ワンピースの第962話のあらすじ・ネタバレ・考察予想をご紹介します!

20191118日発売の週刊少年ジャンプ51号、最新話!

ワンピース【962話】を読んだので、あらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

▷前回のワンピース【961話】のネタバレはこちら!

>>ワンピースのネタバレ一覧はこちら!<<
>>ワンピースの単行本を無料で読む方法!<<

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

無料で週刊少年ジャンプを読むことは現状では難しいですが、単行本なら無料で読むことが可能ですよ。

\ワンピースの単行本が無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

 

映画「ワンピース フィルムゴールド」が見放題!
U-NEXTなら映画ワンピースシリーズも配信中で人気のフィルムゴールドは見放題!
31日間の無料期間で何度でも視聴可能です

\ワンピースのアニメ・映画も配信!/

 

ワンピース前回のあらすじ

山の神の子供“白猪”を都へ連れて来てしまった錦えもん。

おかげで親イノシシが都で大暴れ!

人や家ごと飲み込んでいく。

錦えもんの前に現れたのは猪の誘拐犯。

白猪を取り戻すべく、お鶴を人質にして一緒に山を下りていたが、途中で親イノシシに食べられてしまったと言う。

お鶴を失ったと知った錦えもん。

お鶴を取り返すため、親イノシシに挑むが全く歯が立たない。

そこに現れたのは光月おでん!

二刀流“桃源白滝”で親イノシシを倒してしまった。

丸飲みされた人は胃の中で生きており、お鶴も無事帰ってこられた。

おでんのカッコよさにホレた錦えもんと傳ジロー。

一番弟子になるべく、勝手におでんについて行く。

スキヤキから都追放されたおでんは、白舞の大名康イエの元へ。

おでんを過度にもてなすのは、康イエのコマ使い“オロチ”だった。

ワンピース【第962話】の考察・予想(本ネタバレはこの後)

ワンピース【第962話】のネタバレ考察・予想

961話では、おでんが圧巻の剣技を披露。

混乱していた都を一発で救ってしまいましたね~

錦えもんや傳ジローが、おでんにホレるのも分かる気がします!

 

そして、最後に白舞で登場したオロチ

どうやら、当時は康イエ大名の下っ端だったようです。

 

コマ使いのオロチが、どうやってトップまで登り詰めたのか?

技から分かる光月おでんの強さとは?

 

今回は、オロチとおでんにスポットを当てて考察してきたいと思います!

 

黒炭オロチの下克上ヒストリー

961話で分かった衝撃の事実!

オロチは、霜月康イエのコマ使いだった事が分かりました。

コマ使いと言うのは、いわゆる雑用みたいなもので、一番ランクの低い身分と言っていいでしょう。

 

39年後のオロチといえば、ワノ国将軍!

下っ端から将軍まで登り詰め、さらには世話になった康イエを処刑。

経歴だけ見ると、ねじ曲がった性格のように感じます。

 

だって普通、自らの手で康イエを殺します?

コマ使いだった時は、おでんの足元が汚れないように、水たまりに自ら飛び込んだ男がですよ?

ひどい変わり様ですよね~

よほど腹黒い男だったのでしょう。

 

「康イエ様に拾って頂いた」と言っているものの、野心溢れたオロチのことです。

目的があって康イエに近づき、下克上できるタイミングを伺っていたのでしょう。

当時のオロチは、見た目からして強くなさそうな印象です。

おそらく、『ヘビヘビの実』を手に入れてから欲が出て来たのではないでしょうか。

 

ヘビヘビの実は、八つの頭を持つ大蛇“ヤマタノオロチ”に変身することができます。

相手を脅すのに使う程度で、まだオロチが戦ったところは描かれていません。

なので、正式な強さは不透明です。

しかし、強者を束ねるくらいですから、ヘビヘビの実の能力は意外と強いのかもしれません。

 

オロチが将軍まで登り詰めたのは、悪魔の実が理由ではありません。

 

・四皇カイドウと手を組む

・人造悪魔の実「スマイル」を住民に食べさす

 

屈強なカイドウを味方にできれば、ある程度の相手を脅して従わせる事ができます。

また、住民に「スマイル」を食べさせる事で“笑う”以外の感情を奪いました。

どんなに辛くても、笑うことしかできない。

これは人格を奪われたようなもの。

国民の心を「スマイル」で折ったのです。

力を手に入れたところで、希望だった光月家を追い込みました。

 

確かに、おでんはとんでもない遊び人で、破天荒な男。

でも、自分にも周囲にも嘘をつくような奴じゃありません。

それどころか、真っ直ぐすぎる生き様に男達が憧れたほどです。

たとえオロチに嘘の情報を流されても、言い訳せずに戦ったのでしょう。

でも、カイドウには勝てなかった。

錦えもん達が悔しがるのも分かりますよね。

 

オロチは、世界最強の諜報機関「CP0とも交渉している姿が描かれています。

非加盟国でありながら、世界政府とは繋がっていたわけです。

取引上手なオロチ。

悪事に関しては大変賢い男でした。

 

全ては私欲のため。

自分以外は誰にも幸せにしないオロチのやり方。

人からの支持ではなく、力だけでねじ伏せて制圧して来たわけです。

ワノ国一番の嫌われ者はおでんではなく、間違いなくオロチ。

機密特殊部隊のドレークも動き始めていますからね。

オロチの下克上ヒストリーも、そろそろ終止符が打たれるのでは?

個人的には罰として、将軍から再びコマ使いに戻って欲しいですね!

 

おでんは覇気が使えた?

おでんが親イノシシを倒した技、二刀流『桃源白滝』

一発で仕留めるほど威力は凄まじいものでしたが、さらに注目すべきポイントが!

 

刀が黒刀になってる!?

 

「黒刀ってなに!?」って話なんですが・・・

要するに、普通の刀が本人の力によってグレードアップしたと考えて下さい。

 

黒刀にするためには、“武装色の覇気”を使えるようにならないといけません。

文字通り、黒刀とは黒い刀になること。

武装色の覇気を会得すると、体が黒くなりますよね?

刀も同じことが言えるのです。

 

おでんの刀が黒刀=おでんは武装色の覇気が使える

という事になるわけです!

やっぱり、おでんは只者じゃないぜ!

 

現在、ゾロも必死に訓練していますが、まだ黒刀になっていません。

しかし、日和からもらった『閻魔(えんま)

これは父である光月おでんから受け継いだ刀になります。

訓練すれば、ゾロもいよいよ黒刀をマスターできるかもしれませんよ!

 

武装色の覇気を使えるおでんですら、カイドウには勝てませんでした。

ゾロがカイドウと対等に戦うなら、覇気を会得するのは必須!

唯一カイドウに傷をつけた『閻魔』で、ゾロがおでんと同じように『黒刀』にして戦うのではないでしょうか。

 

モモの助にもう一つの刀、『天羽々斬(あめのはばきり)が渡されています。

『天羽々斬』は、実際に「古事記」や「日本書紀」などに登場する神剣になります。

出雲国でスサノオがヤマタノオロチを倒す時に使いました。

モモの助はまだ幼いですが、ぜひとも、オロチを『天羽々斬』で倒して欲しいと思います!

 

おでんは再び出国を目指す

康イエのことを「オジキ」と言って慕うおでん。

961話のラストでは、おでんが康イエの城を訪れたところで終わりました。

おでんがなぜ、康イエに会いに行ったのか?

それは間違いなく、また出国するためでしょう!

破天荒なおでんにはワノ国は小さすぎる。

広い世界を見てみたいでしょうし、ワノ国が鎖国を続ける理由も知りたいようです。

おでんは今まで、違法出国を38回失敗しています。

「どんだけ失敗してんだよ!」て話ですよ!

いや、この男に「失敗」という文字は存在しないのかも。

いくら強いおでんでも、航海の知識は全くなかったのかもしれません。

強いゾロだって、ひどい方向音痴ですし。

ルフィだって、ナミに出会うまでは海で迷子でした。

ワノ国は鎖国しているぐらいですから、航海士も限られた人数しかいなかったのでしょう。

康イエが大名を務める「白舞」には、港が2つあります。

刃武(はぶ)港

潜(もぐら)港

以前、錦えもんが説明してくれていますが、ワノ国に入国する方法は2つありましたよね。

 

・鯉に引っ張ってもらい滝を昇る

・潜港を利用する

潜港を利用するのが、正式な入国方法です。

出国するのだって同じこと。

おでんも出国に再びチャレンジするため、康イエを頼りに来たのでしょう。

康イエからすれば迷惑でしょうけどね!

時系列からしても、おでんはワノ国を無事出国。

外の世界でロジャーと遭遇。

一緒にラフテルまで旅をしたのでしょう。

おでんは、ロジャー海賊団にすごく気に入られていましたから。

旅が終わったあとも、交流があったのではないでしょうか。

だから、モモの助や錦えもんもロジャーに会えたのだと思います。

鎖国せずに、豊かになる未来を歩むはずだったワノ国。

オロチの因縁から、歯車が狂い始めてしまいました。

錦えもんと傳ジローは登場しましたが、ほかの赤鞘九人男はまだ登場していません。

オロチに鬼ヶ島討ち入り情報を教えた裏切り者は、赤鞘九人男の中にいると予想しているので、おでんとの出会いが気になるところです。

今度こそ、おでんの出国が上手くいくことを祈ります!

ワンピース【第962話】のネタバレ

オロチの仕業?

破天荒過ぎて都を追放されたおでん。

訪れたのは「白舞」

大名トノ康の城だった。

 

おでんが聞いた話によると、「九里」にはアシュラ童子という鬼が住んでいるらしい。

もちろんトノ康も知っていて、「九里」はワノ国にとって“癌”だった。

 

「九里」には犯罪者が集まる無法地帯。

スキヤキですら手が出せないでいた。

事情を知ったおでん。

 

「面白い!

 ちとワノ国を漫遊して参る!」

 

トノ康の話を聞いて、おでんは九里を目指すことにした。

 

次の日の朝。

おでんを泊めた部屋の壁は崩壊、襖も壊されてひどい有様だった。

あげくの果てに、金庫のお金まで盗まれている。

 

トノ康のコマ使い、オロチの目撃情報によると、おでんがお金を盗むところを見たと言うのだ。

 

おでんが本当に盗んだならば、堂々と持っていくはず・・・

不信感を抱いたトノ康。

もう一度オロチに確認する。

 

ビクッとするオロチ。

自分は恐がりなため、止めることすら出来なかったと説明した。

 

赤鞘九人男との出会い

「白舞」を後にしたおでん一行。

ワノ国中で事件を起こしながら、「九里」を目指していた。

 

おでんの後ろをついていく、錦えもんと傳ジロー。どこまでも、ついて行くつもりらしい。

迷惑そうなおでん。

それでも、ついて来る2人を置いていくことはしなかった。

 

おでんは出国を試みて何度も失敗している。

でも、おでんは諦めない。

旅の道中でも、海外の航海者を見習って毎日“日誌”をつけていた。

 

おでんがつけていた日誌によると、旅の道中は出会いで溢れていたのだ。

 

「鈴後」では、腹を空かせた幼い兄弟に出会う。飯代を稼ぐため、踊る兄のイゾウ

三味線をひくのは弟の菊の丞だった。

元花柳(はなやなぎ)家の子でありながら、父が罪人となって家族がバラバラに。

図々しくも、おでん達が用意したおでんを勝手に食べて涙を流したと言う。

幼い兄弟は、黙っておでん達の後をついて行く。

 

「希美」では、生きている者や死人関係なく、人の髪を奪う妖怪に出会う。

お金を稼ぐため、人の髪で筆を作って売っていたのだ。

その妖怪こそ、若き日のカン十郎

おでんの髪を奪おうと試みるが、逆に返り討ちにあってしまう。

過去に迫害を受けていたそうだが、日頃の行いからして自業自得と言えるだろう。

あろうことか、カン十郎は勝手に後をついて来てしまった。

 

「兎丼」では、森にて人を襲う、悪名高い山賊の話を耳にする。

しかし、山賊の正体は雷ぞうだった。

くの一のフラれてから、光月家のお庭番衆を辞めた天才忍者である。

隠れ住むのに限界を感じ、泣きながらおでんについて来た。

 

アシュラ童子VSおでん

無法地帯の「九里」では、光月おでんが向かっているとアシュラ童子の耳に入る。

将軍の血筋は敵。

おでんを殺すべく、部下には捕らえて連れてくるように指示を出した。

 

旅の道中、一緒に鍋をつつく錦えもん・傳ジロー・雷ぞう・カン十郎・イゾウ・菊の丞6人。

大便してくると言って南に向かい、昨日からおでんは戻って来ていない。

ただ、1日や2日程度ぐらい、おでんが気まぐれでいなくなるなど普通のこと。

とくに心配はしていなかった。

ところが、傳ジローが気付く。

 

「おい、雷ぞう

 “南”って九里の入口だぞ!

 

慌てる錦えもん。

おでんは一人、九里へ向かったと気付いたのだ。

錦えもんは旅について行く時から、おでんに命を捧げると決めている。

戦いに遅れをとってはならない。

6人は急いで九里へ向かった。

 

到着すると、ボロボロになった九里の門が目につく。

山からは戦塵が見えた。

おそらく、おでんはあそこにいる!

6人が急いで向かうと・・・

 

血だらけになったアシュラ童子の上に座るおでんの姿があった。

おでんは言った。

 

「悪いィな・・・

 今全部終わったとこだ

 夜通し

 丸一日かかっちまったよ!」

 

なんと、おでんは一人で九里を制圧!

アシュラ童子を倒してしまったのだ。

 

犯罪者に未来はない。

負けたアシュラ童子は、殺すことを要求するがおでんは命を奪わない。

それどころか、駆け付けた6人に向かって、まだ俺が好きなら知恵を貸して欲しいと申し出た。

 

「おれは

 このどうしようもねェクズ共の

 王になる事にした!!」

 

おでんは、犯罪者たちを見捨てず、面倒を見るつもりらしい。

 

おでんが成し遂げた偉業

無法地帯で、スキヤキすら手出しができなかった「九里」

おでんが“地獄”を“郷”にまとめあげたニュースは、家臣によってすぐに都へと伝わった。

 

この快挙を受けて、スキヤキはおでんとの絶縁を解き、息子のおでんへ「九里大名」の称号を与えたのである。

かつては犯罪者だった男達も、尊敬するおでんが大名になってくれることを心から喜んだ。

 

城の窓から外を眺めていたアシュラ童子。

喜ぶ同志を見て、おでんに感謝したのである。

 

「おいどん『平和』を見たんは

 初めてなんだ・・・

 ありがとう、おでん

 

アシュラ童子らしからぬ発言。

おでんは気持ち悪がって、アシュラ童子を足蹴りする。

 

九里の大名となったおでん。

大名には家臣がつくもの。

だが、都から堅物が派遣されても、おでんとしてはやりづらい。

だからこそ、ついて来た6人とアシュラ童子に向かっておでんは言った。

 

「おれはお前らがいい!

 おれの“侍”になれ!!」

 

家臣になれた錦えもん・傳ジロー・イゾウ・菊の丞・カン十郎・雷ぞう・アシュラ童子の7人が感動して、号泣したのは言うまでもない。

 

それから6年の月日が経った。

今から33年前の世界の海では、壊滅したロックス海賊団の残党達が次第に勢力を広げていたのである。

 

場所は代わり、ワノ国「九里ケ浜」

浜辺を歩く河松。

すると、浜辺に変な動物が2人倒れているではないか。

枝で試しにツンツンしてみる。

見た事がない形。

河松は気味悪がったのである。

 

>>ワンピースのネタバレ一覧はこちら!

スポンサードリンク



ワンピースの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

ワンピースの最新刊(単行本)は下記の3つサービスで無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでポイントの反映が登録と同時で、雑誌の読み放題や見放題動画が多数なので、かなり楽しめますよ!

期間限定で1巻無料などのキャンペーンもあるのでお見逃しなく!

さらに!TVアニメ・映画も見放題で配信中!

なんと見放題としてワンピース作品が51作品も見放題なのです!

最新映画などもポイントで配信しており、無料でもらえる600Pを使えば無料視聴が可能なので、漫画かアニメか選んで使いましょう!

また、週刊少年ジャンプを読みたい方は公式サービスの「ジャンプ+」がおすすめです。こちらは定期購読で900円とお得になっており、毎週月曜午前5時から配信となっております!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで「ワンピース」を今すぐ無料で読む!

ワンピース【第962話】の感想

おでんという男は、なんて清々しい奴なんだ!最高じゃないですか!!

通常であれば、悪人になって道を外れた人間など見捨ててしまうものです。

でも、おでんは見捨てない。

むしろ、一手に面倒まで引き受けた。

感動して涙を流すアシュラ童子が印象的でしたね~

どうしようもないクズから、おでんのおかげで侍になれた7人。

イゾウはやっぱり菊の丞の兄だったんですね!イゾウといえば、白ひげ海賊団の16番隊長ですから。

ほかにも、まだ河松も仲間になっていませんし、浜辺で倒れていたのは、明らかにイヌアラシとネコマムシでしょう。

若かりし頃の2人は、見た目も可愛いんだろうな~

次回がとても楽しみです!