「俺だけレベルアップな件」第56話を読みましたのでネタバレを紹介します。

レッドゲートから無事に帰ってきた旬たち5人。

白川は話を聞こうとしたが、旬は不機嫌なままその場を後にした。

そして白川は彼をギルドに入れようと宍戸に声をかけた。

一方で旬はバルカを抽出できなかったことに少し苛立っていた。

リンは旬の事を「旬くん」と呼びだしたのだった。

俺だけレベルアップな件ネタバレ一覧

俺だけレベルアップな件の最新話までのネタバレを話数ごとに掲載した一覧ページへは下記でご確認ください!

原作となる韓国のkakaopageでは、すでに100話近くまで公開されていましたので、まだまだ旬のレベルアップは続きそうですね!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

ピッコマでは1日1話しか読めないので、過去の話を振り返る時に不便なので、ご活用いただければと思います。

\好きな漫画の単行本が無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

俺だけレベルアップな件のあらすじ

諸菱とのレイドにて。

-ザグッ カンッ

「み水篠さん。ななんですかこいつら!?」

旬の影のモンスターを見て諸菱は腰を抜かしていた。

(あーそっか。諸菱くんにはまだ見せたことがなかったんだった)

そんな彼に冷静に答える。

「俺のスキルの一つかな」と。

それでも諸菱は驚いている。

「ススキルでこういうの出せるもんなんですか!?」

「説明するのは難しいけどまああると便利だぞ。勝手に戦ってくれるし、雑用までこなすしな」

影のモンスターたちは魔法石なども発掘しているのだ。

それを見て諸菱は落ち込む。

「水篠さんせめて魔法石くらい僕に拾わせてください」

「なんで?」

「僕の役目を取られたような気がして悲しいです

そんな諸菱を見てクスッと旬は笑った。

(ったく変なヤツ。諸菱くんとレイドを回るのも明日で最後だ)

諸菱は影のモンスターから魔法石を受け取っていた。

 

 

そしてその翌日、彼との約束の19回のレイドが終わったのだった。

 

俺だけレベルアップな件【第56話】のネタバレ

-人間orモンスター-

アメリカの東部、A級ダンジョンでは

「オーノォォォォッ!」

「ジーザス!」

A級ハンターのジュームズが青ざめていた。

(全員やられてしまった!信じられん!人間型モンスター!?)

彼の目の前には、倒れるハンターの中に一人の男がたっている。

(このダンジョンに潜ってからここに来るまで、一匹もモンスターがいなかった。おかしいと思ったんだ)

「まさかボスの部屋にあんな怪物がいるとは!」

長髪で髭の生えた男がジェームズの方を向く。

(たった一人なのに漂ってくる魔力はA級ダンジョンを超える!信じられん!一体どれほど強いモンスターなんだ!?)

「おい」

男が声を掛ける。

「ううわぁぁっ!来るなっ!」

ジェームズは腰を抜かした。

頭をポリポリと掻きながら男は声を出す。

「大声出さないでくれ。耳が痛い。安心しろ。殺したんじゃなくて全員気絶させただけだから。

なんでよってたかって攻撃してくるんだよ?俺は人間だって言ってるだろ」

ジェームズはガクガクと震えだした。

って通じるわけないか。英語は俺もさっぱりなんだよなぁ。アイムジャパニーズ。アイウォントゥー、ゴー、ホーム」

 

-お互いの道-

「これで約束通り19回クリアだ」

「すいません水篠さん。最後の日はもっといい店にお連れしたかったんですが

旬と諸菱は近所の焼肉店に来ていた。

「こっちがごめん。いいとこの坊ちゃんの口には合わないかも。これからの計画は?レイドも終わったことだし」

彼らはお酒を交わす。

 

「協会で簡単な筆記試験を受ければ、ギルドマスター免許が取れるんで、それ持って父に話をしてみるつもりです」

(30億のビルはもらえたらうれしいけどそれはおまけ程度にしか考えてなった。本当の目的はレベルアップ。

目標はとっくに達成できてるし、これ以上こいつと絡む必要はない)

旬はレベルが61にまで上がっていたのだ。

(だけど

「水篠さんはこれからどうするんですか?」

口をモゴモゴしながら諸菱は聞いた。

彼は手に持っているダンジョンへの鍵を見ていた。

「しばらくは連絡つかないと思う。ちょっと行くとこがあって」

持っていた手をギュッと握る。

「水篠さん。僕のこと面倒に思ってるなら正直に言ってください。もうご迷惑をおかけすることもありませんから」

そう言うと諸菱はクイッ!と呑んだ。

(また変な誤解してる。こいつ

「諸菱くん」

「はい?」

「俺のことどう思う?」

そんな旬の問いかけに、諸菱は遠い目をした。

僕には10個離れた兄が一人います。兄は僕のこと嫌ってて、兄弟で何かをしたことってあんまないんです。

それなのに水篠さんは僕の命を助けてくださっただけでなく、僕のお願いを聞いてくださったし水篠さんが僕の兄貴だったらなって思います」

その言葉に旬は驚いた顔をした。

そして優しい顔になって、お酒を出した。

「それなら今日からおまえは俺の弟だ」

「み水篠さん」

旬の言葉に諸菱は大粒の涙を流した。

「あのハグしてもいいですか?」

お酒を飲んでいた諸菱はすでに酔っていたのだった。

 

その時、テレビで

「新人訓練中に大きな事故があったとのことですが、詳しくご説明ください!」

「上級ハンターはなくなったにも関わらず、下級ハンターが生還したというのは本当ですか?」

「生還者の方たちが誰かに助けられたという話もありますが、それについて何かご存知ですか?」

白川がレッドゲートの件で会見を開いていた。

「事故が起きたのは事実です。協会側の調査はすでに終わっており、助力者の存在などは確認できませんでした」

(助力者?)

「それならどうして生存者の方へのインタビューの場が設けられなかったのでしょうか?」

そこで会見は終わったのだった。

(今のって俺のことだよな?)

旬はテレビを見て自分のことだと思った。

 

-新種-

白川は会見の後社長室に戻ったが、ひと息する間もなく内線が入った。

「社長、美濃部ハンターからお電話ですが、お繋ぎしてもよろしいですか?」

「剛が?わかりました。繋げてください」

「大虎さんなんで携帯の電源切ってるんですか?」

「マスコミが静かになるまで隠れていようと思ってな」

受話器を持つことなく、白川と剛は話している。

「あーレッドゲート?俺もさっき韓国でニュースで見ました」

「えっ?今韓国なのか?」

剛の居場所に多少の驚きをしたが、彼はそれとは関係ない話を少しした。

そして本題に入った。

「多分あれすぐに静かになると思いますよ?ビックニュースが一つあるんです」

「ビックニュース?今韓国なんだろ?」

「一週間前に韓国からハンター協会にこっそり連絡があったんです。それで来てみたら思ったよりヤバそうで。すぐに日本でも報道されると思います」

あまり興味がなさそうだった白川だったが、次の話を聞いて目を見開いた。

「架南島レイドに参加したハンターの諮問を受けたいっていう内容でした」

「詳しく聞かせてくれ!」

体を起こして食いい気味に聞く。

「四年前、架南島に現れたS級ゲート。三度の討伐作戦がすべて失敗に終わり、結局政府も架南島を見捨ててたじゃないですか。

四年がたった今でもアリがうじゃうじゃしてますし、あのとき俺も大虎さんもマジで死にかけたのおぼえてますよね?」

あぁ、思い出したくもない」

白川の顔は怖くなっていた。

「あれ新種が現れたみたいなんです」

「新種?でもどうせ関係ないだろ。島の中にいるんだから。ほっとけばいい話」

「それが島の外に出てこれちゃうんです。海の向こうまで飛んで!韓国近海で羽のついたアリの死体が見つかりました。

あいつら恐ろしいまでの進化を遂げてます!!」

>>俺だけレベルアップな件のネタバレ一覧はこちら!

スポンサードリンク



俺だけレベルアップな件の最新話を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

俺だけレベルアップな件はピッコマで配信されていますので、1日1話ですが無料で読むことが可能です。

また、本作は配信されていませんが、好きな漫画を無料で読む方法として下記の3つのサービスはおすすめですよ。

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3〜4巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1〜2巻が今すぐ無料で読める

おすすめは動画配信で見放題作品も豊富なU-NEXTです!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで好きな漫画を無料で読む!

俺だけレベルアップな件【第56話】感想

旬さんと諸菱さんのレイドも終わっちゃいましたね

なんだかあっさりと19回でした。

それに最後の最後で影のモンスターを見せていたので、諸菱さんも驚きますよね。

そしてモンスターも魔法石とか集めるんですね!

 

レッドゲートの件は、旬さんのことは触れなかったですね。

白川社長なりの気遣いなんでしょうか?

それとも知られないように宍戸課長がいったのでしょうかね。

 

剛さんとはどんな方なのでしょう。

S級ハンターなのでしょうかね。

諦めた架南島からでた新種のアリ

嫌な予感ですね。

 

旬さんが次に目指すのはなんでしょう!?

そして新種のアリにも関わりを持つことになるのでしょうか!