凪のお暇【第37話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をご紹介しますね♪

2019年8月26日発売のEleganceiイブ10号、最新話!

凪のお暇【第37話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

\凪のお暇の最新話も無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

 

凪のお暇 前回のあらすじ

凪は母親に、彼氏を紹介するように言われていました。現状がバレてしまうと、北海道に連れ戻されるかもしれないため、桃園に彼氏役をしてもらうことにしました。

凪と母親が2人きりになり、母親からのセリフに、追い詰められたときに現れたのは、桃園ではなく、なぜか慎二で・・・!?

凪のお暇【第36話】ネタバレ

本来ならば、桃園が現れるはずでしたが、やってきたのは慎二でした。

慎二はニコリと笑ってみせて、”今日のことで色々変更があった、メールしたけどみた?”と、母親の前で凪にうまくパスをまわしました。

動揺しまくる凪、トイレに席を立って、携帯のメールを確認します。

 

本日凪の彼氏役としてくるはずだった桃園は、なんと骨折をしてしまっていたのです。桃園と慎二は何度かスナックバブルであって飲んでいて、連絡先を交換していたようです。

そして、困った桃園は慎二に連絡をとって、現状を説明して自分の代わりに凪を救うように慎二に頼んだといういきさつがありました。

丁寧にも桃園は慎二に、凪と練った作戦をPDFにして慎二に送っていました。

 

トイレで現状を把握した凪ですが、動揺を隠し切れず、自分の母親が慎二に丸め込まれるはずがないと焦って、2人が待つ席へと戻ります。

 

すると、凪の想像とは違い、母親と慎二はにこやかに談笑を続けていました。

凪が戻ったタイミングで母親がトイレに席を立ったので、凪は、今日の作戦は確認したのかと慎二に問います。

今日の作戦の目的は、凪の現在住んでいる家の母親の訪問回避。そして慎二とは婚前前カップルという設定でした。慎二はそれも把握していていました。が、当初3人で行く予定だったショーをあっさりと却下。

理由は眠たくなるから。凪は会話をしないで済むようにとショーを選んだのですが、慎二は水族館にいくと強行突破。結局3人は水族館に行くことにします。

 

水族館に行くまでの間、慎二は、営業部のエース、高学歴、裕福な家庭育ちであることを、嫌味なくサラリと会話に盛り込ませて、母親からの印象をUPさせます。

そばで聞いていた凪は、”うちの母親はうわべだけのスペックに騙されない”と思い、チラリと母親の顔をのぞくと、そのハイスペックに釣られているようなうれしそうな表情を浮かべているのでした。

 

更に水族館で慎二は3人で一緒に写真を撮ろうと提案します。凪は幼少期母親に、”観光地で写真を撮る行為は嫌い””他人に見せたいと思った瞬間から下品になる”と教育されていました。

 

しかし、凪の母親はうれしそうに写真に写り、そして、親戚に見せたいから写真をちょうだいと言ってきたのです。

 

水族館では、今まで凪が描いてきた”母親のイメージ”がどんどん崩れ去っていきました。そこで、一緒に作戦を考えてくれた人に、”凪の中での母親イメージは、完璧で、それは仮想の敵だから”という点を指摘されたことを思い出します。

そこでふと気がつくのです。もしかしたら、自分の母親は一貫性なんかなくって、簡単にはしゃぐような、「普通の」母親なのではないかということに。

 

そして、そのことを確認するために、思い切って母親にあることを告げます。

「もし、私が彼と結婚できたら、東京にきたい?」

 

そう尋ねる凪に対して母親の反応は・・・!?

スポンサードリンク



凪のお暇【第37話】の最新話や最新刊を無料で読む方法

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本2巻orEleganceiイブ2冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻orEleganceiイブ1冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTで登録と同時にポイントがもらえるので今すぐ無料で読めます!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで「凪のお暇」を今すぐ無料で読む!

凪のお暇【第37話】考察・感想

このタイミングで現れる慎二!!もうなんとも言えませんね~。

そして今回、凪の「完璧」であるはずの母親像が、慎二の行動によって次々に崩れ去っていきます。これは、桃園が代役できていたら、絶対にこのような展開にならなかったはずです。

慎二だったからこそ、このような展開を見ることができたのです。

 

今まで凪の視点からしか母親が描かれていなかったため、前回まで「凪の母親ってそうとうの毒親だだな」と感じていた私ですが・・・。今回の件で、私も凪と一緒になって、「あれ?普通の母親なんじゃないかな」と感じてしまいました。

仮想敵って最強ですからね、そのフィルターをはずしてあげると、意外と敵はそれほど強くなくて、むしろ敵ですらない場合があるということを、学べる回でもありました。

さて、思い切った質問をした凪ですが、凪の母親は、凪が思うように「完璧な母親」であるのか、それとも・・・!?漫画でお楽しみください!