ワンピースの第950話を読みましたので、あらすじ・ネタバレをご紹介します!

2019年7月29日発売の週刊少年ジャンプ35号、最新話!

ワンピース【950話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

▷前回のワンピース【949話】ネタバレはこちら!

>>ワンピースのネタバレ一覧はこちら!<<
>>ワンピースの単行本を無料で読む方法!<<

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

無料で週刊少年ジャンプを読むことは現状では難しいですが、単行本なら無料で読むことが可能ですよ。

\ワンピースの単行本が無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

ワンピース前回のあらすじ

心が折れた侍達の目を覚ますため、あえて奇病に感染したルフィ。

チャンスをくれるような言葉に、囚人達は侍の心を取り戻す。

協力してダイフゴーやババヌキに反撃!

見事、「兎丼」の制圧に成功した。

ワンピース【第950話】のネタバレ

それは「兎丼」を制圧した直後の話。

 

キッドはルフィに尋ねた。

「また戦るのか、カイドウと」

 

病気に感染し、満身創痍なルフィ。

うつろな目でキッドを誘う。

「お前も一緒にやるか!?」

 

のんきなルフィに苛立つキッド。

能力を使って周囲にあった部品を集め、大きな左腕となり牢屋を破壊。

キラーを連れて外に出る。

 

「行こうぜキラー、仲間達を取り戻しに!!」

大事な相棒であるキラーは、牢屋に入ってからからおかしくなった。

同盟を組もうとしたホーキンスにも裏切られている。

キッドはもう誰も信じられない。

 

(俺達は、俺達の道を行く!!)

 

犠牲になった仲間を救うため、キッドは単独行動に出たのだった。

 

 

「兎丼」囚人採掘場内。

雷ぞうや河松の説明に、囚人となっていた侍達は納得できない。

「麦わらの男も海賊なのか!?」

「信用ならねぇ!いつ裏切るか」

カイドウも海賊。

同じ海賊であるルフィを信じられないでいた。

 

近くで様子を見ていたヒョウ吾郎親分も焦る。

(困った、皆生気は取り戻したが、何かが足りんな・・)

 

さらに、雷ぞうは元々フケ顔だ。

普通に20歳、「歳をとっている」と疑われる始末。

間接的な悪口に雷ぞうは傷つく。

 

肝心のルフィは、チョッパーと一緒に大きな岩陰に隠れていた。

高熱で体からは湯気がでて、今にも死にそうな顔である。

近くには、お玉とモモの助も立っていた。

 

チョッパーは激怒!

「効かない」とは強がっていたものの、実際は重症。

文句を言いながら、ルフィのために抗体をせっせと作る。

「強がって隠れてりゃ世話ねぇよ!苦しいだろ!?ウイルス」

 

モモの助も感心していた。

「ルフィはバカなのに、やっぱりすごいでござる」

 

ルフィは、体が弱っていても口は変わらない。

「お前ホントにバカだし臆病だし弱えしビビりだし、どうしようもねぇな!」

無礼な言葉の数々に、モモの助は激怒!

触ったら感染してしまう病気。

お玉が慌てて、殴りかかろうとするモモの助を抑えた。

 

ルフィは、生気を取り戻した侍達に必要なモノが何か分かっている。

「あいつらが待ってんのは、お前だろうが!」

岩を投げて、無理矢理モモの助を外に出させた。

 

物音に気付き、後ろを振り返った侍達。

モモの助を見て驚愕!

 

涙を流し、跪いて頭を深々と下げて言った。

 

「よくぞご無事で!」

 

モモの助も、20年前と姿が変わらない。

ここにいる侍達は、光月おでんに仕えていた者たちばかり。

モモの助の父親は、ずっとワノ国を支えてきた希望。

息子の姿を見て、侍達は当時の自分を思い出したのだ。

 

あまりの重圧に、最初はモモの助もビビる。

でも、これはチャンス。

ゆっくりと事情を話し始めた。

「皆聞いて欲しい、あの日、おでん城で何がおきたか・・・」

 

モモの助のたくましい姿に、嬉しそうな河松。

だが、どうやら急ぎ行きたい場所があるらしく、雷ぞうと決戦前に合流する約束をし、ひとり離れた。

 

 

ワノ国、九里。

そこには酒天丸、錦えもん、イヌアラシの姿があった。

目の前には、たくさんの墓が広がる。

それは全て、カイドウに立ち向かって死んだ侍達の墓であった。

 

ワノ国で苦しい思いをしてきた侍達。

20年という歳月はあまりにも長い。

自分達は歳を取り、体力は衰えるばかり。

帰ってくる保証もない人を待てるほど、精神的に余裕はなかった。

 

おでんが死んで10年経った頃の話。

酒天丸は仲間を必死に呼び止めた。

「あいつらを信じろ!錦えもん達は必ず帰ってくる!モモの助様を連れて」

 

だが、オロチに従わない者に食べ物などない。

戦う前に病気になる者も多かった。

育てた畑はカイドウ軍に焼かれ、井戸は壊される。

もう、我慢の限界!

 

でも、大軍で攻めねば犬死にするだけ。

酒天丸は何度も止めた。

でも、侍達の意思は変わらない。

どうせ死ぬなら、最後ぐらい侍として死にたい・・・

 

刀を振り上げ、笑顔をみせる仲間達。

「声を上げろ!捨名―ッ知(スナーッチ)」

鬼ヶ島を目指して船を漕ぐ仲間達。

酒天丸は、悔しさのあまり涙を流したのだった。

 

墓を目の前にして、過去を思い出してた酒天丸。

なぜ、20年もの歳月が必要だったのかは分からない。

 

でも、カイドウを倒せば全てが分かるはずだ。

酒天丸も、おでんを心から信頼している。

刀を振りかざし、引き連れた仲間呼び掛けた。

「光月の名において『鬼ヶ島』へ討ち入り、海賊カイドウと将軍オロチの首を取る!覚悟がある者はついて来い!」

 

酒天丸の呼び掛けに、この時を待っていたとばかりに仲間も声を上げる。

嬉しそうな錦えもん。

 

酒天丸は、錦えもんに言った。

「お前らは、あの日のままだろう、おいどん達ァ増して20年分強いェど」

「なぁ、イヌ」とイヌアラシと肩を組み、「確かにそうだ」とイヌアラシも大笑い。

「黙れジジイ共!足を引っ張るなよ!?」

怒り出す錦えもん。

赤鞘同士のケンカを仲間は慌てて止めた。

 

 

『花の都』のはずれの森。

ゾロが敵を倒し、刀を鞘に納めていた。

周囲には忍者が何人も倒れている。

 

ゾロの背後にあるのは『閻魔堂』

お堂の中には、ひよりが隠れていた。

ゾロはひよりを守るため、敵と戦っていたのである。

 

「すいません、私が足手まといに」

申し訳なさそうに謝るひより。

彼女に死なれては、ゾロもモモの助に合わせる顔がない。

なにより、ゾロはひどい方向音痴である。

ひよりに道案内してもらわなければ、森の中ではすぐに迷子になるだろう。

 

目指すは『鈴後』のおいはぎ橋。

ゾロも盗まれた名刀、秋水を取り戻さなければならない。

お堂に横たわり、ゾロは言った。

「オロチを許さねぇ、トノヤスの仇は必ず討つ」

 

すると、ひよりは涙を浮かべて悔しそうに言う。

「オロチは・・・私の手で殺したいくらいです」

 

 

場所は変わり、花の都。

牢屋の前には、ドレークとホーキンスが会話していた。

 

ホーキンスはニヤリと笑って言った。

「ああ、簡単な仕事だ、吐いてくれればすぐに終わる」

 

牢屋の中には、なんと血だらけになったローの姿があった。

ホーキンスはローを利用して、ワノ国で一体何を企んでいるのか、聞き出そうとしていたのである。

 

▽次回のワンピース【第951話】のネタバレはこちら▽

漫画|ワンピース【第951話】のネタバレ・感想!カイドウとビッグマムが衝突!?

スポンサードリンク



ワンピースの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

ワンピースの最新刊(単行本)は下記の3つサービスで無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本2巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでポイントの反映が登録と同時で、雑誌の読み放題や見放題動画が多数なので、かなり楽しめますよ!

期間限定で1巻無料などのキャンペーンもあるのでお見逃しなく!

また、週刊少年ジャンプを読みたい方は公式サービスの「ジャンプ+」がおすすめです。こちらは定期購読で900円とお得になっており、毎週月曜午前5時から配信となっております!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで「ワンピース」を今すぐ無料で読む!

ワンピース【第951話】考察

【河松が向かった場所】

泥水すすって、13年牢獄で耐えた河松。

モモの助の姿に安心したあと、急ぎ行くべき場所があると、兎丼を離れましたよね。

おでんの優秀な部下、赤鞘九人男。

唯一まだ登場していないのが、傳ジローです。

河松はもしかしたら、決戦に備えて傳ジローを呼びに行ったのかもしれません。

もしくは、河松は見た目の通りカッパですよね。

河松にはたくさんのカッパの部下がいて、一緒に戦ってもらうため、一度カッパ王国に帰った可能性も考えられます。

【ゾロが名刀を取り戻す】

泥棒に盗まれた、ゾロが持っていた名刀『秋水(しゅうすい)』

ワノ国からすれば国宝らしく、「貴様に価値など分からぬ!」と言われ盗まれてしまいました。

秋水は、スリラーバーグでリューマを倒して受け継いだものですよね。

次回は、ゾロが名刀を取り戻すのではないでしょうか。

リューマは、ワノ国の伝説の剣豪です。

盗んだ泥棒も何者か分かっていませんし、取り戻した時に正体が分かるでしょう。

そして実は、泥棒はリューマの部下で、ゾロの仲間になったら面白いですよね!

ワンピース【第950話】感想

今回も展開が大きく動き、ローの現在の状況も知る事ができました。

残念ながら、ホーキンスに捕まったようですが、ローはニヤリと笑っていましたね。

おそらく、仲間のために素直に捕まったのでしょうが、何か作戦があるのかもしれません。

また、20年間耐え続けた酒天丸やイヌアラシ。

犠牲となった仲間の想いを晴らすべく、いよいよ決戦へと挑みます。

少しずつモモの助もたくましくなっていますし、次回の展開が楽しみです!