七つの大罪の第320話を読みましたので、あらすじ・ネタバレをご紹介します!

2019年7月24日発売の週刊少年マガジン33号、最新話!

七つの大罪【320話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

絵も含めて漫画を今すぐ無料で読むにはU-NEXTの31日間無料&600P付与のサービスで週刊少年マガジンの32号を無料で購入できますよ。

>>七つの大罪のネタバレ一覧はこちら!

\七つの大罪の最新話も無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

 

七つの大罪【320話】のネタバレ

【ゼルドリスの気配、消失】

赤と黒のオーラの中、魔神王は覚醒しようとしていた。

このままでは、ゼルドリスは完全に魔神王に呑み込まれてしまう。

必死でゼルドリスに呼びかけるメリオダス。

やがてオーラに亀裂が走り、ゼルドリスの気配は完全に消えてしまった。

 

ゆっくりと姿を現す、覚醒した魔神王。

先ほどまでとは違い、身体は大きくなり、長い顎髭を生やしている。

「実に清々しい…礼を言おうゼルドリスよ。お前の犠牲のおかげで若き日の肉体と力を手に入れた」

どうやら魔神王は、完全に力を取り戻したようだ。

だがメリオダスは諦めてはいない。まだ魔神王の中にゼルドリスを感じている。

 

【魔神王の圧倒的な力】

魔神の力を開放し、飛び込んでいくメリオダス。

魔神王と一瞬にして何十撃も斬り合う。圧倒的な剣圧により、湖が切り裂かれていく。

七つの大罪に助けを求めるかとメリオダスに問う魔神王。

メリオダスと七つの大罪が揃っても、自分にはかなわないと考えているようだ。

 

魔神王が力を込めた上段切りを放ち、吹き飛んでいくメリオダス。

湖だけでなく、大地も裂けていく。

メリオダスも反撃し、魔神王の胸を斬りつける。一進一退の攻防。

「オレはゼルに約束したんだよ! 必ずゲルダに会わせると!」

 

【力を取り戻しはじめた魔神王】

「メリオダス…深追いはダメ!一度立て直しましょう!」

エリザベスが進言するも、メリオダスは聞き入れない。

もう二度と、ゼルドリスを裏切りたくないからだ。

“神千斬り”をクリーンヒットさせるも、魔神王は涼しい顔をしている。

“支配者”の力によって、斬撃以外の魔力を全て吸収されてしまったようだ。

 

そのとき、凄まじい速さで何かが飛来し、魔神王を吹き飛ばす。

2つ、3つ……次々と飛来する何か。

5つのそれが湖に落ち、大きな水しぶきを上げる。

雨のようにしずくが落ちてくる中、飛来物を見るメリオダス。

それは、バン、マーリン、キング、ディアンヌ、ゴウセルだった。

「七つの大罪七つの掟、その七♪たまには全員で力を合わせようぜ♪」

バンの言葉に、メリオダスとエリザベスは涙するのだった。

>>七つの大罪のネタバレ一覧はこちら!

七つの大罪の最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

七つの大罪の最新刊(単行本)や最新話が連載されている週刊少年マガジンは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻or週刊少年マガジン2冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻or週刊少年マガジン5冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本2巻or週刊少年マガジン3冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでポイントの反映が登録と同時で、雑誌の読み放題や見放題動画が多数なので、かなり楽しめますよ!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで「七つの大罪」を今すぐ無料で読む!

七つの大罪【320話】考察

【七つの大罪は魔神王を倒せるのか考察】

七つの大罪のうち6人が魔神王と対峙することとなった。

まだ魔神王の力の全ては明らかになっていないが、七つの大罪とどちらが強いのだろうか?

今回はメリオダスと互角に斬り合う様子が描写されていたが、魔神王には全くダメージがないようだった。

これは”支配者”の魔力によるところが大きいだろう。

つまり、”支配者”の魔力があれば七つの大罪は勝てない、逆に“支配者”の魔力を無効化できれば勝てるのではないだろうか。

無効化できなくても、弱めたり、それ以上のエネルギーで攻撃できればいいかもしれない。

今の七つの大罪であればそれだけの力はあるはずだ。

もちろん魔神王も黙って攻撃を受けるわけではないので、攻撃を加えるまで防御も凌がなければいけない。

そこはエリザベスであったり、まだ消えていないであろうゼルドリスの意識が活躍するのではないだろうか。

最後に残ったわずかなゼルドリスの意識が抵抗し、”支配者”を無効にするなどの展開が考えられる。

どちらにせよ、力を取り戻した魔神王は作中最強の存在。

いかに七つの大罪とはいえ、苦戦は必死である。

そして七つの大罪最後の1人であるエスカノール。彼も魔神王の戦いに現れるだろう。

彼の身体はもう限界を迎えており、命を削って魔神王に攻撃することになる。

その攻撃はおそらくかなりのダメージを与えるし、魔神王を倒す大きな助けになるはずだ。

七つの大罪【320話】感想

以上、七つの大罪【320話】のネタバレを紹介しました!

魔神王、やっぱりかなり強いようです。

メリオダス1人では勝てないだろうと思ったら、その瞬間に七つの大罪がやってきました!

持つべきものは仲間ですね。

来週からとんでもない戦いが始まりそうです!