪は母親のこの攻撃にどう対応するのでしょうか?漫画でチェックしてみてくださいね♪