ワンピースの第960話のあらすじ・ネタバレ・考察予想をご紹介します!

20191028日発売の週刊少年ジャンプ48号、最新話!

ワンピース【960話】を読んだので、あらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

▷前回のワンピース【959話】のネタバレはこちら!

>>ワンピースのネタバレ一覧はこちら!<<
>>ワンピースの単行本を無料で読む方法!<<

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

無料で週刊少年ジャンプを読むことは現状では難しいですが、単行本なら無料で読むことが可能ですよ。

\ワンピースの単行本が無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

ワンピース前回のあらすじ

決戦2日前。

各郷では、鬼ヶ島討ち入り準備が完了。

来たるべき時まで、用心しながら集合しようと決めていた。

九里「編笠村」では、ルフィがもらった兜で準備万端!

ジンベエがワノ国に来るのを待っていた。

ミンク族としては、満月になるかどうかよりも、ネコマムシの旦那と侠客団(ガーディアンズ)が間に合うかどうかが重要だったのである。

九里「おこぼれ町」では、農園の食糧を食べた犯人探しでホールデムが姿を現していた。

脅してくるホールデムを、必死になだめるお鶴さん。

侍達の討ち入りを知っていた町人は、自ら食糧泥棒としての罪を被り焼かれた。

さらに、決戦前夜。

オロチの指示のもと、百獣海賊団は「常影港」につづく橋を全て爆破

集合場所に誰も集まれないように仕向けたのである。

そして、現在。

兎丼「常影港」では、錦えもんを含めた9人しか集まっていない。

これ以上の潜伏は不可能。

バレたら、カイドウの軍が制圧にくるのは間違いない。

止めるモモの助に、涙ながらに錦えもんは訴える。

おでんに出会わなければ、みんな未熟者揃い。

最期までおでんの侍でありたい!

赤鞘九人男の思いは1つだった。

思い出すのは、おでんの口癖「窮屈でござる」

話は、39年前の都へとうつる。

ワンピース【第960話】のネタバレ

チンピラだった錦えもん

これはまだ、ワノ国に工場もなく、自然豊かで食料も豊富だった頃の話。

 

峠の茶屋では、看板娘の鶴女(つるじょ)が山から戻って来た男共に茶を出していた。

美しいお鶴。

男共の顔も無意識にデレてしまう。

 

男共の話では、1年探し回ってやっと幻の動物を捕まえたそうだ。

お鶴に自慢したかったのだろう。

箱を開けて幻の動物を見せた。

 

中身は真っ白な猪!

このイノシシを都に連れて行けば、“1白金”になる代物。

1白金もあれば立派な家が建つ。

お鶴も驚いた。

 

なぜ、イノシシにそんな価値があるのか?

何でも「黒駒」の親分が“幻の白猪” を店頭の見世物にしたいと、賞金がかけられていたようだ。

 白い猪は“神様の使い”と言われている。

お鶴は見世物にする事を止めたが、男共はただの珍獣に過ぎないと笑った。

 

お鶴が男共と話をしていると・・・

店の奥から何やら物音が。

 話を止め、お鶴はお金を持っていた男の襟首を掴み、地面へ叩きつけ激怒する。

 

「また、あたしの財布から

お金を抜いたね!?

錦えもん!!」

 

奥から聞こえた物音は、錦えもんがお金を盗んだ音だったのだ。

錦えもんは許せと暴れる。

 

「いだだだ、よせ鶴女!

ガキの頃からの付き合いじゃねェか!」

 

錦えもんは言い訳するが、お鶴には全てお見通し。

なにより、今回が初めてではない。

錦えもんは金を盗んではギャンブルに使ってしまい、お鶴に対してもたくさんの借金をしていた。

お鶴は鬼の形相で忠告する。

 

「次あたしの金に手をつけたら

あんたの内臓売っちまうよ

金返せねェんなら

身ぐるみ全部置いていきな!」

 

お店の中で大ゲンカ!

見兼ねた男共は、お代だけ置いて茶屋を去って行った。

 

だが、話はここで終わらない。

男共の帰り道を先回りした錦えもん。

道の途中で男共を襲い、幻の白猪を奪ってしまったのだ。

 

「コイツを黒駒の親分に渡せば

おれは」

 

笑いが止まらない錦えもん。

イノシシを袋に入れ、男共からは身ぐるみも財布も全部盗んだ。

 

息子に手を焼くスキヤキ

都にそびえ立つ立派な城。

とある一室では、ワノ国将軍の光月スキヤキが呆れた顔で座っている。

どうやら、息子のおでんがやらかした出来事を家臣から説明されているようだ。

 

最初の報告は、おでんの違法出国

試みた回数は今回で38回。

ちなみに、今回も失敗している。

 

おでんは小さい頃から荒れていた。

 

0歳の時は、乳母を投げ飛ばす。

2歳の時は、兎を二羽同時に捕獲できるほどの足の速さを得る。

4歳の時は、大岩を投げて熊を撃破。

6歳の時は遊郭へ入り浸り、城のお金を使い込んだ。

8歳の時は酒の勢いで博徒達と大ゲンカ。

9歳の時点で、ヤクザ達のブラックリスト入りを果たし、賭場の出入り禁止へ。

腹が立ったおでんは、腹いせに賭場に火を点け、ヤクザと抗争。

10歳の時に暴行傷害で逮捕される。

囚人として服役していた時に、石切り場で石工の棟梁までに登り詰める。

 

ひどい息子の経歴。

スキヤキは頭を抱える。

少しでも良いニュースを届けたい家臣は、14歳の時の話をし出す。

 

都で日照りが続き水不足に陥る。

苦しむ人々をみたおでんは、川を曲げて都に水を流した。

ところが、これで大水害を起こしてしまい、再び逮捕命令が出てしまう。

 

結局、おでんは追われる始末。

そこで、15歳の時に山寺の住職を脅して、寺に隠れ住んだ。

毎晩、都の女達を連れ込んでは、ハーレムを築き上げたと言う。

 

だが、その女達には夫も恋人もいた。

おでんに奪われた女達を連れ戻すため、侍達が立ち上がる。

最終的にはヒョウ五郎一家まで加わり、“ハーレムの乱”は相当荒れたらしい。

 

おでんは現在18歳。

未だに問題が尽きない。

家臣の説明にうんざりしたスキヤキ。

1枚の紙を手渡した。

 

「・・・何も言わずに・・・

これをおでんに渡して来い・・・」

 

紙には“絶縁”と書かれていた。

 

傳ジロー登場!

華やかな都では、お金を盗んだ錦えもんが追手から必死に逃げていた。

奪った白猪を黒駒一家に届ければ大金が手に入ると説明するが、普段の行いが悪いのだろう。

全く信じてもらえない。

 

錦えもんの話は、手下からヒョウ五郎親分の耳に届く。

当時は体格も良く、いかにもヤクザの親分らしい姿でタバコをふかしていた。

ヒョウ五郎親分は手下に忠告する。

 

「きんえもん?・・・あァ

ウチの金盗んだガキか・・・

とっ捕めェて全身の皮ァ剥いでやれ

だが、一対一ではやるな

アレはお前らよりも強ェ

 

 

都の一角にある道具屋では、ある少年が買う鍋を間違えたと返品しに来ていた。

 

さきほど勝った鍋は30銀

この鍋を下取りしてもらって、最初に払った30銀と足せば、60銀のデカイ鍋がもらえると店主に説明する。

店主も少年の説明に納得。

 

「そうだな!まいどあり!」

 

いやいや、どう考えてもおかしい計算。

店主は結局30銀しかもらえていない。

対して少年は、60銀のでかい鍋をもらえただけでなく、下取りした30銀までチョロまかす始末。

道具屋も気付いても良いものだが、店主をだました少年こそ、都の身なし子“傳ジロー”だった。

 

建物の物陰に隠れていた錦えもん。

チョロまかした直後の傳ジローに、こっそりと話し掛ける。

 

エキセントリックおでん

花の都「火葬場」

泣きわめく少女。

火葬場にいた親族は、近くを通りかかった侍に助けを求める。

 

少女が泣いていたのは、勝ぞうおじいちゃんが亡くなったからではない。

火葬が終わり、皆でお骨を拾いに行こうとしたら・・・

 

なんと!

遺体を燃やす炎でおでんをじっくり煮込む不届き者がいるではないか!

残された家族はどうしていいか分からず、ただ涙を流すしかなかったのだ。

 

呆れる侍。

火葬場に視線を送ると、おでんをじっくり煮込んでいる人物は“光月おでん”!?

骨だけになった亡骸の上に大きな鍋を置き、おいしくおでんを食べている!

なんたる故人への侮辱!!

 

おでんは、一心不乱におでんを食べ酒を飲み、鍋に残った汁まで飲み干す。

食べ終わったおでん。

火葬場に酒を置いて言った。

 

「・・・そいじゃあな!

 勝ぞう・・・!

 次に飲む時ゃあの世だな

 では、ごめんなすって

 ご親族さん方」

 

やっている事は破天荒だが、どうやら亡くなった勝ぞう爺さんに対する、おでんなりの最後のはなむけだったようだ。

意図を理解し、その場にいた妻と娘はおでんにトキめく。

これが噂のおでん節だった。

 

おでんが都を歩いていると、どうにも都中が騒がしい。

騒がしいどころか、皆急いで逃げている。

大火事が起こったと思ったおでん。

火の見やぐらにいる者に尋ねた。

 

「おい!火はデカイのか!?」

 

男は怯えながら答える。

 

「デカイのは火よりも・・・」

 

怯えるのも無理はない。

山のように大きい猪が都中を駆け回っているではないか!

 

実は、錦えもんが盗んだ白猪は“山の神”の子供。親イノシシが我が子を追い求めて、都までやって来たのである。

黒駒の親分が白猪を探しているのは、どうやらヒョウ五郎一家を潰したい狙いもあったらしい。

 

錦えもんに白猪の説明をする傳ジロー。

だが、気付いてももう遅い。

都は大変なことになっている!

 

そんな2人の会話を近くで聞いていたおでん。2人に提案した。

 

「面白ェ話聞かせてもらったぞ

 どこの誰だか知らねェが・・・

 その猪おれによこせ!

 

>>ワンピースのネタバレ一覧はこちら!

スポンサードリンク



ワンピースの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

ワンピースの最新刊(単行本)は下記の3つサービスで無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでポイントの反映が登録と同時で、雑誌の読み放題や見放題動画が多数なので、かなり楽しめますよ!

期間限定で1巻無料などのキャンペーンもあるのでお見逃しなく!

さらに!TVアニメ・映画も見放題で配信中!

なんと見放題としてワンピース作品が51作品も見放題なのです!

最新映画などもポイントで配信しており、無料でもらえる600Pを使えば無料視聴が可能なので、漫画かアニメか選んで使いましょう!

また、週刊少年ジャンプを読みたい方は公式サービスの「ジャンプ+」がおすすめです。こちらは定期購読で900円とお得になっており、毎週月曜午前5時から配信となっております!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで「ワンピース」を今すぐ無料で読む!

ワンピース【第960話】感想

想像以上の荒くれ者、おでん!

モテ男ではあったようですが、都の皆から嫌われて、父親のスキヤキからも勘当される程ひどかったようですね。

ただ、経歴をみる限り強いことは確か。

川すら曲げられるなんて、悪魔の実の能力者なんでしょうか?

また、傳ジローの姿も今回初公開されましたね。

見た目は至って普通。

傳ジローみたいなヤツ、今まで登場してきたかな・・・謎が深まった気がします。

お鶴さんも美人だったな~

どういう経緯で可愛いお鶴さんから、現在の浮世絵顔になったのか疑問です。

そして、若い頃はチンピラだった錦えもん。

都全体を騒がす出来事に、おでんはどうやって対処するのか?

2歳の頃から駿足だったみたいですからね、もしかしたら、イノシシを持って逃走するのかもしれません。

次回のおでんの行動が楽しみです!