七つの大罪の333話を読みましたので、あらすじ・ネタバレをご紹介します!

2019年11月20日発売の週刊少年マガジン51号、最新話!

七つの大罪【333話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

▷前回の七つの大罪【332話】のネタバレはこちら!

>>七つの大罪のネタバレ一覧はこちら!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

絵も含めて漫画を今すぐ無料で読むにはU-NEXTの31日間無料&600P付与のサービスで週刊少年マガジンの32号を無料で購入できますよ。

\七つの大罪の最新話も無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

 

七つの大罪 【第333話】のネタバレ

【去りゆくゼルドリスとゲルダ。そして……

エリザベス「行っちゃったね……」

戒禁をメリオダスが破ったのを見届け、いずれ2人で過ごすことを約束して立ち去ったゼルドリスとゲルダ。

その別れをいつまでも惜しんで2人が去った方向を目指すエリザベス、マエルと団員達。

しかしもはや巨悪は存在しないというのに、彼らの表情は晴れない。

エスカノール「さあ……みなさんもみんながまっています」

紳士的な口調に戻っているエスカノール。

ディアンヌ「みなさんも……だなんてキミも……でしょ?」

ディアンヌの目から文字通り大粒の涙が流れる。

キング「いつまでもそんなところに突っ立ってないで一緒に……帰ろうよ」

その涙の雨に打たれたキングもまた、涙を浮かべている。

誰もがエスカノールを見ようとしない。

意を決したようにメリオダスがエスカノールの方へ振り向くと……。

“ 天上天下唯我独尊の極み  ”の代償を受けるエスカノール!

エスカノールの表情は穏やかだ。

しかし、その体はまるで消し炭のようにボロボロと朽ちようとしている。

そう、一分間のみ最強となる“ 天上天下唯我独尊  ”(ザ・ワン)を継続することと可能とした

“ 天上天下唯我独尊の極み”(ザ・ワンアルティメット)の代償は自らの命

エスカノール「すみません……もう体が動きません どうやら……ここまでのようです」

その命がまさに言葉通り、燃え尽きようとしているのだ……!!

エスカノール「けれど……この人生に悔いはありません……みなさん……僕と出会ってくれてありがとう」

そしてエスカノールは残される仲間たちに言葉を贈る。

ゴウセルには良き話し相手だったこと。キングとディアンヌには結婚式には出られないが、幸せになってほしいこと。エリザベスには王やヘンディによろしく伝えてほしいこと。マエルには最期まで世話になったこと。バンにはお酒を控える様に。

メリオダスには生涯の恩人で無二の友であること。

そして……。

エスカノールのマーリンへの哀しき愛の告白!

エスカノール「マーリンさんずっとあなたが好きでした……。あなたはこんな僕に他の誰ともわけ隔てることなく接してくれた」

最も愛する人、マーリンへその気持ちを伝えるエスカノール。

クールに興味深い観察対象として見ていただけかもしれないというマーリンだが、心の片隅にでも住むことが出来たならそれだけで嬉しい、と返すエスカノール。

マーリン「遅い……もう何もかもが手遅れだ……引き返すことはできん」

その意味深な言葉に戸惑うエリザベス。

マーリン「エスカノール……もっと早く私を見つけて欲しかった。できれば三千年前にな……」

メリオダスもまた、そんなマーリンに違和感を覚えているようだ。

しかしエスカノールは、

「何があろうと僕はあなたの味方ですよ……あなたが何を決断し……どんな罪を背負おうとも」

と断言する。マーリンも思わず表情を変え、気づいていたのか、と言おうとするが、エスカノールは勘であるという。何故ならマーリンは出会った時からずっと悲しそうな瞳をしているから。そういうエスカノールの表情は安らかだ。

告白へのマーリンの答えは!?

ディアンヌ「エスカノール……キミのその体!!」

エスカノールの体の朽ちるスピードが加速していく。ロウソクの最後の揺らめきのように、周囲に業火が巻き起こる。危ないから自分から離れる様にいうエスカノール。

メリオダスはそんな友の最期を見届けようとしている。

そこへわき目もふらずカツカツと歩み寄るマーリン。エスカノールの制止も聞かず彼に飛びかかると……。

エスカノールと文字通りの熱い口づけを交わす。今のエスカノールはまさに灼熱。ジュウジュウと肉の焦げる音が痛々しく響く。

マーリン「お前の思いには応えてやることができなかったが…お前の生きた証を――私を愛してくれたただ一人の男の印を…この身に焼きつけよう」

そういうマーリンの唇には刻印の様に火傷が……。

君は孤独な愛 心を甘く酔わせる至極の果実酒

けれど僕はそれを受け入れる杯にはなれない

願わくば神よ……いつかその愛を受け入れる杯が現れんことを……

マーリンへ愛の詩を送り、エスカノールは灰となった……。

メリオダス「ゆっくり眠れエスカノール……」

メリオダスはそれに舞い上がる灰を見上げ呟いた。

数多の強敵に対峙し、数多の命を守り続けた「最強」。

<七つの大罪>の太陽は沈んだ。しかし生きた証は団員たちの中に刻まれ続ける。

 

スポンサードリンク



七つの大罪の最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

七つの大罪の最新刊(単行本)や最新話が連載されている週刊少年マガジンは4つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻or週刊少年マガジン1冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻or週刊少年マガジン4冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻or週刊少年マガジン1冊が今すぐ無料で読める
ひかりTVブック 単行本2巻or週刊少年マガジン3冊が今すぐ無料で読める

おすすめは使いやすさという面と動画配信サービスで約9万本も見放題作品があるU-NEXTです。

アニメもほとんどが見放題なので同時に楽しむことができますね。(配信状況が変わることがあります)

U-NEXTでは継続時に月額1990円(税別)がかかりますが、毎月1200Pが付与されます。

先ほどもお伝えしたように見放題作品も豊富なので、アニメやドラマ・映画などもご覧になる人にはかなりおすすめのサービスです。

すでに無料期間を適用されたことがある方であれば、FOD・ひかりTVブック・music.jpのサービスをご利用になってみてください!

紹介した4つサービスならどれでも無料で七つの大罪を読むことができますよ。

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで「七つの大罪」を今すぐ無料で読む!

七つの大罪 【333話】考察

【エスカノールの死、そしてマーリンの今後】

エスカノールは生命力を回復することなく、死んだ。

タイトルからの推測通り、エスカノールとマーリンが話の中心であった。

少年漫画の主要な仲間キャラクターと言う性質からも、いわば「ご都合主義」であっても生存が半ば確信されていただけに、この展開は多くの人が予想外だったのではないだろうか?

マーリンの今後も少年漫画の常識にとらわれず予想してみたい。

予想①加護のバランスが崩れたマーリンが暴走する?

今回マーリンが三千年前に見つけて欲しかった、といった言葉に注目したい。

マーリンは魔神王と最高神を欺き、強大な力を手にした。

今回魔神王を倒したことでこのバランスが崩れ、マーリンが暴走してしまうのではないか?

そこから最高神への対決に繋がるのかもしれない。

予想②マーリンの本当の過去が明らかになる?

未だにはっきりとした<暴食の罪>の由来が明らかになっていないマーリン。

それが故郷が滅んだことに起因しているとしたらどうだろうか?

魔神王と最高神のよりほろぼされたというのは表向きで、実際は何らかの理由でマーリン自身が滅ぼしてしまっていたとしたら……?

それが神々の焚きつけによるものであれば、やはり最高神との対決に繋がるのかもしれない。

次回タイトルは「一つの時代の終わり」。これが神々の時代の終わりを意味するのであれば、最高神が話に絡んでくるのかもしれない。

ホークままがそろそろ到着して話が進むのではないだろうか?

七つの大罪【333話】感想

まさかの展開でした……少年漫画的に言えば、エスカノールは絶対生き残ってくれると信じていたのですが……。

しばらくエスカノールロスに陥りそうです泣

ご都合主義でもいいので生きていてほしかったですね……。

仲間たちを本当に大切に思い、また仲間たちも彼を大切に思ってくれていたのが良く伝わりました。

それだけにマーリンが今後どうなるのか気になって仕方がありませんね。

来週も楽しみです!