漫画|俺だけレベルアップな件【第108話】のネタバレ・感想!

[cc id=1271]

「俺だけレベルアップな件」第108話を読みましたのでネタバレを紹介します。

旬がアリを倒してから二日たったが、まだアリたちが本土に向っていた。

そしてアリは中国近海にも現れていた。

架南島に上陸した騎士団と自衛隊。彼らの前にモンスターが現れていた

ピッコマにて最新話が無料配信されています!

俺だけレベルアップな件【第108話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

ピッコマでは1日1話しか読めないので、過去の話を振り返る時に不便なので、ご活用いただければと思います。

\好きな漫画の単行本が無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!
目次

俺だけレベルアップな件のあらすじ

-パシャッパシャッ

喪服を着た旬にカメラがたかれていた。

あれから世間は架南島レイドの話で持ちきり。

「わぁ言葉が出ない」

「召喚数には限りがあるって聞いてたんだけど?」

色々な声があった。

架南島討伐作戦は旬がS級判定がでてから、はじめて参戦するレイドだった。

俗に言うデビュー戦。

日本中が注目したレイドであった分、お茶の間の視線は彼に注がれてた。

最初から架南島レイドに参加していれば、犠牲者=美濃部ハンターをださずに済んだのではという批判も受けては通れない。

それを擁護する人もいるが、否定する人は少なかった。

犠牲者を出したのは事実だから

彼は美濃部ハンターの葬儀に参列していたのだ。

俺だけレベルアップな件【第108話】のネタバレ

-参列-

彼の葬儀にはたくさんの人が来ていた。

そして泣いている人も

彼が花をたむけ背をむけると、その後ろには白川がいた。

すれ違いに彼は旬に声をかけた。

「いくら英雄でも人は一人では、戦争を終わらせることなどできないと信じてきました。ですが今回の件で不可能ではないのかもしれないと思ったんです。
胸を張っていてください。悲劇に終止符を打ったのはあなたなのですから。ありがとうございます」

白川は世間の声を気にするなと言わんばかりに声をかけていた。

旬は黙って歩き出した。

参列者の中に雫と目が合った旬。

彼女は頬を少し染めて、すぐに目をそらした。

不思議そうにした旬。

そして後ろを振り返った。

 

第四次 架南島レイド参加したハンター数4801名、うち一般覚醒者727名。

死傷者、覚醒者64名、民間人32名。

これでも四度行われた架南島レイド中、最も被害が少ないレイドだった。

 

-結界-

葬儀に参列した旬は後藤会長と会っていた。

「なるほどギルドを設立するのですね?S級ハンター証があれば、ギルドマスター免許は必要ありません。協会に電話だけください。
あとはうちで手続きします」

はい」

S級ハンターが受けられる優遇内容とかも調べとかないとな)

旬はそんな事を思っていた。

「ところで架南島に結界を張ったりしましたか?」

「はい?」

「アリの始末と魔法石の回収のために、派遣したハンターが全員意識を失い倒れていたんです。騎士団を含め全員がAまたはB級でした。
結界の解除を忘れた人がいるのではと思いまして」

話を聞いた旬ははっきりと答えた。

「いえ、結界なんて張ってません」

「やはりそうですか」

旬は彼に問いかけた。

「どんな状況だったんですか?」

「全員意識を失う前のことを一切覚えていません。魔法にやられたのか、そうでないのかもわからない状況です」

眉毛を触り困った顔をする後藤会長。

(まさかアリが罠を仕掛けてたのか?)

「会長」

「お客様が予定より早く到着されたようなので、そろそろ失礼します。
お時間ありがとうございました」

「いえ」

後藤はその場を後にした。

(さてと俺も帰ろう)

深く考えずに旬も立ち上がった。

 

-レベルアップ-

「水篠さんですか?」

駐車場についた旬に男が声をかけた。

「はじめまして。アメリカのハンター管理局のアダム・ホワイトと申します」

アダムは名刺を彼に渡す。

(ハンター管理局?)

「アダムとお呼びください。
事務所にも伺ったのですが、いらっしゃらなかったので、このような場所でご挨拶することになったことを、どうぞお許しください」

(事務所にも来てただって?あそういや、あのとき諸菱くんが言ってた外国人ってこの人だったのか?)

何とかなく諸菱とのやり取りを思い出す。

「どういったご用件ですか?」

「いいお話があるんです」

「いい話?」

「恐らくどの国からも、どの機関からも聞くことのできない情報です。私どもを除いて」

……そんな情報をどうして俺に教えて下さるんですか?」

「特定の方に情報を提供するだけで、得られる利益があるんです。
本当は私からお話しする予定だったのですが、架南島レイドがよほど印象的だったのか、うちが副局長が水篠さんにお会いしたいと申しています。異例的なことです。話の続きは副局長がお話いたします。
近くで待たせているのですが、会っていただけますか?」

アダムの話を聞いた旬は、車に乗り込もうとした。

「なんでも鵜呑みにするわけにはいかないので。考えてみます」と。

彼はそう答えるのがわかっていたかのように

「おっと忘れていました。こういうとき、いいカードは隠さずに見せるべきだということを。
アップグレーダー…”覚醒者の力をアップさせられる覚醒者についてご存知ですか?」

旬は彼の言葉に目を見開いた。

 

「こちらです」

あるホテルの一室に案内された旬。

「はじめまして、ハンター管理局 副局長のマイケル・コナーです」

「水篠旬です」

握手を交わす2人。

「私が通訳いたします」

アダムが旬に言った。

ソファーに腰かけると、マイケルがすぐに本題に入る。

「単刀直入に申し上げます。水篠ハンター。これはアメリカの移民手続きの書類です」

マイケルはそう言って書類を差し出す。

「本来なら審査に一年から二年かかるのですが、水篠さんの場合は違います。一秒。たった一秒でアメリカ人になれるのです」

……アメリカ人になるために、ここに来たのではないのですが」

旬は冷たい目を向ける。

(覚醒者の力をアップさせられる覚醒者アップグレーダー)

今度は彼が単刀直入に聞いた。

「本当に人の力をアップさせたりできるんですか?」

「実はその力を持つお方も、今日ここに見えています。セルナ夫人をお連れしてくれ」

そう言うと、マイケルの後ろからコツッコツッとヒールの音が響いた。

[cc id=4079]

俺だけレベルアップな件の最新話を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

俺だけレベルアップな件はピッコマで配信されていますので、1日1話ですが無料で読むことが可能です。

また、本作は配信されていませんが、好きな漫画を無料で読む方法として下記の3つのサービスはおすすめですよ。

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3〜4巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1〜2巻が今すぐ無料で読める

おすすめは動画配信で見放題作品も豊富なU-NEXTです!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで好きな漫画を無料で読む!

俺だけレベルアップな件【第108話】感想

無事にアリたちを倒したようですね。

架南島レイドも終わって、死亡者の葬儀をしていたようです。

雫さんも無事に元気になったようで、安心しました。

 

旬さんに対する非難の声。

仕方ないとはいえ、彼のお陰で世界が助かったと思ってもいいのではないでしょうか。

被害を最小限に抑えられたのですから。

 

日本にまでやってきたアメリカのハンター管理局 副局長のマイケル。

本気で彼をアメリカの物にしようとしてますね。

書類まで用意してアメリカ人になるとでも思ってるのですかね。

でも彼が連れてきたアップグレーダーしかも女性。

気になりますね!!

本当にレベルアップさせられるハンターがいるのでしょうか!?

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる