漫画|俺だけレベルアップな件【第157話】のネタバレ・感想!

[cc id=1271]

「俺だけレベルアップな件」第157話を読みましたのでネタバレを紹介します。

旬と雫が圏外にいる間に、ハンター協会の前でモンスターが現れた。

モンスターは人を食べ「牙の君主」と名乗った。

たくさんのハンターが倒され、旬と連絡がつかない時、トーマスとレナートが牙の君主の前に立ち向かった。

その頃、ようやく旬と連絡が取れた犬飼だった。

ピッコマにて最新話が無料配信されています!

俺だけレベルアップな件【第157話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

ピッコマでは1日1話しか読めないので、過去の話を振り返る時に不便なので、ご活用いただければと思います。

\好きな漫画の単行本が無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!
目次

俺だけレベルアップな件のあらすじ

「この辺りの避難状況は?」

「逃げ遅れた人が見つかり、救助しています!」

車で最上が駆け付けた。

「現場は?」

「死神ギルドと白虎ギルドが対応中です。

全国から集まったハンターたちもいるので、すぐに片付くと思います。

僕たちハンタースは、人命救助に専念しますね」

男の言葉に最上は不安でしかない。

(すぐに片付くだって?国家権力級ハンターのトーマス・アンドレが、正体不明のモンスターと戦っている。

この尋常じゃない気配…架南島レイドとは比べものにならない。

ゴリアテは一体どんな怪物と戦っているんだ?)

トーマス質のいる方からは赤い、紫のようなオーラが見える。

俺だけレベルアップな件【第157話】のネタバレ

-互角?-

-バキバキッ

牙の君主が吹き飛ばされた。

-ガンッガンッ

ビルを上っていく牙の君主が、そこから勢いつけ飛んでくる。

-ズドッ

彼の頭が、トーマスの腹筋に直撃する。

しかしトーマスは、後ろにいくことなく、足をプルプルさせ耐えていた。

そしてそのまま、彼の体に手を回し、地面に叩きつけた。

-ダーンッ

-バリッ

牙の君主の足が、トーマスの顔面を蹴り、彼は吹き飛んだ。

牙の君主はニヤッと不敵に笑っている。

体勢を整えるトーマス。

「強化」

戦っている彼らの近くに白川たち白虎ギルドが集まっていた。

「ここが現場か。全員準備はいいか?」

-ダァーンッ

彼らの隣に吹き飛んできた牙の君主。

(あれがそのモンスターか?となるとあっちが…ゴリアテ トーマス・アンドレ!)

白川の表情は引きつっている。

しかし周りのハンターは

「すごいぞゴリアテ!」

「行け行け!」

トーマスを応援しだした。

「バカども!早く逃げろ!!」

彼の大きな声がひびく。

牙の君主は大きく口を開けて、不気味な顔をしている。

(タダモノじゃない…!俺も変身して-)

すぐに変身をしようとした白川だったが、牙の君主がすでに目の前にきていた。

その瞬間、彼は恐怖を感じた。

自分が虎なら、牙の君主は大きな狼のように感じたのだ。

動物の第六感。被食者と認識されれば終わりだ。

血にけが引いた白川の横を、彼は歩いていった。

(目を合わせることもできない…!)

牙の君主はそこら辺の車たちを浮かせた。

そしてそれをトーマスに向けた。

-ガンッ ガタンッ ゴトゴトッ

すべての車を跳ね除け、掴み、一カ所に積み重ねたトーマス。

その行動に牙の君主、一瞬表情が変わった。

そしてそこのがれきの山に、トーマスによって引き寄せられる牙の君主。

隙間から姿を見せたトーマスは、彼の頭を地面に叩きつけた。

-ダーンッ

そして何度も拳を振り下ろす。

-ダダダダダッ

(おかしい。不安が腹の底からこみあげてくる。手応えがない)

-ガッ

そんな不安感じていたように、彼の拳が掴まれた。

「破片の操り人形にしては、大したものだ。力に自信があるようだな」

黒かった髪が白髪に変わった牙の君主。

-バキッ

掴まれた拳の鎧が折れる。

 

-レナート-

「どうした?恐怖を感じるのか?」

-ザグッザグッ ザザァッ

「絶望しているのか?」

-ガンッ バキッ ガンッ ザグッ

今度はトーマスが、拳を振るわれている。

その状況を見ているしかできない白川たちハンター。

「……?おやおやこんなところに」

「キェェェッ」

「影に隠れて何をしていたんだ?」

トーマスの影からアリを引きずり出した。

「邪魔だ。消えろ」

簡単に握りつぶされたアリ。

「さて、次は何をして遊ぼうか?力比べなんてどうだ?」

頭の手に力を入れる牙の君主だが、壊れたのはトーマスの鎧だけだった。

「さっきから何をブツブツ言ってんだ?」

トーマスは、彼の背後にまわり首を絞めつけた。

「おりゃああっ」

彼の力で、牙の君主の頭がゴリゴリッと向きを変えた。

しかし牙の君主は簡単に元に戻った。

-ガッ

そしてトーマスの頭部を掴み、そのまま振り上げ地面に叩きつけた。

「悪いがおまえと遊ぶのも、そろそろ飽きてきた」

-バリッ

そのとき、何かの攻撃が牙の君主に当たった。

-ザザザザッ

軽く遠のく。

彼の視線の先にはレナートがいた。

「おまえの好きにはさせない」

 

[cc id=4079]

俺だけレベルアップな件の最新話を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

俺だけレベルアップな件はピッコマで配信されていますので、1日1話ですが無料で読むことが可能です。

また、本作は配信されていませんが、好きな漫画を無料で読む方法として下記の3つのサービスはおすすめですよ。

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3〜4巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1〜2巻が今すぐ無料で読める

おすすめは動画配信で見放題作品も豊富なU-NEXTです!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで好きな漫画を無料で読む!

俺だけレベルアップな件【第157話】感想

旬さんまだですかね?

トーマスさんもですがレナートさんもでてきて、結構ピンチに感じます。

だってトーマスさん、ほぼ倒されているような状態です。

国家権力級ハンターでもやっぱり敵わないようですし…日本のハンターはもっとダメってことですよね。

犠牲者を出さずに倒せるのでしょうか?

そして旬さんはいつくるのでしょう!?

 

牙の君主は、トーマスについた影のアリに気付きました

それが倒されたから、旬さんも気付くでしょうか。

君主だからこそ、影の存在にも気づいたのでしょう。

 

近くで戦おうとしていた白川さんたちですが、彼らの戦いを見て怖気づいてしまいましたね。

そりゃそうですよね。

むしろ足手まといになりますね…。

 

この戦いは一体どうなるのでしょう!!

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる