おちたらおわりの第3話を読みましたので、あらすじ・ネタバレをご紹介します!

2019年8月1日発売のBE・LOVE9月号、最新話!

おちたらおわり【第3話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

絵も含めて漫画を今すぐ無料で読むにはU-NEXTの31日間無料&600P付与のサービスでBE・LOVE9月号を無料で購入できますよ。

おちたらおわりの最新話も無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

おちたらおわり【第3話】(9月号)のネタバレ

【 明日海と孔美子、直接の再会 】

恐怖で震える拳を握りしめる明日海(あすみ)の顔色は青ざめていた。

明日海に声をかけられた孔美子(くみこ)が振り返る。

相手にも聞こえそうなほど大きく、そして速く、明日海の心臓が脈を打つ。

「明日海……?」

そう言いながら振り向いた孔美子の表情が一瞬でパァッと明るくなった。

「あすみちゃん…!?」

 

え…

 

明日海が思っていた反応と違った。

「うそ!あすみちゃんなの、本当に…?」

孔美子がためらいなく近づいてくる。

「元気だった?東京にいたのね!私は青峰学院大を出てCAをやってるときに雅純さんと結婚したの」
「雅純さんは弁護士でね、優しくて……」

一方的に話を続ける孔美子。

「でもすごいじゃない?あすみちゃんが転校してから全然連絡とってなかったのに同じ年に子供を産んで同じマンションに住んでるなんて」

そこで孔美子が明日海の手をぎゅうっっと力強く握ってきた。

「運命の再会ね……!!」

 

明日海は状況が飲み込めず、めまいがした。

 

…ちょっとまって…

…なにを言っているの

なんでこんな友達みたいに…

まさか…

「…おぼえてないの?わたしにしたこと…」

消え入りそうな声でそう尋ねた明日海に孔美子が言葉を返した。

「なんのこと?」

 

その瞬間、明日海の頭は

降ってきた大きな岩に叩きつけられ、見る形もないほどに潰された。

 

 

【 孔美子のサロン3002号室にて 】

「えーーー!孔美子さんと明日海さん中学の同級生だったのぉ!?」

心菜(ここな)がいつものように大袈裟に驚きながらそう言った。

紗都(さと)と朋代(ともよ)も同様に驚いた表情をしている。

すごいじゃなーい!と言われた明日海の表情は暗い。

「それにしてもいいなぁ、孔美子さん!」

話題が孔美子の話に戻った。

子どもたちは楽しそうにキャッキャと遊んでいる。

孔美子はコアタワーの最上階50階に自宅、30階にサロンを持っていた。

イメージコンサルタントをしている孔美子は、そこでファッションがより楽しくなるからと4人にパーソナルカラー診断や骨格診断をしてみないかと提案した。

「もちろん特別価格で♪」という孔美子に心菜と紗都と朋代は盛り上がった。

そんな中、ひとりうつむく明日海。

明日海はショックを引きずっていた

自分でも何に対してこんなにショックを受けているのかわからなかった。

過去の行いを謝ってほしいわけでも、自分のことが大事な記憶として残っていてほしかったわけでもない…

でも、

憶えてないなんて軽すぎる

明日海の心は、その思いでいっぱいだった。

 

【 夜、明日海の家にて 】

杏(あん)は孔美子のサロンでお友達と遊べたことがよほど楽しかったらしく、何かにつけて「ひびたん」「ひびたん」と孔美子の娘の名前を出していた。

「もういいから!陽美妃(ひびき)ちゃんの話は!!」

無邪気な杏の口から出る孔美子の娘の名前に感情を抑えきれず、明日海はつい怒鳴ってしまった。

怯えて泣きそうになる杏を抱きしめ、明日海は、自分の勝手な思いを娘にぶつけてはいけないと反省した。

また、杏も「…ごめんね」と謝る明日海に対し、母親が何かに苦しんでいることを感覚的に悟ったようだった

 

【 キッズルームにて 】

5人の関係は少しずつ変わっていっていた。

心菜は孔美子をクミちゃんと呼び、無料通信アプリの連絡先も交換した仲になっていた。

そんな心菜を気にする様子の紗都。

紗都はマンション外のママ友をキッズルームに招待し案内していた。

一方、その2人とは離れたベンチに腰を掛け明日海と朋代が会話をしていた。

明日海は、最も気が合いそうな朋代に人間関係で悩んでいることを話してみようかなと考えていた。

「いや、昔のことなんだけどね…」話し始めたその時、孔美子が陽美妃を連れてやってきたので話はそこで途切れてしまった。

 

子どもたちはボールプールで遊んでいた。

やってきた陽美妃が杏に「わたしもはいっていい?」と尋ねたが、杏は母親の明日海の方に視線を向け、少し考えてからそっぽを向いて「ひびたんとは あそばない」と答えた。

しかし、「わたしは杏ちゃんすきだから またあそんでね」と言われて悲しくなって泣き出す杏。

そんな杏を見て、杏ちゃんが意地悪したくせになんで泣いてるの?と尋ねた理央は次の瞬間、

「ねぇねぇママー!ヒビキちゃんと仲よくしちゃダメなの?
杏ちゃんママがダメって言ったんだってーーーー!!

と心菜に大きい声で質問した。

その内容にざわつくママ達。

「どうしたの?陽美妃ちゃんになにしたの?」

駆け寄った明日海が杏に尋ねたが、杏は暗い表情のまま黙っている。

わたしのせいだ…

そう思った明日海が「あの、ごめんなさい、違うんです…」と言うも、心菜や紗都を含むママ達の視線は冷たい。

そこに、しゃがみ込んで杏に話しかけたのは孔美子だった。

「私と杏ちゃんのママはね、ずーっと前からお友達だったのよ」

「おともらち…??」

杏は顔を上げ、そう聞き返した。

「そう。だから陽美妃とも遊んでくれると嬉しいな。きっと仲良くなれると思うの」

そう杏に微笑む孔美子を見て、明日海の中の感情の蓋がはずれた。

 

「…あなたにいじめられなかったら、私は不登校にもならなかったし転校もしなかった」

その怒りの滲んだ声に振り返る孔美子。

その目は明日海を見ている。

「えっ……」周囲のママ達も動揺していた。

「あすみちゃ…」

孔美子がそう明日海に言いかけたが、

「明日海ちゃんなんて呼ばないで!!」

明日海のその声で、孔美子の呼び声はかき消された。

キッズルームにいたママ達も皆、声を失っている。

…あ…言っちゃった…

思わず口に手を当てて後悔する明日海の耳に、その時

ぶっ…くくく…あははっ!!

こらえきれない!といった様子の心菜の笑い声が聞こえてきた。

 

「やーぁだーぁ!20年も前のことまだ根に持ってるんですかーーーぁ??

 

心菜の言葉に、心や体がすり減らされていく感覚になる明日海。

 

何も知らない人達が、明日海と孔美子の過去について話を続けていく。

孔美子さんだってなにか理由があったかもしれないし、という言葉も聞こえてくる。

 

…もうやめて…

…砕けてすり潰されて、あの頃の私がいなくなっちゃう…

何も言葉を発することのできない明日海。

そんな明日海に、紗都が

「子どもの友達は親が選別することじゃないと思うよ」

と正論を言った。

 

なんで言っちゃったんだろう…

この場で言ってしまったことを後悔し、泣きそうな表情の明日海は「そうですよね…」と言いながら杏の手を握りキッズルームを出た。

 

紗都を見る孔美子の目が鋭く光った。

孔美子がお礼を伝えると紗都は謙遜したが、その時初めて孔美子を身近に感じることができた紗都はそこで自分の悩みを伝えた。

孔美子は紗都を自分のサロンに招き、年齢とともにファッションに自信がなくなっていくことに悩んでいたいた紗都に対してイメージコンサルタントの立場でアドバイスをした。

「自信をもって…」

口紅を塗ってもらいながら、憧れの孔美子にそう言われた紗都。

「嬉しいわ、紗都さんみたいな素敵な人とお友達になれるなんて」

紗都はすっかり舞い上がっていた。

 

おちたらおわりの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

おちたらおわりの最新刊(単行本)や最新話が連載されているBE・LOVEは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻orBE・LOVE1冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻orBE・LOVE3冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本2巻orBE・LOVE2冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでポイントの反映が登録と同時で、雑誌の読み放題や見放題動画が多数なので、かなり楽しめますよ!

※単行本は2019年8月時点で発売されていないので、発売された時の一般的な価格から算出しています。

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで「おちたらおわり」を今すぐ無料で読む!

おちたらおわり【第3話】(9月号)の考察・感想

以上、おちたらおわり【第3話】(9月号)のネタバレを紹介しました!

ついに孔美子に直接話しかけた明日海ですが…いや、覚えていないってウソですよね。

それが孔美子の表情や行動にたくさん表れていますし!!

過去の自分のことで新しい人間関係を壊したくはない明日海の気持ち…わかります。

特に子どものことは巻き込みたくない!!

一方、なにか悩んでいる様子のママに気付いて精一杯の気遣いをした杏は優しい子ですね。

そしてやはり…子どもの無邪気さはときに残酷なんですよねぇ…理央ちゃん…。

こういう時に限って(?)親子って似てるものなのか心菜もズケズケと言いたい放題…いるいる、こういう人…なんて言えない。

明日海の精神状態が心配です。

紗都からもなんだかマウント臭がしますよね…天然なのか計算なのか?

それぞれの立場と思惑が交錯するママ友集団…次回はどうなるのでしょうか??

この作品、画を見たら怖さとリアル感が倍増…ヒンヤリしたい方にもおススメです♡

※ヒンヤリはあくまでも個人的見解です♪

次回のおちたらおわり【第4話】(10月号)掲載のBE・LOVE発売日は8月30日です!

楽しみですね!