漫画|七つの大罪【319話】最新話のネタバレと感想!!ゼルドリスの精神が消える!?

[cc id=1271]

七つの大罪の第319話を読みましたので、あらすじ・ネタバレをご紹介します!

2019年7月17日発売の週刊少年マガジン33号、最新話!

七つの大罪【319話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

絵も含めて漫画を今すぐ無料で読むにはU-NEXTの31日間無料&600P付与のサービスで週刊少年マガジンの32号を無料で購入できますよ。

>>七つの大罪のネタバレ一覧はこちら!

\七つの大罪の最新話も無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

 

七つの大罪【319話】のネタバレ

【メリオダスとゼルドリスの過去】

3000年前、メリオダスに話しかけようとするゼルドリス。

だが、冷たい目で用件を聞くメリオダスに臆し、なんでもないと目を逸らしてしまう。

現代。メリオダスは、その頃のことを思い出していた。

兄である自分に話しかけようとする弟、ゼルドリス。

当時のメリオダスは、父である魔神王の命令に従うのが精一杯で、

ゼルドリスの話を聞いてやる余裕がなかった。

今こそ、兄弟として腹を割って話したいと考えるメリオダス。

 

そのとき、魔神王が笑いながら立ち上がる。

魔神王に身体を乗っ取られているゼルドリスの身を案じ、本気を出せないメリオダス。

対して、魔法の湖の効力によって急激に本来の魔力を取り戻しつつある魔神王。

「結論は一つ。勝利は我にあり」

 

【力を取り戻しはじめた魔神王】

魔神王に呑み込まれるなとゼルドリスに呼びかけながら、メリオダスは地面を蹴る。

顔面に拳を叩き込まれても、魔神王は先ほどまでとは違いビクともしない。

そして、魔神王の反撃。一瞬で何倍もの拳を打ち返し、メリオダスに大きなダメージを与える。

メリオダスも魔神の力を一部開放し、魔神王の顎を撃ち抜く。

さらに斬撃で鎧ごと魔神王の胸を一閃。両断まではできないものの、痛手を負わせた。

ゼルドリスの復活を諦めないと堅く誓いながら、メリオダスは戦いを続ける。

 

【薄れていくゼルドリスの意識】

舞台はゼルドリスの精神世界に移る。

ゲルダに抱かれ、夢を見ていたゼルドリス。

メリオダスに憧れ、背中を追いかけていたあの頃。何度も話しかけようとし、そのたびに躊躇してきた。

剣の使い方や敵の殺し方ではなく、他愛もない話をしたかったのに。

父である魔神王が怖くて、そんな話さえすることができなかった。

「くだらない……」

ゲルダは、吸血鬼の鋭い歯を見せながら笑う。

自分の膝でゆっくり眠れというゲルダの言葉に従い、目を閉じるゼルドリス。

その瞬間、ゲルダの顔が悪魔のように変化した。

 

そして現実世界では、ゼルドリスの意識が薄れていくのに呼応して魔神王の力が強まっていた。

赤と黒のオーラを天まで立ち上らせながら、歓喜する魔神王

メリオダスはゼルドリスに大声で呼びかけるが、その声はもはや届かない。

オーラの向こう側に見える魔神王の姿が巨大になっていく。

メリオダスは、それにつれてゼルドリスの存在が消えていくことを感じるのだった。

>>七つの大罪のネタバレ一覧はこちら!

七つの大罪の最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

七つの大罪の最新刊(単行本)や最新話が連載されている週刊少年マガジンは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻or週刊少年マガジン2冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻or週刊少年マガジン5冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本2巻or週刊少年マガジン3冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでポイントの反映が登録と同時で、雑誌の読み放題や見放題動画が多数なので、かなり楽しめますよ!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで「七つの大罪」を今すぐ無料で読む!

七つの大罪【319話】考察

【続・ゼルドリスを助けるにはどうしたらいいのか考察】

前回、ゼルドリスを助けるためには大きな刺激を与えなければいけないのではないかと考察した。

考察通り、メリオダスの呼びかけ程度ではゼルドリスが目覚める気配はまったくない。

精神世界の中で恋人・ゲルダが登場し、悪魔のようになったが、

これはゼルドリスの心の中ではやはりゲルダが最も大切なものであることの現れだろう。

メリオダスももちろん大切な兄なのだが、それ以上にゲルダこそがゼルドリス復活のための最重要人物。

なんとかゲルダの意思をゼルドリスに伝えることが必要になってくるだろう。

 

そして、ゼルドリスの精神が消えていくにつれて魔神王の力が戻りつつある。

これを魔神王は狙っていたのだ。特別な技や、作戦などいらない。

時間さえ経てば、メリオダスと自分の力が逆転することがわかっていた。

だから前回、魔神王はメリオダスに圧倒されながらも焦っていなかったのだ。

 

次回以降、力を逆転されたメリオダスがどう魔神王に立ち向かうのか。

引き続き、ゼルドリスの身体を殺すことはできないため、やはりゲルダがキーパーソンになるだろう。

ゼルドリスの意識を引き戻させるような、ゲルダとの思い出の品などが必要になりそうだ。

七つの大罪【319話】感想

以上、七つの大罪【319話】のネタバレを紹介しました!

いやー、魔神王、強くなっちゃいましたね。

まだオーラに隠れて新しい姿は明らかになっていませんが、相当強そうです。

メリオダスとのガチンコ勝負を早く見たいんで、できるだけ早くゼルドリスには正気を取り戻してほしいですね。

あ、でもそしたら魔神王は身体なくなっちゃうのか……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です