漫画|俺だけレベルアップな件【第97話】のネタバレ・感想!魔獣化してアリに立ち向かう白川

[cc id=1271]

「俺だけレベルアップな件」第97話を読みましたのでネタバレを紹介します。

架南島の周りで電波を発動し、女王アリを助けられないようにした。

日本のS級ハンターはアリの巣に入っていった。

奥に進むと産卵場があった。そこには殻だけの大きな卵が

そしてミズアとケン、アーチャーが一瞬にしてやられた。

ピッコマにて最新話が無料配信されています!

俺だけレベルアップな件【第97話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

ピッコマでは1日1話しか読めないので、過去の話を振り返る時に不便なので、ご活用いただければと思います。

\好きな漫画の単行本が無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!
目次

俺だけレベルアップな件のあらすじ

町田よりも大きな体のアリが目の前に。

(こいつらが女王の近衛隊!一匹一匹がS級並みだ。だが所詮モンスター。多様な戦術を駆使するハンターとは違い、動きが単純だ!)

-ガンッ

アリが襲い掛かってきた。

「向坂さん!」

彼の声で、雫が脳天を貫く。

-ガガガッ

そのまま縦に切れ裂いた。

そしてもう一体も攻撃する。

「このアリたちかなり硬いですね。想像以上です」

「近衛隊は普通のアリとは違う。数がそう多くなくてよかった」

「ご安心ください。俺が後ろからサポートします」

美濃部がそう声をかける。

「ただのビビりじゃなかったんだな」

そんな彼に白川が呟いた。

「そういう大虎さんは初心者ですか?」

-ブチュッ

「こいつらは頭をつぶしても数十分生きてられるのを忘れないでください。せめて手足を使えないようにすべきでしょ」

美濃部の足元にはアリが転がっている。

(まだ女王の部屋にすら到達していないのに近衛隊がいる。
だが、こいつらは前の世代

ある程度倒した彼ら。

「あくまで私の想像ですが第一世代のアリは近衛隊から排除されたのでしょう。ここから先は、第二世代の護衛がうじゃうじゃしているかもしれません」

白川が全員に伝える。

「それならそれに備えて移動しましょう!」

そう言って美濃部が本を開いている。

すると、その場にいた全員が、

(力がみなぎってくる!)と。

「体が軽くなるどころかこれだといくらでも倒せそうだ!」

「それぞれ数匹ずつ受け持ちましょうか」

彼らの前にはまだたくさんのアリが残っている。

俺だけレベルアップな件【第97話】のネタバレ

-敵-

森では

「チャーリーチームと連絡がつかないから見てこいってあいつら何してんだ?」

「待てよ。速すぎ」

イザとKがチャーリーたちのとこへ向っていた。

「この辺りか?」

彼らのいた場所についた二人。

(戦った痕跡。問題なくアリを殺していってるようだが)

倒されているアリを確認する。

「あいつらどこ行ったんだ?」

そのときイザが気がついた。

(シーマのメガネ?)

その先に視線を向ける。

「まさかいや違うよな?」

「うっ、おえぇぇぇっ!」

Kどうした!?」

Kがその場で吐いた。

(なんだこの鼻をつんざくニオイは!ここまでのものは嗅いだことがない!)

-ゴオオオオ

彼らの視線の先からただならぬ気配が

「うわぁぁぁっ!!」

-バキバキッ ガガガガガガッ

そこら一体を壊し、Kは壁を作った。

しかし。

-ガリッ グチュッ

それはあっけなく壊された。

その場には紫の血を流したアリが

 

-魔獣化-

「クソッこんなところで時間を使ってしまうとは」

「この数を五分もかからず倒せたのは早い方ですよ」

日本のS級ハンターたちの足元にはアリがたくさん倒れている。

(剛が翼でも与えたのか?この短時間で俺の二倍は殺していた)

白川は雫を見る。

彼らのいるところまで15分。

一度来た道を戻るのは早い。余裕を持って見積もれば30分ほどの時間がある。

「このニオイ恐らく女王です。護衛もいると思われます」

鼻のきく雫が臭いで感知した。

「私が確認してみましょう」

そう言って白川は、洞窟のおくを調べる。

「女王は一番後ろ。その前に護衛が八匹います」

(近衛隊はS級並みだがこのメンバーなら十分勝てる)

彼らは女王のいる部屋に向う。

「向坂さん。私が女王の気を引くから護衛たちをよろしく頼む」

「はいっ」

町田が雫に声をかける。

「普段ここまでの力を使う事はないのですが、今日はすべて出し切るしかないですね」

-ゴオオオオッ

最上の火の獣が護衛アリを攻撃する。

そんな彼の後ろにアリが

-パパパッ

「俺が後ろにいるから安心しろ」

黒須が攻撃をしていた。

(そうだな。力を出し惜しむ必要はない。醜い姿になってでもこの虫けらどもを一匹残らず殺してやる!)

-ブチュッ

白川が力を出し切って戦うため、魔獣化した。

(あれが白川社長の魔獣化!)

はじめて見た雫は少し驚いていた。

「グオオオオオッ」

本物の魔獣のように雄叫びを上げる白川。

 

[cc id=4079]

俺だけレベルアップな件の最新話を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

俺だけレベルアップな件はピッコマで配信されていますので、1日1話ですが無料で読むことが可能です。

また、本作は配信されていませんが、好きな漫画を無料で読む方法として下記の3つのサービスはおすすめですよ。

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3〜4巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1〜2巻が今すぐ無料で読める

おすすめは動画配信で見放題作品も豊富なU-NEXTです!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで好きな漫画を無料で読む!

俺だけレベルアップな件【第97話】感想

DFNチームの方は何が起きてるんですか!?

Kさんも殺されたのでしょうか!?

S級のハンターを簡単に四人も殺しているとなると相当強いですよ!!

DFNチーム全滅するんじゃ

そして敵の正体もまだわかってませんね。アリなのは確かですが。

どんな姿をしてるのでしょう!

 

雫さんたちも女王の部屋にたどり着きましたね!

護衛はなんなく倒しているようですが、女王はどうなのでしょう。

接近で闘う者と遠距離で戦うもの、回復させるものがいれば勝てそうですね!

あとひと踏ん張りです!!

 

ただ問題は森のDFNチームですね。

女王を倒したとしても終われません

すべての力を出し切ろうとしている彼らには、洞窟を抜けてからが一番大変かもしれませんね

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる