「俺だけレベルアップな件」第9話を読みましたのでネタバレを紹介します。

人類最弱兵器と呼ばれるE級ハンター・水篠旬。

神像を止めることができた旬たち。

その神像が今度は祭壇を出した。生贄として馬渕が責任を取って近づいた。

すると炎が灯った。

旬も手を借りて祭壇に行くと、また炎が灯った。

そして全員が祭壇に行くと、炎がともって、光り輝くと扉が開いた。

ピッコマにて最新話が無料配信されています!

俺だけレベルアップな件【第9話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

ピッコマでは1日1話しか読めないので、過去の話を振り返る時に不便なので、ご活用いただければと思います。

\好きな漫画の単行本が無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

俺だけレベルアップな件のあらすじ

-ドスンッドスンッ

「今少しこっちに近寄りやがった!」

プシュッ ドスンッ

「どどうすりゃいいんでしょう

「なんで近寄って来んだよ!」

近づいてくる石像に、旬は息を荒げながら見る。

そして旬が目線を変えると、その方向にいた石像が止まった。

「観月さん。目をつぶっちゃいけません!」

ガクガクと震えて、手で目を隠している観月に旬は声をかける。

そして他の人たちにも声をかけた。

「子供のころやってた遊びと同じ原理です。目を離すと動きます!みんな石像から目を離さないで!」

「うっ

ドスンッ

「いやぁぁぁっ!」

女性のハンターが一人、石像の足音を聞いて、悲鳴をあげた。

そして走り出した。

「待って!」

「おいっ!」

女性は旬たちの声に振り向くことなく祭壇から降りた。

すると炎が一つ消えた。

-ガラガラッ

扉が少しだけ閉まったが、女性はそのまま扉を通り抜けた。

俺だけレベルアップな件【第9話】のネタバレ

「えっ

「水篠くんどうなってんだ

「あの人、助かったぞ

「少し扉が閉まったけど無事に脱出できた!」

女性が抜けれたことに驚く。

(どうして 青い炎は時間の経過とともに消えていく。

人の数だけ灯ったオレンジの炎は、一人脱出した途端一つ消えた)

旬は必死に考える。

(一つ目の掟は敬せよ。二つ目は讃えよ。少なくとも答えはスフィンクスのように、ナンセンスな問題ではなかった。開かれた扉は罠だ。

目に見える偽の希望。オレンジの炎が人数分灯ったとき、扉が開いた。

炎が消えるたびに少しずつ閉まっていくということは全て消えるとき、完全に閉ざされる!

信仰せよ。恐怖と危険。甘い誘惑。

その中でも信じ続けることが、できるのか試されるのかもしれない!)

旬がそう思った時、彼を祭壇までつれてきた男が震えていた。

「わ悪い。もう無理だ

-ドサッ

男は旬をどけて、走り出してしまった。

「ダメです!」

男は振りかえることなく、扉の向こう側へと行ってしまった。

「ああぁ!」

真島と観月は目を見開いてそれを見ていた。

「動かないでここにいてください!」

旬は残っている3人に声をかけた。

「これ以上、人がいなくなると死角ができて全滅しちゃいます!」

「水篠くん。どういうことなんだ?説明してくれ」

「石像から目を離さずにこのままいれば大丈夫です!

青い炎が全部消えるまで。あれはタイマーです。

全部消えるとき、全員が助かるはずです」

「でもよ兄ちゃん炎が全部消えたとき閉じ込められてしまう可能性だってあんじゃないのか?

助かる保証なんてどこにもないだろ?」

真島は旬の考えを否定するかのような言葉をかけた。

「正直、一番弱い兄ちゃんが、こんなに活躍するとはおもわなかった。

役に立つはずないと、勝手に思い込んでたよ。

かなりの犠牲者が出たのに俺たちがこうして命拾いできたのは、冷静に謎を解いてくれた兄ちゃんのお陰だ。ありがとな」

真島は旬にお礼を言う。

「真島さん

「だが、だがな俺にだって家族がいる。まだ死にたくねぇんだよ。

生きて帰りてぇ。俺ももう限界だ」

真島は剣を落とし、大粒の涙を流した。

「真島さん!」

旬は振り返る事が出来ないため、彼の名を呼ぶ。

「すまない」

「真島さぁぁん!!」

旬が大声を出して、彼を見た時にはオレンジの炎がまた一つ消えた。

(すまない?笑わせんな!)

旬は彼の背中を見て思った。

そして涙を流した。

「ううっ。うぐっ」

(どんな理由を並べようとあなたが逃げれば俺たちは死ぬ)

ドスンッドスンッドスンッ

旬は頭を抱えた。

 

スポンサードリンク



俺だけレベルアップな件の最新話を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

俺だけレベルアップな件はピッコマで配信されていますので、1日1話ですが無料で読むことが可能です。

また、本作は配信されていませんが、好きな漫画を無料で読む方法として下記の3つのサービスはおすすめですよ。

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3〜4巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1〜2巻が今すぐ無料で読める

おすすめは動画配信で見放題作品も豊富なU-NEXTです!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで好きな漫画を無料で読む!

俺だけレベルアップな件【第9話】感想

まさかの真島の裏切りです。

確かに、生きる残れる保証はないですが、そこまで謎を解いた旬さんの言葉を信じてほしいです。

扉の向こうだって、生き残っている可能性はないのですから。

それだけで旬さんに観月さん、馬渕さんの命を危険に晒しているのに。

結局は自分が生き残りたいだけなのでしょう。

馬渕さんを生贄として、祭壇に追いやったのもそのひとつですね。

 

確かにダンジョンに行こうと言い始めたのは、馬渕さんでしたが、真島さんと久我さんは最初から乗り気だったじゃないですか。

それに多数決で決めたことですし。

嫌な感じの人ですね。

 

さて、だるまさんが転んだ状態の旬さんたちは、3人でどうやって乗り切るのでしょう。

そしてタイマーと思われる青い炎はいくつ残っているのでしょうか。