七つの大罪の328話を読みましたので、あらすじ・ネタバレをご紹介します!

2019年10月9日発売の週刊少年マガジン44号、最新話!

七つの大罪【328話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

▷前回の七つの大罪【327話】のネタバレはこちら!

>>七つの大罪のネタバレ一覧はこちら!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

絵も含めて漫画を今すぐ無料で読むにはU-NEXTの31日間無料&600P付与のサービスで週刊少年マガジンの32号を無料で購入できますよ。

\七つの大罪の最新話も無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

 

七つの大罪 【第328話】のネタバレ

【魔神王を圧倒するエスカノールの「極み」!だが……!

正午から一分が経過した。

即ち、エスカノールの最強の状態……”天上天下唯我独尊”(ザ・ワン)も終了する……。

はずが、エスカノールは未だ不敵な笑みと、その「最強」を保っている。

それこそが、

”天上天下唯我独尊”(ザ・ワン)”極み”(アルティメット)

仲間たちもどうしてそんなことが出来るか不思議がる中、魔神王は筋肉の収縮によってか、

エスカノールに突き立てた拳が抜けなくなり、かえって攻撃パターンが制限されていた。

もう片方の腕でエスカノールに連撃を加えるが、不自然な構えで力も入りきらない。

喜色を浮かべながら、両手で比べ物にならないラッシュを叩き込むエスカノール。

だが、メリオダスは気づいていた。今の状態を引き出している魔力は「太陽」(サンシャイン)のものではない……

 

「エスカノールは……自分の生命力を魔力に変換している

 あいつは――自分の命を燃やし尽くすつもりだ!!!」

団長の言葉に動揺する団員達。

一方魔神王は、苦し紛れにアッパーカットを打ち込むが……。

メキャッ

逆にエスカノールの剛腕に吹き飛ばされる!

【魔神王の反撃!エスカノール絶体絶命!?】

だが、吹き飛んだことで腕もエスカノールから離れた魔神王は両手を使い、

暗黒の魔力の球をエスカノールめがけて叩きつける!

物理的な殴る蹴ると違い、魔力の塊が相手ではエスカノールも分が悪い……!

が、

”カウンターバッシュ”

”バニシング・キル”

”炸裂する刃雨”(ファイトファイア・ウィズファイア)

メリオダス、バン、キングがそれぞれの技を繰り出し、その窮地を救う。

とはいえ傲慢さも最強状態にあるエスカノール。邪魔立て無用だと怒りをあらわにする。

ズンズンと魔神王の元へ迫るエスカノールに立ちふさがるメリオダス。

「オレはお前にこんなことをさせるために

<七つの大罪>に誘ったわけじゃねえぞ……!」

最強状態のエスカノールにひるむこともなく、力ずくでどかして見ろ、と啖呵を切るメリオダス。

【エスカノールとメリオダス、そして団員たちの絆】

そんなメリオダスにエスカノールは語り始める。

自分の力を制御できず暴走していた頃、何度も何度もメリオダスにこてんぱんにやられたこと。

おこがましくもその小さな体を張って「太陽」(サンシャイン)を使いこなせる術を教えてくれたこと。

「……生意気にも貴様は孤独だった我に心地よい場所を与えた

 ……貴様にわかるか…………?

 ……それがどれほど嬉しかったか……」

そう語るエスカノールの表情は傍若無人な傲慢なだけのものではなく、友をいとおしむものだった。

 

その間にもディアンヌよりはるかに大きい闇の獣を生み出し、団員たちにぶつける魔神王!

大きく跳躍し、それに立ち向かおうとするエスカノール。

自分の誓い、それは<七つの大罪>のために自分の命を懸けることだと叫びながら。

しかし、まさに闇の獣の間合いに入ろうとしたエスカノールのさらに先を行く影がある。

メリオダスである。

「お前がオレ達のために命張るってならオレ達もお前のために命を張るのがスジってもんだろ……!!!」

メリオダスのその言葉に、団員たちも心から同意するのだった。

団員の連携攻撃で闇の獣は消滅。その絆の力の前に、魔神王も戸惑いを隠せない。

【<七つの大罪>総力戦へ!】

マーリン。バン。ゴウセル。キング・ディアンヌ。そして団長。

団員の名前を噛みしめる様に呼びながら、エスカノールは言葉を続ける。

もはや後には引けない。だから今から全員に命令を下すと。

「我も共に戦うことを――許してください」

その表情に普段の紳士的なエスカノールの面影が見える。

「オレ達は最後の最後まで仲間だ」

そう力強く返すメリオダスであった。

>>七つの大罪 最新話までのネタバレ一覧はこちら!

スポンサードリンク



七つの大罪の最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

七つの大罪の最新刊(単行本)や最新話が連載されている週刊少年マガジンは4つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻or週刊少年マガジン1冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻or週刊少年マガジン4冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻or週刊少年マガジン1冊が今すぐ無料で読める
ひかりTVブック 単行本2巻or週刊少年マガジン3冊が今すぐ無料で読める

おすすめは使いやすさという面と動画配信サービスで約9万本も見放題作品があるU-NEXTです。

アニメもほとんどが見放題なので同時に楽しむことができますね。(配信状況が変わることがあります)

U-NEXTでは継続時に月額1990円(税別)がかかりますが、毎月1200Pが付与されます。

先ほどもお伝えしたように見放題作品も豊富なので、アニメやドラマ・映画などもご覧になる人にはかなりおすすめのサービスです。

すでに無料期間を適用されたことがある方であれば、FOD・ひかりTVブック・music.jpのサービスをご利用になってみてください!

紹介した4つサービスならどれでも無料で七つの大罪を読むことができますよ。

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで「七つの大罪」を今すぐ無料で読む!

七つの大罪 【328話】考察

【<傲慢>を絆が超えた?】

圧倒的力の代償としてとんでもなく傲慢になる、という特性をもつエスカノール。

しかし今回、”天上天下唯我独尊”(ザ・ワン)”極み”(アルティメット)

状態では最後に「命令」といいながら実質「お願い」をするなど、ある程度コントロールしているように思われる。

通常は「太陽」(サンシャイン)を元に魔力が生み出されている訳だが、極みに関しては生命力を犠牲にしており、魔力の種類が違うのである程度コントロールができるのかもしれない。

また、仲間との絆がその特性を超えた、と考えるのまた、少年漫画的である。

次回予告のタイトルから、次回は精神世界側の描写となるので総力戦はしばしお預けか。

七つの大罪【328話】感想

前回の外伝を踏まえたことでより感慨深い回でしたね!

キャラクターの描写の積み重ねが生きていました。

予想通り生命力を削る切り札でしたが、孤独に戦おうとしていたエスカノールを仲間たちが助ける、

命を懸けると言うがその命はもう自分自身だけのものではない、というところにはグッときました!

次号は休載ということですが、このブログでは今後の展開を予想・考察いたします!

来週も是非ご覧ください!