ワンピースの第954話のあらすじ・ネタバレ・考察予想をご紹介します!

2019年9月2日発売の週刊少年ジャンプ40号、最新話!

ワンピース【954話】を読んだので、あらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

▷前回のワンピース【953話】のネタバレはこちら!

>>ワンピースのネタバレ一覧はこちら!<<
>>ワンピースの単行本を無料で読む方法!<<

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

無料で週刊少年ジャンプを読むことは現状では難しいですが、単行本なら無料で読むことが可能ですよ。

\ワンピースの単行本が無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

ワンピース前回のあらすじ

日和を失った悲しみから、切腹しようと『鈴後』のおいはぎ橋を訪れた河松。

そこには大名・霜月牛マルの相棒、狛狐の“オニ丸”がいた。

刀を墓標にする鈴後の風習を利用し、決戦に備えて河松は刀を集めようと決意する。

最初はオニ丸も反抗したが、河松の気持ちを察し協力するようになった。

そして、河松が捕まってから13年後。

ゾロが秋水を取り返そうと牛鬼丸を追いかけると、地下への通路に案内される。

河松が確認すると、13年間より明らかに刀が増えていた。

実は牛鬼丸の正体は、化けたオニ丸!

河松が姿を消したあとも、オニ丸は牛鬼丸となって武器を集めていたのである。

日和も、名刀「秋水」をワノ国へ返すべきだとゾロへ助言。

その代わり、父から譲り受けた名刀「閻魔」を差し上げると提案した。

ワンピース【第954話】のネタバレ考察・予想

ネタバレは考察の後に記載しています!

名刀は閻魔堂にある

リューマから引き継いだ名刀「秋水(しゅうすい)」

ゾロが考えていた以上に、ワノ国にとって大事な宝のようです。

それに見合うだけの名刀「閻魔(えんま)」を日和がくれると言うのですから、ゾロも大人しく提案を受け入れるのではないでしょうか?

 

日和の口から「閻魔」という言葉が出る前にも、950話で登場していましたよね。

敵の忍者から日和を守るため、森の奥『閻魔堂』にてゾロが戦うシーンがありました。

おそらくですが、この『閻魔堂』におでんが使っていた名刀『閻魔』が眠っているはずです。

日和は女性ですし、兄のモモの助もまだ8歳の子供。

父親から引き継いだ刀とはいえ、扱うのは厳しいでしょう。

だからこそ、決戦に備えてゾロへ差し出す決意をしたのだと思います。

それだけゾロを信用している証でもありますよね!

 

名刀・閻魔でゾロがレベルアップ

現在、ゾロが持っている刀といえば

・和堂一文字

・三代鬼徹

・秋水→閻魔?

でした。

鷹の目ミホークの元で2年間修行した事により、ゾロは覇気の「武装色」を使えるようになっています。

武装色を極めると、体が真っ黒になるのが特徴でしたよね。

ドフラミンゴの部下、ヴェルゴの体が真っ黒になった姿を覚えている人も多いのではないでしょうか?

ところがリューマの登場で、刀も黒色になる事がわかりました。

それを「黒刀になる」という表現をします。

要するに、武装色の達人になれば肉体だけでなく、刀までレベルアップできるわけです。

ゾロは、今の段階では「黒刀になる」までに達していません。

そこで、閻魔をゲットした上でカイドウとの戦いを経験し、武装色の達人へとレベルアップすると予想しています。

ただ、黒刀になるのは『閻魔』ではなく、『和堂一文字』のような気がしてなりません。

和堂一文字といえば、ゾロの幼馴染みであるくいなの形見でしたよね。

今のゾロの実力では、3本一気に黒刀になるとは考えにくいので、まずは思い入れのある『和堂一文字』が黒刀になると考えています。

 

編笠村に全員集合

952話で、錦えもんが「編笠村を拠点とする」と言って移動していました。

なので、954話では麦わらの一味を含め、赤鞘九人男も編笠村に集結するのではないでしょうか。

ここで、今の段階での居場所をおさらいしておきましょう。

 

『鈴後』ゾロ・日和・河松

『兎丼』ルフィ・チョッパー・モモの助・お玉・雷ぞう・お菊・ヒョウじぃ

『花の都』サンジ・しのぶちゃん

『九里・編笠村』ナミ・フランキー・カン十郎・錦えもん

『九里・廃港の伊達港』酒天丸・イヌアラシ

 

ウソップ・ロビン・ブルック・おトコは、小舟で川を下っている最中なので、そのまま九里へ向かうと思われます。

最初の判じ絵では『白舞・刃武(ハブ)港』が集合場所でした。

でも、足が2本足されたので『九里・廃港の伊達(イタチ)港』に変更になったと予想しています。

 

さらに、952話で各郷の親分4人が兎丼で登場しましたよね。

『兎丼』血文字の大マサ

『白舞』破れ笠綱ゴロー

『鈴後』夕顔のお蝶

『希美』蛇の目の弥太っぺ

今でもヒョウ五郎親分を慕っていましたし、義理人情が厚いワノ国のことですから、各郷の親分が呼び掛ければさらに仲間が増えるでしょう。

そして、花の都で捕まっている仲間も解放すれば、5000人近くの侍が集まるはず!

 

ちなみに、鬼ヶ島でのカイドウVSビッグマムのケンカはまだ続くと思われます。

このまま2人を放置するわけにもいかないので、キング・クイーン・ジャックは鬼ヶ島を離れないでしょう。

お玉のきび団子でババヌキを仲間にできたことで、クイーンは今も兎丼は「異常なし」だと信じていますからね。

そうなれば、かつてない程の大人数で鬼ヶ島に乗り込み、大規模な衝突となるではないでしょうか?

想像しただけでもワクワクする展開です!

スポンサードリンク



ワンピース【第954話】の確定ネタバレ

等価交換

ワノ国『鈴後』

鬼ヶ島討ち入り7日前に、

河松のおかげで大量の刀を入手。

 

雪が降る中話す、河松・日和・ゾロの3人。

河松は声を荒げた。

 

「ダメです、日和様!!

おでん様の形見を手離すなど!」

 

だが、日和の意志は変わらない。

実は光月おでんは“大刀二刀流”の剣士

 

処刑される前に

モモの助に“天羽々斬(あまえのはばきり)

日和には“閻魔(えんま)

という名刀を託した。

 

どちらも名工が打った由緒正しい刀。

ゾロが取り返したがる秋水(しゅうすい)の交換条件としては申し分ない。

 

おそらく、名刀“秋水”はモリアによって盗まれたのだろう。

だが、ワノ国にとって大事な“神器”

日和は力強く言った。

 

「“秋水”はこの国に

奉納してください!」

 

ゾロは要望を受け入れる。

 

「んー変わりをくれるんなら・・・

リューマとは、死体とはいえ

一戦交えた仲だ、わかった

刀は返すが後で墓参りさせろ」

 

河松は驚いて余計に止めた。

 

「妄想が激しい!

大丈夫ですか、コヤツ!姫!」

 

花の都・牢屋敷

「鬼ヶ島」討ち入り6日前の出来事。

羅刹町の侍達は未だ解放されず。

1000人にものぼる仲間達は、

解決策もなく悔しそうにしていた。

 

ところが、牢屋敷の中では

驚くべき光景が目に入る!

 

ローは刀を向けて尋ねた。

 

「お前らの同盟は

一体どうなったんだ?

お前と、キッドとアプーの

3つの海賊団の」

 

血だらけで壁にもたれて座るホーキンス。

どうやら一戦交えて負けたようだ。

 

「おれ達はハメられたんだ・・・

スクラッチメン・アプーは

元よりカイドウの傘下に入っていた

 

ホーキンスが言う通り、

最初から騙していたのはアプーだった。

 

カイドウと直接対決しても勝ち目はない。

ホーキンスの勝利確率は0

生き残るためにカイドウの傘下になった。

 

だが、キッドとキラーは違う

動けなくなるまで戦い続けた。

でも、カイドウは2人を殺さない。

心を折り服従させようとした。

そして、洗脳されたのがキラーだったのだ。

 

ホーキンスはキッドが屈するとは思えず、

そのまま死んだと予想。

仲間達はオロチに好き放題使われている。

 

ホーキンスは笑いながら言った。

 

「お前と麦わらの同盟は

うまくやってるな・・・

仲良くワノ国にやってきて

どうだ、気は変わったか?」

 

「おれに質問するな」

 

ザクッ!

 

そう言ってローは、牢屋からでた。

背後から近づく一人の人物。

ローは振り向くことなく言った。

 

「おれを逃がす事が

お前の陰謀なら乗ってやるよ」

 

兎丼・囚人採掘場

ガン!ゴン!

採掘場に響き渡る音。

ヒョウじぃは声を荒げる。

 

「敗北を思い出せ!

時間はないぞ!敵は怪物

だが必ずやれる!!」

 

鋼鉄の壁に向かってパンチするルフィ。

響き渡る音は、鋼鉄がコンニャクのように

穴が開いていく音だったのだ。

叫びながらパンチを繰り返す。

 

「うあぁ~!!」

 

討ち入りまで、あと5日。

ルフィにも気合が入っていた。

九里・編笠村

編笠村を拠点とした錦えもん。

タニシを通じて各地に連絡する。

 

「『判じ絵』に変更がある

ハブの腹に線二本!

これが康イエ殿のメッセージ!」

 

ワノ国出身の者なら場所はすぐに解った。

 

九里・伊達港では船を整備。

フランキーが活躍している。

兎丼では、兵器を準備。

鈴後では、刀を回収。

希美では、反逆者の統率が行われていた。

 

実は、ワノ国には6つの港がある。

希美には『根子(ネコ)港』

鈴後には『帰(カエル)港』

九里には『伊達(イタチ)港』

白舞には2港。

『刃武(ハブ)港』と『潜(モグラ)港』

兎丼には『常影(トカゲ)港』

 

ハブに足を足せばトカゲ。

変更された集合場所は『常影港』だった。

討ち入りを敵に邪魔されないように、

康イエが手を打ってくれていたのである。

 

錦えもんは、震える程悔しがる。

 

「最期の最期まで

恩人の手を煩わせてしまった

これに報いねば武士の恥!」

 

周囲にいた者も賛同する。

錦えもんが座っている周りには、

仲間達が集まって話を聞いていた。

 

赤鞘九人男では、カン十郎・雷ぞう・酒天丸・イヌアラシ・河松

麦わらの一味では、ナミ・サンジ・ロビン・ゾロ・ブルック

おトコやモモの助、しのぶもいる。

 

傳ジローは未だに情報がないが、

理想的に兵力は増えている。

上手くいけば、目標の五千人も夢じゃない。

 

錦えもんは力強く声をあげた。

 

「ああ、始めよう!

作戦会議!!」

 

白舞にナンバーズ登場!?

ここで、おさらいしておこう。

 

ワノ国に入国する方法は2つ。

ルフィ達がやった方法と同じように

鯉に船を引かせて一か八かの入国。

 

2つ目は、滝を割り洞窟を通過する方法。

もちろん、カイドウやオロチの許可なしでは、無事に滝は通過できない。

 

洞窟の終点は『潜(モグラ)港』

そこからゴンドラで引き上げる。

地上まで上がると「白舞」に通じていた。

 

そんな白舞の入国入口付近。

アプーが上機嫌でカイドウに報告。

 

「白舞に到着したぜ!

年に一度の“金色神楽(こんじきかぐら)

仲間外れはゴメンだぜ」

 

カイドウ曰く、今年の宴は一層派手にやるらしい・・・

 

アプーの背後で、壁に隠れて様子をうかがう子供2人。

男の子は泣きながら言った。

 

「お、鬼ヶ島『ナンバーズ』

逃げよう、早く!食べられちゃうよ!」

 

霧の中をうごめく巨大な複数の鬼達。

子供達は恐怖でブルブル震える。

 

一方で場所は変わり、鬼ヶ島。

酒をたんまり飲むカイドウとビッグマム。

さすがのクイーンも動揺を隠せない。

 

「何だ、殺し合いから

友情でも芽生えたか!?」

 

すると、カイドウとビッグマムは肩を組みながら、声を合わせて宣言した。

 

「我々『百獣海賊団』と!

『ビッグマム海賊団』は!

『海賊同盟』を結ぶ事にしたぞォ!」

 

「えぇええええ!!?」

 

周囲はビックリ!

最悪の協定が結ばれてしまったのだ!

 

▽次回のワンピース【第955話】のネタバレはこちら▽

漫画|ワンピース最新話【第955話】のネタバレ・考察!9月9日は休載

スポンサードリンク



ワンピースの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

ワンピースの最新刊(単行本)は下記の3つサービスで無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本2巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでポイントの反映が登録と同時で、雑誌の読み放題や見放題動画が多数なので、かなり楽しめますよ!

期間限定で1巻無料などのキャンペーンもあるのでお見逃しなく!

また、週刊少年ジャンプを読みたい方は公式サービスの「ジャンプ+」がおすすめです。こちらは定期購読で900円とお得になっており、毎週月曜午前5時から配信となっております!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで「ワンピース」を今すぐ無料で読む!

ワンピース【第954話】感想

953話でのオニ丸の健気さには感動しましたね。

日本の昔話でも、化け狐や化け猫などの話があるように、オニ丸もまた熱い想いから人に化ける事ができたのだと思います。

河松とオニ丸は、互いにいなくなったと思っていても心は繋がっていたわけです。

おそらく、使命を果たしたオニ丸が再び登場するのは先になるでしょう。

カイドウを倒して、ワノ国に再び平和が訪れた時、おいはぎ橋で河松と再会するのではないでしょうか。

もちろん、自分が牛鬼丸だという事実は明かさずに・・・

武器・船・仲間と、着々と準備が整ってきました!

ところが!

ここにきての、カイドウとビッグマムの同盟!?

カイドウの酒グセの悪さは困ったものです。

さらには、謎の鬼達『ナンバーズ』が初登場。

姿は明らかにされていませんが、とにかくデカイ!

山ぐらいのサイズ感がありましたが、どんな敵なのでしょうか!?

展開が気になるところですが、次回は残念ながら休載・・・

2週間後を楽しみに待ちたいと思います!