「俺だけレベルアップな件」第17話を読みましたのでネタバレを紹介します。

ピッコマにて最新話が無料配信されています!

俺だけレベルアップな件【第17話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

ピッコマでは1日1話しか読めないので、過去の話を振り返る時に不便なので、ご活用いただければと思います。

\好きな漫画の単行本が無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

俺だけレベルアップな件のあらすじ

沼の主:青毒牙カサカ大きな蛇を倒すことができた旬。

短剣ではなく、レベルアップした腕力で倒したのだ。

一方で病院では、旬が帰って来てないことを医者と看護師が話していた。

俺だけレベルアップな件【第17話】のネタバレ

-勝利の褒美-

「服はボロボロ、せっかくの剣も折れちゃったし。

うっ結構体張ったな。まあお陰でいいのをゲットできたぞ」

旬が持っているのは、蛇を倒してゲットしたカサカの毒牙で作られた短剣。

「骨じゃなくて牙から作られた短剣なのか。

攻撃力が真島さんの剣の2倍だし、麻痺と出血を引き起こす効果まである。

それに比べて、こっちは使うの怖すぎ」

もう一つはカサカの毒のアイテムだ。

とりあえず保管しとこう」

アイテムを確認した後、画面にはボスを倒したのでダンジョン内が元に戻りますと。

 

-元の世界-

-シュイーン ビュウウウッ

旬の周りが元の畑岡駅に戻っていく。

「クリアできたのか

旬は駅の階段を上がっていく。

「誰もいないけど、今何時なんだろ?」

駅を出ると、外はシーンとしていた。

「ちょっと、入ってきちゃ困りますよ。

放送が聞こえなかったんですか?」

(自衛隊?)

旬に自衛隊の男が声をかける。

「放送って?」

「いやいやとぼけないで!」

自衛隊の男は、旬の手元に剣があること、体がボロボロなのを見る。

「ひょっとしてハンターの方ですか?」

「はい。一応ハンターですが

「大変失礼しました。現場にご案内いたします。こちらです」

「あはい」

(また何かあったのか?)

雨の降る中、旬は男に案内される。

そこにはモンスターが倒されていた。

(この近くでゲートが開いてしまったのか)

「モンスターが外にでてきたようですね」

「もうほとんど片付きましたが、でっかいのが一匹残ってるんですよ」

それを聞いて旬の目は鋭くなった。

(感覚能力がアップしたからなのか感じる)

旬の視線の先には青く光るモンスターが。

(奴がボスだ)

-ドスンッ ゴオオオオオ

 

-新たな敵-

モンスターの前では、ハンターたちが闘っている。

「写真は撮らないでください!」

「非常に危険です!」

野次馬に注意をする自衛隊たち。

そんなことは構わず、野次馬は携帯をむけている。

「ハンターは一体何してんだよ」

「まだ戦ってる」

「早く倒せよな」

「やばいことなってるじゃん。

被害が拡大したらどうすんだよ。地価下がると困るんだけど」

「早く避難してください!」

 

「ヒーラーのみなさん!タンクを集中的に回復させてください!」

タンクとは盾になっている人。

「言われなくてもやってますよ!

ダメージディーラーは何してるんですか?全然倒れる気配がないじゃないですか」

「こいつ防御力が高すぎるんです。

よりによって魔法系のハンターが少なくて!」

(急に集められたせいなのか、連携がとれてない)

野次馬の後ろで見ていた旬は感じていた。

「すいません。通りまーす!」

旬は野次馬の間を抜けよとせず、ハンターたちを観察していた。

「レベルも低いな。E級が8人くらいとD級が一人。

そのD級はタンクだから、とどめを刺すこともできずに戦いが長期化してる

ヒーラーは…D級二人にB級がん?」

旬はハンターにある人物がいる事に気がついた。

「ちょっと!お姉さん!早く回復させてください!

B級のヒーラーなんでしょ!」

……

そう言われているのは観月だった。

「なにボーっとしてんですか!」

「あっはい!」

「ったくしっかりしてよ」

観月は魔法で回復させようと目を瞑る。

その瞬間、目の前のモンスターがあの神像に感じた。

ガクガクと震えている。

(一度、怖気づくとそこまでだ

観月の様子を旬は見ていた。

「一週間経つのにまだ克服できてなかったんだな。

まあ無理もない俺だって

(いや、克服するんだ)

旬は剣を持つ方の袖をまくる。

そしてかませる。

(ボスはD級。さっきまで戦ってたボスより下だ。

奴の防御さえ無力化出来たら勝てる!

岩を突き破る強力な一撃を加えるんだ!)

折れた短剣を持つ腕がメリメリッと力が入る。

(喰らえ!)

旬は短剣をボスに向って、力強く投げた。

 

-誰の攻撃-

「このままじゃ全滅します!」

「上級ハンターがいないと無理です!」

「あっマズイ!タンクがやられる!」

「どうしよう!魔力がもたない!」

モンスターと戦っているハンターたちが慌てる。

「えっ?」

ボスの攻撃を防御していたヒーラーが気がついた。

-バキッ ガガガガッ

「いいぞ!相手の防御が崩れた!」

「倒せる!」

倒れたボスにハンターたちが一斉に攻撃する。

「もう一息だ!」

「早く攻撃を!」

-ドスンッ ワアアアアアア

「やった!」

「俺たちやったんだ!」

ハンターたちが歓声をあげる。

(なんだって!?攻撃が通用しなかったのに、どうして防御が崩れたんだ!?

違う。俺たちの攻撃は1ミリもダメージを与えてない。

さっき飛んできた何かがゴーレムを倒したのか!?)

旬の攻撃に気付いていたヒーラーがボスにあったものを確認する。

(一体何がこの岩を貫いたんだよ!?)

そこには旬の持っていた折れた短剣があった。

(十数人がかかりで倒せそうになかったボス級ゴーレムを、こんなもので倒すなんて誰なんだ!?)

ヒーラーは後ろを振り返る。

「すいません!」

「はい?」

「これ誰が投げたんですか?」

「あーそれはあちらのハンター

あれっ?さっきまでそこにいたのに

自衛隊が振り返ったときには、そこに旬の姿はなかった。

(凄まじい破壊力上級ハンターなのか?)

 

(まさか一発で倒せるとは。

あのゴーレムあんまり体力残ってなかったのかもな)

 

……水篠さん?」

 

スポンサードリンク



俺だけレベルアップな件の最新話を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

俺だけレベルアップな件はピッコマで配信されていますので、1日1話ですが無料で読むことが可能です。

また、本作は配信されていませんが、好きな漫画を無料で読む方法として下記の3つのサービスはおすすめですよ。

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3〜4巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1〜2巻が今すぐ無料で読める

おすすめは動画配信で見放題作品も豊富なU-NEXTです!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで好きな漫画を無料で読む!

俺だけレベルアップな件【第17話】感想

ダンジョンから戻った旬さん。

さっそくまた戦いがあるなんて、驚きました!

しかもあの折れた短剣であっさり倒してしまって

他のハンター(D級とE級)は全く歯が立たなかったのに!!

 

旬さんは今どのくらいのハンターなのでしょうか?

B級くらいにはなっているのでしょうかね

 

闘いに観月さんがいるのも驚きました。

1週間で駆り出されたのですかね。

元々心が弱い観月さんはあの不敵に笑う神像を克服するのに、まだ時間がかかりそうですね。

そして観月さんは旬さんの存在に気がついたのでしょうか!?