「俺だけレベルアップな件」第16話を読みましたのでネタバレを紹介します。

ピッコマにて最新話が無料配信されています!

俺だけレベルアップな件【第16話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

ピッコマでは1日1話しか読めないので、過去の話を振り返る時に不便なので、ご活用いただければと思います。

\好きな漫画の単行本が無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

俺だけレベルアップな件のあらすじ

ライカンや猿、猫を次々に倒していった旬は、大きくレベルアップした。

これ以上、上がらないと旬は、ボスがいるであろう階段を降りっていった。

そこは駅とは違って、沼があった。

それを見た旬は、すぐに攻撃を食らった。

”沼の主:青毒牙カサカ”大きな蛇だ。

俺だけレベルアップな件【第16話】のネタバレ

-ボスとの戦い-

「シャーッ」

蛇は旬を威嚇している。

(鱗で覆われていて、この短剣じゃ歯が立たない。

素手でなんてもってのほかだろう)

シュンッ

下を向いている旬に、蛇は口を開けて向ってきた。

カカカンッ

短剣で攻撃を防ぐ。

(すごいスピードに体重を乗せた攻撃!

奴の防御力を無力化するしかない)

敵が一度離れたが、旬はかまえたまま考える。

(でも分厚い鱗をどうすればいいんだ!?)

ガタンッ ダァァンッ

「!!」

ビュンッ ガガガガッ

蛇の顔を避けた旬だったが、その直後しっぽが勢いよくきた。

短剣でなんとか防御している旬。

(くっ!これをまともに喰らえば死ぬ!!)

パッ スルスルッ ダンッダンッ

蛇が体を地面に打ち付ける。

そして旬を取り囲むようになっていた。

バシッ ドスッ

「ぐふっ!!」

前からも後ろからもくる攻撃に旬は、攻撃を喰らってしまった。

「少しは強くなれたと思ったのにこれでも力不足なのか

あとどれくら強くなれば

旬は立ち上がり折れた短剣で立ち向かう。

(嘲笑われ続けたこの人生を挽回できるんだ!?)

 

-自分の呼び名・恥ずかしさ-

「人類最弱兵器?」

「最近そう呼ばれてるらしいじゃないか。

まさか知らなかったのか?」

「はい

ある時、旬は馬渕に教えられた。

「まったく幼稚なことを言う奴らがいたもんだ。

汚名を返上できるように、がんばりなさい」

「はい。わかりました」

馬渕は旬の肩をポンッとして励ました。

 

カキンッ バシッ

「ぐはっ!」

短剣で防御しても、蛇のしっぽが旬を攻撃する。

「弱いからあんなあだ名までつけられるんだ

弱いから舐められるんだよ!」

自分に言い聞かせるように旬は声を出す。

そして蛇に向っていく。

「俺だって自分が恥ずかしい!」

キンッ

(強ければ、圧倒的な力があれば自ずと優位に立てる。

偽りの優しさ俺を守ってなんかくれない。

無力なことに強者の前では何もできず、恐怖に震え、ただ呆然と立ち尽くすだけ)

旬は神像たちとの戦いの場と観月との会話を思い出す。

(弱いから見下されるんだ。知識があっても、頭の回転が速くても、人のためを思っても、強者の前では

神像の不敵な笑みに、真島の裏切る瞬間を思い出す。

(あっけなく裏切られる!!だから強くなるんだ)

スパッ

(そのためにここまで来たんだろ)

諦めることなく、旬は蛇に戦いを挑んでいく。

バシッ

「ぐふつ!」

壁に吹き飛ばされた旬の手はプルプルと震えていた。

それでも立ち上がる。

「俺はな強くならなきゃいけないんだよ

旬の目は光り、体からも紫の光が出ていた。

-シャアアアッ

蛇が旬に向っていく。

旬は俊敏によける。

 

-覚醒-

(これならいける!)

ガガガッ

旬は長い蛇の体に、短剣をぶつける。

あいつに比べたらあの時の恐怖に比べたら、こいつなんか余裕だ!)

口を開けている蛇に、旬は立ち向かった。

そして蛇の口から横に短剣をガギギッとぶつけた。

蛇の目がギロッとして、顔が旬に向ってきた。

ビュンッ パッ

「ふっ!」

旬は蛇の首にしがみついた。

「能力値は筋力を中心に鍛え上げた!

今の俺になら!」

「ギエエエエッ」

旬はしがみついたまま、力をこめた。

蛇は悲鳴をあげる。

-ダンッダンッ

蛇の体はのたうち回る。

ドゴッ

「ぐはっ!」

蛇の動きのよって、しがみついていた旬の体は壁に打ち付けられた。

しかし旬は掴んだ手を離さない。

(おまえは俺が殺る!)

-ガキッ

「キエエエッ」

「死ねぇッ!」

とどめをさすように、もう一度手に力をいれた。

 

一方で、元の世界の空は夜になっていた。

「水篠さんはまだ戻って来ないのか?」

「はい今朝出かけていったきり

「もうこんな時間だというのに」

「でもまあもうすぐ退院でしたし、大丈夫でしょう」

旬の入院している病院で、医者と看護師が話している。

「ハンターたちはどうなるかわからない。安静にしていてもらわないといけないんだよ。

上級ハンターは億万長者らしいけど、低級ハンターは金にもならないし、危険なことばかりなんであんな仕事をするんだか」

医者はため息を吐く。

「たまに休館で運ばれてくるハンターを見るとゾッとするよ」

「なんでですか?」

「ゲートの向こうで、一体何が繰り広げられているのかそりゃもうグチャグチャで

事故で運ばれてくる患者とは次元が違う。あんな状態で死なないってのがまた驚きだ」

「大怪我してでもダンジョンから生きて帰れたなら、それはきっと奇跡なんでしょうね」

「そうでもないよ。いくら低級のハンターでも、一般人の何倍も強いからね。見た目は普通でも、中身は怪物さ」

医者は言いたい放題だ。

 

レベルがアップしました!

レベルがアップしました!

レベルがアップしました!

「ハァハァハァハァハッハハッハハハハッ

やっぱそれでも俺、少しは強くなったみたいだな?」

旬の周りを囲むように蛇は倒れている。

沼の主 青毒牙カサカを倒しました

蛇を倒した旬はアイテムとして、カサカの毒カサカの毒牙を手に入れた。

スポンサードリンク



俺だけレベルアップな件の最新話を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

俺だけレベルアップな件はピッコマで配信されていますので、1日1話ですが無料で読むことが可能です。

また、本作は配信されていませんが、好きな漫画を無料で読む方法として下記の3つのサービスはおすすめですよ。

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3〜4巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1〜2巻が今すぐ無料で読める

おすすめは動画配信で見放題作品も豊富なU-NEXTです!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで好きな漫画を無料で読む!

俺だけレベルアップな件【第16話】感想

旬さん倒しましたね!!

しかも短剣じゃなくて、レベルアップしたときの上げていた腕力で!

すごいですね!!

 

力はなくても、頭脳は前からあったのだ旬さんですね!

だから神像との戦いの時に、あれだけ色々なことがわかったのですね。

 

人類最弱兵器って言われていたのも、気にしていたんですね。

でもこれだけ強くなれば、バカになんかされないのではないでしょうか!?

 

さて、無事に倒すことができた旬さん。

次はどんな困難が待ち受けているのでしょう!