「俺だけレベルアップな件」第21話を読みましたのでネタバレを紹介します。

右京たちは入り口に戻って、採掘のための道具を取ってくると

旬と諸菱だけを残して、ボスの部屋から出ていった。

そして右京が一言「ボスの部屋の入り口を塞いでしまえ」と。

旬は右京たちはトカゲだと。

ピッコマにて最新話が無料配信されています!

俺だけレベルアップな件【第21話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

ピッコマでは1日1話しか読めないので、過去の話を振り返る時に不便なので、ご活用いただければと思います。

\好きな漫画の単行本が無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

俺だけレベルアップな件のあらすじ

「トカゲですか?」

「たまにいるんだ。トカゲのような野郎どもが。

危険な仕事だから事故なんて日常茶飯事だろ?

ところがいざ事故が起こっても、世間に知れ渡ることがないから、犯罪を犯してもバレないんだよ。

ダンジョンの中には、防犯カメラもないし、ハンターの犯罪を取り締まるのは無理に等しいってわけ」

旬は前にダンジョンにいった時、他のハンターが教えてくれたことを思い出す。

「弱いと簡単に見捨てられ、強ければ強いほど己の力に酔う。

不要だったり邪魔になればまるでトカゲがしっぽを切り落とし逃げるかのように、仲間を捨てるのさ。

だからくれぐれも気をつけろ」

そのハンターの心配した通りになったのだ。

俺だけレベルアップな件【第21話】のネタバレ

-諸菱と二人-

 

「水篠さん!マズいです!!入り口が

あいつらに裏切られました!!これっぼっちのマナ石のために、僕たちを殺そうとするなんて!」

諸菱はダンッと壁を叩いた。

それを見ても、旬は冷静だった。

(どうせどう転がってもハメられていた。俺たちがあいつらの罠にかかったのは、ここに来ることを決めた瞬間なのだから。

ヘタに動けば、すぐさま俺たちを殺す勢いだったよ)

そう右京たちだけで出ようとしたとき、諸菱が

「でですが、みんな一緒に出た方が

と言っているとき、後ろにいた一人がギロッとにらんでいたのだ。

(あれはそういうことだったのか)

最初にダンジョンに入ってモンスターが来て、一息ついた時右京が旬にこう言っていた。

「まああんまり勘が鋭すぎてもこまりますけど」と。

旬は荷物を置いた。

(澤田コージだっけ?光を扱うC級魔法使い。

それなりにしっかり塞いでくれてんじゃん。その気になればここを出るのは問題ないが

入り口の岩を触った旬はチラッと斜め後ろを見た。

(さっきの衝撃で起きてしまったあいつが問題だ)

そう爆発の音で、眠っていたボスが目を覚ましてしまったのだ。

C級ダンジョンのボス!)

 

「道を覚えておいたから一瞬で出てこれたな。ちょい休んでから戻ろうぜ」

右京たちは、ダンジョンの入り口まで戻ってきた。

「隼人さんこんな面倒なことする必要あります?別にあそこで殺してしまえば

コージが右京に言った。

するとムスッとした顔で右京は返した。

「おまえバカか。あそこで揉めて蜘蛛が起きたら、マナ石運べねぇだろ。

最弱兵器だが便器だか知らねぇけどクッソ弱ぇE級と、レイド経験ゼロのD級んらボスを倒すなんて無理

蜘蛛があいつらを食って、また寝てる隙にマナ石を運び出すぞ」

右京は不敵に笑っている。

「それが無理ならボスを倒すしかねぇけど諸菱だっけ?あのガキの装備見ただろ?

剣と盾だけでも数千万すんぞ。マナ石がダメなら、あいつの遺品で満足してやろう。

どこのボンボンか調べてみようじゃん。葬式くらい出てやんねぇとな」

右京はそう言って、スマホをいじり始めた。

その後ろでコージがしゃべる。

「さっきすごい音たてて壁が崩れたんで、今頃ボス ブチ切れでしょうね」

「コージ。あのでけぇの一人で倒す自信あっか?」

「あるわけないじゃないですか~」

「正直俺もだ。さすがボスって感じだよな。

つまりあの雑魚どもはどう足掻いたって、生き残れるわけねぇーんだよ」

-自分の強さのレベル-

 

-ドスンッ

蜘蛛が地上に降りてきた。

「み水篠さん。下がっててください。ぼ僕がなんとか

諸菱は怯えながらも、前に出ようとする。

(無数にある目、グロテスクな口。家ほどある巨大な体に、長く伸びた脚。

強さの次元が違う。次元が違う?)

その時、旬の中であの神像を思い出していた。

(前言撤回)

「諸菱くん動かないで」

そう言って、旬は前に出た。

そして右手から剣を出し、

「あいつは俺が殺る」と。

「えっ 水篠さん い今なんて

「俺が倒すよ」

もう一度、旬は言った。

「あれを水篠さんが!?(錯乱してんのか!?)」

突拍子もないことを言い出した旬に、諸菱は戸惑い驚く。

C級のボスを一人倒すにはBせめてCの上くらいの力がないと無理なんですよ!?

水篠さんじゃ到底!いっそ逃げ道を探しましょう!」

諸菱の声が耳に入っていたが、旬の目は諦めていない。

(諸菱くんの言うとおりだ。

再覚醒だとしても俺はまだ弱い。それなのになぜだろう挫折しそうなほどの圧力を感じない)

-グワアアア

(インスタンスダンジョンで遭遇した青毒牙のカサカ。E級レベルのボスにしては強かった。

おそらくD級以上。ゴーレムタイプのボスもD級かそれ以下。

間違いなく、あいつらとは比べようがないほど強い)

倒した事のあるボスと、目の前のボスを比べる。

C級レベルのボスの前でも、萎縮しないほど俺は強くなったんだ)

旬の口元がニッとが笑った。

-キエエエッ  ダダダダダ

蜘蛛が奇声を上げて、旬たちに向ってきた。

(今のレベルは18。C級のボスならやってみるだけある!)

-ビュンッ

「水篠さん! !!」

旬は身体能力を使って、蜘蛛の体に剣をぶつけていく。

(どうだ!? カサカの毒牙なかなか使える短剣じゃん?

ハンターがハンターと呼ばれる理由本当に狩りのはじまりだ)

短剣を握り直し、振り返って蜘蛛を見た。

諸菱は青ざめてその様子を見ている。

(あれがあれがあれがE級だって!?)

-カンッ キンッ ダンッ カキンッ

彼の目の前では、旬が蜘蛛に立ち向かっている。

スポンサードリンク



俺だけレベルアップな件の最新話を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

俺だけレベルアップな件はピッコマで配信されていますので、1日1話ですが無料で読むことが可能です。

また、本作は配信されていませんが、好きな漫画を無料で読む方法として下記の3つのサービスはおすすめですよ。

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3〜4巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1〜2巻が今すぐ無料で読める

おすすめは動画配信で見放題作品も豊富なU-NEXTです!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで好きな漫画を無料で読む!

俺だけレベルアップな件【第21話】感想

トカゲの意味が良く分かりましたね。

ようはトカゲのしっぽ切りを右京たちギルドがやってきてたってことですよね。

それも必ず二人。

今回その役目が旬さんと諸菱さんだったと。

強さに魅入られんですね。右京は。

それほど弟へのコンプレックスがあったのでしょう。

 

それにしても旬さんすごいですね。

C級のボスに圧力を感じないで、自分が倒すと言いきれて!!

あの神像に比べたら、C級のボス蜘蛛は圧力を感じないのでしょう。

旬さんの力が強くなっているのも理由の一つですが

 

まだ誰にも見せていない旬さんの今の実力。

それを目の前にした諸菱さんは今後どうなるのでしょう。

そして無事にボスを倒して、生きて帰れるのでしょうか!