漫画|ワンピース最新話【第982話】の確定ネタバレ・感想!うるティVSルフィ!?カイドウの城を目指せ!

[cc id=1271]

ワンピースの第982話のあらすじ・ネタバレをご紹介します!

2020年6月15日発売の少年ジャンプ28号、最新話!

ワンピース【982話】を読んだので、あらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

▷前回のワンピース【981話】のネタバレはこちら!

>>ワンピースのネタバレ一覧はこちら!<<
>>ワンピースの単行本を無料で読む方法!<<

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

無料で週刊少年ジャンプを読むことは現状では難しいですが、単行本なら無料で読むことが可能ですよ。

\ワンピースの単行本が無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

 

映画「ワンピース フィルムゴールド」が見放題!
U-NEXTなら映画ワンピースシリーズも配信中で人気のフィルムゴールドは見放題!
31日間の無料期間で何度でも視聴可能です

\ワンピースのアニメ・映画も配信!/

 

目次

ワンピース前回のあらすじ

キッドはアプーを倒したいところだが、あまりにも敵の人数が多すぎる。ルフィ・ゾロ・キッド・キラーの4人はひとまず退散。

一方で、錦えもん達はドクロドームの「正面」と「裏側」の二手に分かれてカイドウとオロチを挟み撃ちする作戦に変更。

ナミ達は「遊郭」側からドクロドームへ。

錦えもん達は「裏側」へと急ぐ。

ところが、チョッパーが乗った戦車が逃げ遅れて、ビッグマムに見つかってしまう。

同じ頃、ビッグマム海賊団は「正規の港」を知らずに滝からワノ国に入国。

滝を昇り切ったところで、突如現れたマルコによって叩き落とされてしまった。

ワンピース【第982話】の確定ネタバレ

無様なモモの助

ドクロドームの中心部では、騒ぎを知らずに大盛り上がり!

カイドウとオロチは大笑いしながら酒を飲み、ご機嫌である。

飛び六胞のひとり、ブラックマリアは「息子を探す」任務をせずに、カイドウに抱きついている。それよりも、花魁としてお酌をしたいのだろう。

 

オロチも笑いが止まらない。

20年間まとわりついた「光月」の亡霊たちがついに消えたのだ。

役目を終えたカン十郎がココに来るはず。

 

カイドウも、カン十郎による演技は感心していた。おでんも赤鞘全員を信頼していたはず。しかし、『ラフテル』の手がかりは「何も聞いていない」という

どうやら、侍達には何も伝えられていないようだ。

カイドウとオロチが会話していると、騒ぎ始める百獣海賊団。

襖を破って現れたのはカン十郎!

カイドウが騒ぐ部下をたしなめる。

 

カン十郎は道に迷って遅れたが、ついにモモの助を連れて帰ってきたのだ。

オロチの内通者だと知らない百獣海賊団は、カン十郎を攻撃してしまう始末。

向かってくる輩は斬ってしまったらしい。

モモの助は、ボコボコに殴られた状態で連れてこられていた。

なぜなら、向かう道中に逃げようとしたため、動けないように痛めつけたらしい。

 

喜ぶオロチ。

黙って報告を聞くカイドウ。

 

カイドウが、カン十郎とモモの助に直接会うのは2回目である。

最初は自分の手でモモの助を殺そうしたが、偉大なおでんの息子とは思えない幼さ。

失望して殺す気も失せたらしい。

見た目も中身もあの時のまま。

所詮はただのクソガキ。

継いだ名前が偉大すぎただけ。

カン十郎はモモの助を投げ捨てた。

 

動揺が隠せないオロチ

床に転がるモモの助を手で救うブラックマリア。血がでる程殴られた姿は、さすがにかわいそうに思ったようだ。

 

光月家の家臣はもういない。

跡取りのモモの助も捕まえた。

オロチは上機嫌でカン十郎と乾杯しようとするが・・・

 

「作戦の阻止が

 失敗してただとォ!?

 お前が得た情報だぞ!?」

 

やっと作戦失敗を告げられたカン十郎。

謝りながら深く頭を下げる。

となれば、侍達は鬼ヶ島へやってくるということだ。

すると、報告しに来たのは福ロクジュ。

「港には船がない」から安心していいと言うのだ。

ただし、侍達を沈めるために、出航したはずの三隻の戦艦も戻って来ていない。

さらに、ライブフロアにはルフィ・ゾロ・キッド・キラーがいると報告。

おそらく、海賊団メンバーは全員上陸しているだろうと予想していた。

 

福ロクジュが報告しなかったのは、最初にクイーンが対応していたから。

宴を止めるほどの騒ぎにならないと思っていたのだ。

なにより、この「鬼ヶ島」には全戦力が集まっている。どこよりも安全なのは間違いないだろう。

確かにそうだと笑うカイドウ。

ブラックマリアがオロチにお酌する。

 

黙るオロチ。

持っている盃の手が震えていた。

オロチが聞きたいのは、そんな報告ではない。侍共を始末したかどうかだ。

ビビりのオロチは宴どころではなくなっていた。

 

周りの会話を聞いていたモモの助。

殴られ過ぎて喋ることができないが、耳はちゃんと聞こえている。

ルフィは連れ去られるモモの助に対して「必ず助けに行く」と言っていた。

でも、心配なのは侍達。

船がないなら、錦えもん達が無事かどうか気になっていたのだ。

 

すると、ブラックマリアからモモの助を取り上げたオロチ。

子供とはいえ、モモの助は大将だ。

オロチは、ステージに「磔台」を用意するように指示。おそらく、モモの助を仲間の前で殺そうと考えているのだろう。

そうすれば「光月」の歴史の幕は閉じるはず。全て終わりだ。

オロチは高々と笑う。

 

傳ジローの反撃開始!

鬼ヶ島近海。

錦えもんと傳ジロー以外の赤鞘は、ローの潜水艇に乗って移動中。

すると、電伝虫を通じてネコマムシからイヌアラシに連絡が入った。

ネコマムシ達は滝を登りきったところ。

到着が決戦当日の夜になってしまったが、ギリギリセーフといったところだろう。

イヌアラシは、こちらは「鬼ヶ島」の最北西に向かっていると報告。

ネコマムシは「ほーか!ほいたらまた後で」と返事をして通信を切ってしまった。

相変わらず、人の話を最後まできかないネコである。

 

元気そうなネコマムシの声に、嬉しそうな河松とお菊。

普通の船であれば、海流のせいで正面からしか入れない。潜水艦ならではの移動。

上手くいけば、ロー達は最速で裏口に到着するだろう。

 

問題は、陸から入った錦えもんと傳ジローだ。20年越しの思いがある。

全員揃って臨みたいところだ。

 

対して、ネコマムシも皆が元気そうな様子に喜んでいた。

海賊船にはマルコも乗っている。

もちろん、ネコマムシの部下「侠客団(ガーディアンズ)」も一緒だ。

ルフィに伝言を頼んだのに、ネコマムシと到着が同時では意味がなかったとマルコは笑う。

一緒に向かうなら、マルコから受け取ったメモはもういらない。

ネコマムシはメモを捨てた。

メモには「遅れるが必ず行く」と書いてあったのだ。

全く頼もしい男である。

 

「南軍」傳ジローサイド。

現在地にいたのは、飛び六胞のササキ

宴に来ないと行っていた傳ジローの姿に驚くが、まだ敵だとは知らない。

いつものように気さくに話しかける。

 

「カイドウさんのガキがよ

 失踪したんだ

 島は出られねェ筈だが・・・

 今、部下達が探し回ってる」

 

実は、傳ジローサイドも屋敷図にはない門が道を塞いでいたが、「狂死郎」にとってはた易い障害でしかなかった。

傳ジローは気を抜いていたササキを拘束。

手足を縛り付け、胴体も鎖でグルグル巻きにして押さえつける。

ササキは状況が理解できない。

すると、狂死郎は着物を脱いで背中を見せた。背中に刻まれていた光月家の家紋。

狂死郎は問いかける。

 

ワノ国の歴史を知ってるか?

 ササキ」

 

傳ジローは「飛び六胞」を抑えつつ、錦えもん率いる「東軍」と同様に二手に分かれる。「ドクロドーム潜入組」と、裏口から侵入する「襲撃組」に分けたのだ。

 

出会っちゃった無礼者同士

「東軍」錦えもんサイド。

「遊郭」周辺では、チョッパー隊長が戦車で砲撃中。運転しているのはウソップだ。

煙の中から現れたのはビッグマム

「船長の首を差し出しな」と、鬼の形相で襲いかかってくるではないか。

叫びながらチョッパー達は逃走。

向こうに逃げてくれたおかげで、川に飛び込んで身を隠していた錦えもん達は気づかれずに済んだ。

錦えもんは能力者のため、仲間から引きずり出されるように橋へと戻る。

2人に感謝して、錦えもん達は裏口へと急ぐことにした。

 

遊郭の建物内から覗くナミ達。

2人が大丈夫か気になるが、心配したところで勝てる相手ではない。

ナミの判断で先を急ぐことに。

誰もいない遊郭にある屋敷内を急いで進んでいく。

ところが・・・

 

「見つけたぞ~!!」

 

襖から顔を覗かせたのは、太陽のプロメテウスだ!!

プロメテウスからすれば、ナミはゼウスを誘拐した女。不敵な笑みを浮かべながら「ママ」と叫ぶ。

慌てるナミ達。

 

場所は代わり、カイドウの城内部。

「飛び六胞」のうるティとページワンが、息子を探し出すため走っている。

ページワンは、うるティについてこられるのが嫌なようだ。

走っていて疲れたのか「もうダメ!私かわいそう~」と嘆くうるティ。

ページワンは知らないとばかりに、プンスカ怒りながら呆れている。

 

「おぶってやると言え~!!」

 

うるティはページワンの背中にのっかり、首をしめた。ページワンは邪魔をされ、滑るように階段から落ちていく。

飛び六胞の登場に驚く百獣海賊団。

うるティが顔を上げると、目の前に立っていたルフィとバッチリ目が合った。

 

うるティ「何だ?てめー」

ルフィ「お前が何だ」

 

初対面でキレる二人。

無礼者同士の戦いが始まりそうだ!

 

>>ワンピースのネタバレ一覧はこちら!

[cc id=4079]

ワンピースの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

ワンピースの最新刊(単行本)は下記の3つサービスで無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
ひかりTVブック 単行本2巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでポイントの反映が登録と同時で、雑誌の読み放題や見放題動画が多数なので、かなり楽しめますよ!

期間限定で1巻無料などのキャンペーンもあるのでお見逃しなく!

さらに!TVアニメ・映画も見放題で配信中!

なんと見放題としてワンピース作品が51作品も見放題なのです!

最新映画などもポイントで配信しており、無料でもらえる600Pを使えば無料視聴が可能なので、漫画かアニメか選んで使いましょう!

また、週刊少年ジャンプを読みたい方は公式サービスの「ジャンプ+」がおすすめです。こちらは定期購読で980円とお得になっており、毎週月曜午前5時から配信となっております!

[cc id=23171]

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで「ワンピース」を今すぐ無料で読む!

ワンピース【第982話】の感想

ルフィが戦う最初の敵はページワン&うるティになるのかな!?

2人はマスクを取ると、恐竜の姿になるのでしょうか。戦い方がまだ分からないので、とても気になるところです。

そして、オロチもヒドイ男ですね。

まだ子供のモモの助を処刑しようとするなんて!

カン十郎も人の心がないんだろうな~

役が終われば、ただのガキ扱い。

感情がないって恐ろしい!

 

激化する鬼ヶ島決戦・・・

頂上決戦並みの激しい戦いとなりそうです!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる