「俺だけレベルアップな件」第58話を読みましたのでネタバレを紹介します。

旬は城門の鍵を使ってダンジョンに潜り込んだ。

クエストは悪魔の魂を集めること。

一方で賢太は父親にギルドマスターにしてほしいと交渉していた。

旬の存在を父親も知っていたのだった。

そして彼を招き入れられるかと。

ピッコマにて最新話が無料配信されています!

俺だけレベルアップな件【第58話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

ピッコマでは1日1話しか読めないので、過去の話を振り返る時に不便なので、ご活用いただければと思います。

\好きな漫画の単行本が無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

俺だけレベルアップな件のあらすじ

「気が遠くなりそうだ

悪魔の魂を309集めた旬は独り言を呟く。

彼の周りにはたくさんのモンスターが倒れている。

(モンスターのレベルはせいぜいD級。それでも経験値はガッポリもらえる。

いつもならレベルを1上げるためには、C級ダンジョンを9カ所は回らないといけないけど、ここでは4時間でレベルアップできてしまう。

要求される経験値はレベルが上げるにつれ増えていく。レベルを上げるのも大変になってきたぞ)

俊は立ち止って白虎隊の社長・白川を思い出す。

(この間白川大虎に会った時、今の俺はちょうどS級に差しかかった程度だということを悟った。もっともっと強くなるためには、ペースを上げていかないと)

旬はアイテムを見る。

それは悪魔の塔の二階にあがるための許可書だった。

「二階に上がろう。層間移動魔法陣はあっちにありそうだな」

旬はタワーのある方を見ている。

「モンスターどいつでもいいから一匹、出てきてくれ」

そうすると、アイスベアのボスがシュッと出てきた。

「さてと行ってみますか」

旬はボスに飛び乗った。

「んっ?」

ちょうどそのとき、モンスターが3体出てきた。

「はぁめんどそうなヤツらー」

そう呟いている途中で、アイスベアが走り出した。

「勢いあるじゃん?おまえは今日からタンクだ!魔法陣まで突っ切ってくれ!!」

俺だけレベルアップな件【第58話】のネタバレ

-もじゃもじゃ男-

 

ワシントンのハンター管理局では、副局長たちが集まっていた。

「あの男か?身元はわかったのか?」

「日本のハンターだと主張しています」

彼らの前には、以前ダンジョンでハンターを気絶させた男が座っていた。

「日本のハンターがどうしてこっちのダンジョンに現れたんだ?」

「十年前ゲートを閉じ、ダンジョンから出られなくなったらしいのですが、目を開けるとアメリカに来ていたと話しています」

それを聞いて副局長は考えた。

(前代未聞の事件だ。A級ゲート内に人間がいる事自体信じがたいというのに、A級ハンターで構成された攻撃隊がやられてしまうとは)

「それで?他にわかったことはないのか?」

「人間の記憶を持つモンスターであり可能性もあるため、取り調べは保留にしています。私たちだけでは、ワシントンの安全を保証できませんので、S級ハンターに応援を要請しました」

男の手には頑丈な手錠がされている。

「ワシントン在住で日本語が可能なS級ハンターが一人、スカベンジャーギルドにいるんです」

「スカベンジャーギルドのメインハンター、ミスター右京!!彼は今どこに?」

副局長は驚き大きな声を出す。

「日本に滞在中ですが、今からこちらに戻って来るそうです。明日の朝、彼の協力のもと、取り調べを行います」

「それはよかった。ところでこの男の名前は?」

「発音が少し難しいのですがジュンイチロー・ミズシノというそうです」

 

 

その頃の右京は空港を歩いていた。

(あーあなんだよったく。殺してやろうと思ってた雑魚どもは、レッドゲートの中だし

「なんつータイミングだ」

そう呟いていた。

 

-進むにつれて-

 

悪魔の城は階ごとに異なる世界に繋がっている。

侵入許可書を手に入れ、次の階に進んでいく。きっと百の世界が存在するのだろう。

旬はいつの間にか二十七階に来ていた。

時間の経過とともに、上に上がる速度も怖いほどにあがっていっていた。

「中級の悪魔はC級の上ってとこだな」

(これだと上級は相当手強そうだ。ハンターもA級とS級じゃ全然違う。本当に百回まであるのなら、一週間で一番上まで行くのは、無理かもしれない)

彼の中では、味気ない戦いが続き緊張感がなくなってきてしまっていた。

そして五十階にきたとき

下層の支配者・貪欲なるヴォルカンが出てきた。

彼の護衛兵も一緒に出てきたのだった。

(ボス級の悪魔!あのデカイのはヤバそうだ。俺が相手をしよう)

「それじゃはじめるとするか」

そう呟くと、旬の周りから影の兵たちがあらわれた。

「護衛兵たちを頼んだ」

ヴォルカンの護衛兵が侵入者を発見しました

護衛兵たちが旬たち目がけて走り出した。

「皆殺しにしてしまえ」

旬は隠密を使用して姿を隠した。

影の兵たちは護衛兵たちを倒していく。

(護衛兵も上級悪魔だが、影の兵士たちの今のレベルなら大丈夫だろう。影の兵士は知能を上げれば強くなり、保管できる数も増えていく。

知能をガンガン上げておいたおかげで、回復させる魔力だって十分ある。それにしてもいつまで座ってんだ

旬はヴォルカンを見る。

彼はドーンっ座っていた。

(動くのを待ってたけどさっさと片付けてしまおう。思ったより簡

-パッ

「!」

ヴォルカンが一瞬にしていなくなった。

大きな巨体から考えられてないほどの、瞬発力で影の兵たちの真上に来ていた。

(なんだあの動き!?)

-ゴキッ

ヴォルカンは影の兵たちめがけて、持っていたこん棒を振り下ろした。

-シュッ ゴオオ

-タタタっ

旬は走って彼の元へ。

「何やってくれてんんだよ?」

ヴォルカンの行動に旬は怒っていた。

彼に向って拳を振り下ろした。

スポンサードリンク



俺だけレベルアップな件の最新話を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

俺だけレベルアップな件はピッコマで配信されていますので、1日1話ですが無料で読むことが可能です。

また、本作は配信されていませんが、好きな漫画を無料で読む方法として下記の3つのサービスはおすすめですよ。

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3〜4巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1〜2巻が今すぐ無料で読める

おすすめは動画配信で見放題作品も豊富なU-NEXTです!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで好きな漫画を無料で読む!

俺だけレベルアップな件【第58話】感想

あの男もミズシノという名前なのでしょう。

右京と会って大丈夫なのでしょうか?

旬さんと勘違いするのでは

それにしてもダンジョンは今だ分からないことだらけですね。

 

旬さんはどんどん強くなっていきますね。

1週間でどこまで強くなるのでしょう。

今は50階ってことですが、どれくらいの期間で行ったのでしょう。

100階までも行けるのでは

その分、悪魔も強くなるから難しいのでしょうか。

今回出てきたヴォルカンも結構強そうですね。

旬さんの拳がどのくらい効果があるかですね!

 

旬さんはヴォルカンを倒せるのでしょうか。

ミズシノという男は一体!?