「俺だけレベルアップな件」第24話を読みましたのでネタバレを紹介します。

戻ってきた右京たちは、旬を殺すように諸菱に言った。

しかし諸菱は逆に右京たちに剣を向けた。

それでも彼らの標的は旬だった。

そんな旬に緊急クエストが発動された。

内容は右京たちから敵意を感じるから殺せと

ピッコマにて最新話が無料配信されています!

俺だけレベルアップな件【第24話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

>>俺だけレベルアップな件のネタバレ一覧はこちら

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

ピッコマでは1日1話しか読めないので、過去の話を振り返る時に不便なので、ご活用いただければと思います。

\好きな漫画の単行本が無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

俺だけレベルアップな件のあらすじ

(人を殺してしまった。人を

純を殺してしまった旬は考えていた。

(システムの命令に従っただけだとはいえ、俺は今人を殺したんだ。

殺さなければ俺が死ぬ。もう引き下がる事はできない)

短剣を持つ手に力が入る。

(強者だけが生き残れるのであれば)

旬の目つきが変わった。

そしてあの神像の時の戦いを思い出していた。

あっさりと殺されてしまったハンター。そして裏切った真島。

裏切られたときの旬は頭を抱えた。

そして次に顔をあげた時、彼はギロッと睨み込んだ。

青いオーラが旬から放たれている。

 

俺だけレベルアップな件【第24話】のネタバレ

-旬の強さ-

 

「どんな手を使ったのか知らねぇが油断は禁物だ。

コージ殺れ」

右京の言葉に、コージは必死な顔で魔法を使った。

距離を置いたところにいたはずの旬が、一瞬にしてコージの目の前に。

「おまえの魔法は邪魔だ」

そう言うと、一瞬にしてコージの体を切り刻んだ。

右京のすぐ目の前で、コージから血が飛び散る。

「あいつ!」

見ていた2人のハンターが旬に向っていく。

その攻撃を簡単に避けた旬は、男の首を切った。

もう一人が攻撃をしてきた。

しかし男の腕を掴み、そのままお腹を剣を刺した。

そしてまた次へ

「くっ…E級がなんて動きしてんだよ!

ダメだ攻撃が間に合わない!速すぎる!」

(おまえたちもハンターなら狩れ。ハンターは狩るために生まれてきたのだから)

旬になにかが乗り移っているかのよう。

また一人切り刻まれた。

それは一瞬で死なないほどの傷だったため、効果の麻痺が発動した。

「か体が動かない!うわっ!」

「魔法?魔法なのか?」

「貴様ァ!」

ボスを倒すのを見ていた諸菱は、さらに驚いていた。

「つ強い。ダンジョンのボスと戦ったときより、強くなってる気がする」

「ぐはっ!」

「ごふっ。そいつ一体何者だ!」

一人には出血が発動し、2人には麻痺が発動した。

-スパッ

旬の周りには右京以外のメンバーが倒れている。

「い一瞬にしてうちの全員!?

実力を隠してたんだな?ボスもおまえが倒したのか?」

旬は何も答えない。

画面には残り人数:1と。

 

-報酬-

 

「まさか全員やられるとは思わなかった。

あいつらと同じC級でも、俺はひと味違うってのを見せてやる。

強化!」

右京は自分の体に力を入れた。

そして彼からは赤い炎が出た。

(バケモンみてぇな野郎だが、ボスと7人のハンターを相手にしたんだから、全力がないはずだ!

そんな体で短剣を振り回したって、俺の防御は破れっこねぇーんだよ!)

右京は持っていた盾を前にして、旬に向っていく。

(奴は速度が長けたダメージディーラー!

強化スキルを破るパワーがないどころか、ぶつかれば砕け散ってしまうだろう)

「右京さん。あんたは強い」

そう思っていた右京の目のまえには旬が。

旬の手は右京の顔をとらえていた。

「だけど一つ残念なことを教えてやろう」

-バキッ

右京の顔を掴んで、そのまま地面にたたきつけた。

「俺はな絶えずレベルアップしてんだよ」

「ぐふッ。ごほッ」

(な何が起こったんだ?俺を俺を地面に叩きつけた

こいつ絶対にE級なんかじゃない!ってことは不正登録者!?)

叩きつけられても死ななかった右京は、何とか顔をだけ浮かせた。

「おおい待て。殺すな!助けてくれ!」

右京は命乞いをしながら、ふらふらと立ち上がろうとする。

「か金なら返す!ここにあるマナ石も魔法石も全部くれてやるよ!」

そん命乞いは旬には通用しない。

「三度。三度も殺そうとした相手に助けを乞うのか?」

「ややめろ!ここんなことしていいと思ってんのか!?」

必死の顔をする右京。

彼を見下す旬は、彼が言っていたことを言う。

「ダンジョンで起きたことは外部に漏れないって言ってなかったっけ?」

右京は目を見開く。

「テメェ!俺の弟が誰だか知ら

-シュッ

最後まで聞かずに旬は、右京の首を切り落とした。

(また服がダメになった。

まあサイズも合わなくなってきたし、この機会に買い替えるか)

ふと諸菱を見ると「おえーっ」と吐いていた。

旬の視線に気がつくとプルプルと震えている。

……

-ゴゴゴッ

「ボスが死んでダンジョンが閉ざされようとしてる。急いで出よう」

 

緊急クエストの条件をすべてクリアしました。

報酬を確認しますか?

クエストの報酬のなかにスキル:殺意とある。

 

アメリカのワシントンでは。

「朝か。日本は今何時だ」

筋肉マッチョの男が目を覚ました。

「おっ?悪い夢でも見てたのか?涙が勝手に流れてきやがる」

>>俺だけレベルアップな件のネタバレ一覧はこちら

スポンサードリンク



俺だけレベルアップな件の最新話を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

俺だけレベルアップな件はピッコマで配信されていますので、1日1話ですが無料で読むことが可能です。

また、本作は配信されていませんが、好きな漫画を無料で読む方法として下記の3つのサービスはおすすめですよ。

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3〜4巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1〜2巻が今すぐ無料で読める

おすすめは動画配信で見放題作品も豊富なU-NEXTです!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで好きな漫画を無料で読む!

俺だけレベルアップな件【第24話】感想

旬さん強すぎです!!

E級じゃなくてC級でもないでしょうし

S級とかの強さなのでは

 

一瞬にして8人を殺してしまうなんて

でもシステムとはいえ、なんだか旬さんが旬さんでなくなってるように感じました。

神像でも乗り移っているかのうな

怖い感じです。

旬さんはどこまで強くなるのでしょう。

それから報酬の殺意のスキル。使い道が怖いですね。

 

右京も強いとはいえ、あっさりとやられてしまいました。

最後は弟をだして命乞い

どこまで勝手な人なんでしょう。

そしてその弟と思われる人が出てきましたが。

もしかして双子とかなのでしょうかね。

だから涙が出たとか。

 

さて次に旬さんに起こることはなんなのでしょう!!