「俺だけレベルアップな件」第12話を読みましたのでネタバレを紹介します。

 

人類最弱兵器と呼ばれるE級ハンター・水篠旬。

目をさました旬は病室にいた。

ハンター協会の人がきて、あの後の話をしてくれた。

白虎ハンターがいったときには、モンスターは居なくなっていたと。

そして、旬のハンター能力を測定すると10だった。

旬にだけ見える画面が存在し、それにはデイリークエストが。

それをこなさなかった旬が目を覚ますと、砂漠に一人でいた。

そこで生き延びなければいけないのだ。4時間も。

目の前には巨大毒牙ムカデが!!

ピッコマにて最新話が無料配信されています!

俺だけレベルアップな件【第12話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

ピッコマでは1日1話しか読めないので、過去の話を振り返る時に不便なので、ご活用いただければと思います。

\好きな漫画の単行本が無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

俺だけレベルアップな件のあらすじ

旬は夕焼けの砂漠の中を必死に走っていた。

「うわああああああ」

その後ろからは巨大なムカデが、旬を追いかけてきている。

残り時間:0時間07

ムカデが旬めがけて大きな口を開けた。

ペナルティークエストを完了しました

その瞬間、走っていた砂漠からそのまま元居た病室へ戻って来た。

「ハァッハァッハァッ。ペナルティークエスト?」

旬は息も荒いままに、画面を見た。

またメッセージが来ていた。

報酬を確認しますか?

それを見ていた旬だったが、その場に倒れ込んでしまった。

ガラガラッ

「やだ大変!誰か来て!」

ナースがちょうど部屋に入ってきた。

 

ナースたちの間で旬の話題が出ていた。

「この間入院してきた水篠さん。ハンターなんだって?」

「そうなのよ。意識が戻ったばかりなのに、毎日走ってる」

「先生は何も言わないの?」

「ハンターは一般人と違って回復が早いから、軽い運動なら大丈夫だって言ってたけど

「ちょっと見てまだ走ってるわよ」

話していた横の窓からは、外を走っている旬の姿が見えていた。

「軽い運動……かしら?」

「かれこれ何時間も走りっぱなしじゃない」

俺だけレベルアップな件【第12話】のネタバレ

(意識が戻ってからもう4日。いくつかわかったことがある)

一度足を止めた旬は息を整える。

(まず、目の前のこれは幻覚ではないようだ)

ランニング:完了(10/10㎞)

(日地には見えなくても、俺の目にはハッキリと見える)

クエストクリアしたことで、報酬を選べるのだ。

旬は状態の回復を選んだ。

(今のは運動疲れを一瞬で吹き飛ばす状態の回復。体が嘘のように軽くなる。

ステータスがあがる能力値ポイントやアイテムが入ってるランダムボックスをえらぶこともできる。

ちなみにもらったポイントは好きな能力に分配可能だ。

能力値を上げればそれだけ強くなり、レベルが上げっていく)

ステータス、スキル、アイテム、イベントトリ、アイテム倉庫などまるでゲームのようだ。

(今、俺は奇妙な世界を目のあたりにしている)

ベンチに腰かけた旬の周りには、たくさんの画面が出ていた。

「ハハッ不思議な事もあるもんだな

 

「あのー今日ちょっと外出してもいいですか?」

受付で旬は声をかけた。

「かまいませんが、どこに行かれるんですか?」

「ちょっとそこまで」

 

旬は病院を出て、近くの畑岡駅に行った。

「やっとこれを試せるぞ」

旬の手には鍵がある。

「デイリークエストを完了するともらえるランダムボックス。

絆創膏やペンみたいにくだらないものも出てくるけどこれには何か隠されてそうだ」

そのカギの簡単な説明が画面に出ている。

ダンジョンの鍵。インスタンスダンジョンに移動する鍵です。

地下鉄 畑岡駅3番出口で使用できます

「インスタンスダンジョンの鍵

インスタンスダンジョンとは、一時的に生成されるダンジョンだ。

「クエストステータス報酬このゲームみたいなウィンドウが見えるようになったのは、覚醒後の覚醒つまり再覚醒の前兆なのかもしれない。

あるいはその過程?」

旬は独り言を漏らしている。

「挑戦してみる価値はある!」

鍵をぎゅっと握る。

「人類最弱兵器が再覚醒するとかネタだよな。

逃げるのには自信があるから、もし前みたいに危なそうなら、全速力で逃げよう」

鍵を使用した直後、駅への入り口から青い光がバチバチとした。

旬は覚悟を決めて、階段を降りて行った。

インスタンスダンジョンに入場しました

ガコンッ

音に振り返った旬。

「まさか出口をふさがれたのか?」

手をやる旬の横を、ケータイをいじった人がスーッと通っていく。

「なるほどここはまったくの異次元なんだ。ただのダンジョンじゃない。

行った事はないけど、レッドゲートに似た概念なんだろう」

旬はそう言っていたが、頭をぐしゃぐしゃとした。

「参ったなー。最悪逃げようと思ってたのに。これじゃ逃げらんないじゃん!」

ダンジョンから出るにはボスを倒すか、帰還石を使用してください

そのお知らせを見た旬。

「クリアするまで出られないってこと

E級のモンスターも倒せない俺に、一人でダンジョンをクリアしろってか?

無茶言うよ

旬は汗が止まらなくなっていた。

ビュウウウ

音に反応して振り返る。

「ホントにパーティもなしに俺一人でボスを!?」

 

 

スポンサードリンク



俺だけレベルアップな件の最新話を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

俺だけレベルアップな件はピッコマで配信されていますので、1日1話ですが無料で読むことが可能です。

また、本作は配信されていませんが、好きな漫画を無料で読む方法として下記の3つのサービスはおすすめですよ。

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3〜4巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1〜2巻が今すぐ無料で読める

おすすめは動画配信で見放題作品も豊富なU-NEXTです!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで好きな漫画を無料で読む!

俺だけレベルアップな件【第12話】感想

あのムカデから4時間も逃げきれたんですね。

そこにまず驚きました。

ペナルティーが起きてからは、旬さんはまじめに取り組んでいるんでしょう。

 

今回のダンジョン

ダンジョンってことでそんな気はしていましたが

まだ弱い状態の旬さんで勝てるのでしょうか!!

ボスを倒すか帰還石を使用ってありますが、帰還石とは

旬さん気付いていましたかね。

それもクエスト報酬で貰えたとかではないのでしょうか。

もしくはダンジョンの時に、探し出すとか

その辺が分かりませんね。

 

さて、旬さんは無事に帰ることができるのでしょうか!!