「俺だけレベルアップな件」第38話を読みましたのでネタバレを紹介します。

30億は独断では無理だと、宍戸は焦って部下にしか話していなかったのだ。

旬は隠密を使用し、彼に圧をかけた。

C級ゲートを買い占めた代わりに、三つのゲートを2千万で譲った旬。

そんな旬は新たな転職クエストに挑もうとしていた。

ピッコマにて最新話が無料配信されています!

俺だけレベルアップな件【第38話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

ピッコマでは1日1話しか読めないので、過去の話を振り返る時に不便なので、ご活用いただければと思います。

\好きな漫画の単行本が無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

俺だけレベルアップな件のあらすじ

-シュンッ ヒュッ

鎧を着たモンスターが旬に襲い掛かってきた。

それを避けた彼は、そのまま急所付きをする。

-ビュンッ

しかし攻撃は当たらず、モンスターは剣を振り回す。

(攻撃がまったく通用しない!)

何度も攻撃をするが、まったく効いていない。

(そこまで強い野郎じゃない。鎧が固く、歯が立たないだけだ。

動きも遅いし威力だって欠ける。防御力がやたら高いだけ)

モンスターの背後に回り込む旬。

「動きが大きいと隙が増えるってことを知らないのか?」

(表皮が固い敵なら前にもいた!)

-バキッ

背後に回った旬は、モンスターの頭に乗り素手で頭部を破壊した。

ナイトを倒しました

俺だけレベルアップな件【第38話】のネタバレ

-転職クエスト-

 

「長期戦は避けらないタイプのモンスターだな。ってかそもそもモンスターなのかこいつ?

人型かこういうのに何度も出てこられえると少々厄介だ」

ナイトを倒した旬は一人でしゃべり出す。

「夜光石がなく、この松明だけだから視界も暗い。

インスタンスダンジョンと同様にクリアするまで、外に出れないみたいだしマナは大切に使わないと。一番痛いのはダメージが蓄積すること」

レベルアップ時の状態の回復を使用できません

先を進みながら旬は自分の状況を考えている。

「隠密や急所突きは効率がいいけど、それだけマナを消費してしまうこんなことなら知能をもっと上げとくんだった」

今回のダンジョンは難易度不明で回復も不可、途中退場なしとかなりリスクを伴っている。

「転職クエスト余裕ぶっこいてる場合じゃない。クリアするのに数時間いやずう実がかかるかもしれない上、回復不可ときた

っておい待てそういや今日まだデイリークエストやってないし!すぐに帰れるだろうと思って後回しにしたんだよ」

旬は少し青ざめる。

また前回のようなムカデに追われる羽目になると

「日付が変わるまでにこっから出れるかなさっさと転職してデイリークエストやりに行こ。あでも、あのときより今のがずっと強いから、ムカデくらいすぐに殺せるかも?」

以前より強くなっている旬は、多少の余裕を見せている。

 

-敵の種類-

 

「まあいずれにせよ

-ガチャッ ガチャッ ガチャッ

「防御直通信して、突撃してくるこいつらを先に倒さないとな」

背後からナイトが三体やってきた。

旬は明かりになっていた松を捨て、ナイトの一体に拳で攻撃をする。

他の二体はそれをみて構えるが、旬は一瞬で二体の頭を破壊した。

「切れないなら破壊すればよし」

一瞬で三体のナイトを倒した。

「おっ?こいつアイテム持ってるじゃん」

アイテムを手に入れた旬はさっそく身につけた。

「装備系のアイテムを身につけても、見た目が変わらないのは助かるよな。

全部目に見えたらとんでもなくダサいことになる。透明だけど防御力アップ」

もう一つのアイテムを開けると、3万のゴールドが入っていた。

「!」

-ガキッ

刺客を倒しました

ゴールドに喜んでいた旬だったが、何かに気がつき短剣で真横を突き刺した。

(隠密!?)

「隠密を使うのまで出てくんのか?」

驚いている旬だったが、その背後からは魔法が飛んできた。

「今度は魔法使い?しかも閃光を放ちやがった。

隠密に澤田コージが使ってた閃光魔法、どうなってんだ?」

彼は焦っていた。

(まるでこれまでの闘いを振り返ってるかのようだ)

冷静の考えている時間はなかった。

次から次へとモンスターが現れてくるのだ。

「思ったより面倒なクエストだな」

ナイトは筋力、刺客は感覚、アーチャーは速度、魔法使いは体力とモンスターがどのタイプに属するかによって、役立つ能力値は異なる。

知能を重要視していなかった旬は、マナはあまり使いたくないため、できるだけスキルに頼らずに戦っている。

一気に敵を倒した旬だったが、疲労が溜まってきている。

「ちょっと横になって疲労を回復させ

-ガシッ

彼は座り込んだが、また新たなモンスターが出てきていた。

「クソッ休む暇も与えてくれやしない」

 

「レベルも上がりアイテムも集まった。

疲労も回復したし、そろそろ次のステージに進んでみるか」

一通りの敵を倒した旬は体中にアイテムを装備していた。

そして先に進む。

「ただこれだけレベルが上がったのに、まったく見当がつかないんだよな。

この扉の向こうにいる野郎がどれほど強いのか」

そう言って立っていたのは、ボスの部屋に続く扉の前だった。

それでも彼は扉を開いた。

(身震いしそうなこの空気

-バタンッ

「王の謁見室?」

その時だった。

(目が耳が指先が全身が覚えている)

旬の顔が怯えてはじめた。

(二重ダンジョンで感じたあれだ。この威圧感。

ただならぬ気配の正体はこいつだったのか

赤色のナイトが奥から姿を現した。

 

スポンサードリンク



俺だけレベルアップな件の最新話を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

俺だけレベルアップな件はピッコマで配信されていますので、1日1話ですが無料で読むことが可能です。

また、本作は配信されていませんが、好きな漫画を無料で読む方法として下記の3つのサービスはおすすめですよ。

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3〜4巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1〜2巻が今すぐ無料で読める

おすすめは動画配信で見放題作品も豊富なU-NEXTです!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで好きな漫画を無料で読む!

俺だけレベルアップな件【第38話】感想

転職クエストってなんでしょう。

旬さんの言う通り、今までの闘いを振り返っているように感じます。

最後の二重ダンジョンで感じた威圧感とか、もう振り返ってますよ。

それでこそ転職なのですかね?

 

どれくらいのモンスターが出てきたのか分かりませんが、旬さんはすごく強くなってますね!!

隠密を使うモンスターや魔法使いまで倒してしまうのですから。

 

二重ダンジョンと同じ威圧感やただならぬ気配を感じたからには、難易度も高いでしょう!

その中で回復ができないし、クリアしないと出れないですが、旬さんは無事にボスを倒すことができるのでしょうか!