漫画|王様ランキング【第132話】のネタバレ・感想!

王様ランキングの第132話を読みましたので、あらすじ・ネタバレをご紹介します!

マンガハックにて最新話が無料配信されています!

おう王様ランキング【第132話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

マンガハックはネットで誰でも無料で閲覧できるものですが、最新4話までしか公開されていませんので、読み忘れたり、単行本の続きはすぐには読めないですね…

\王様ランキングの単行本が無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

王様ランキング前回のあらすじ

ダイダにミランジョとの昔の話を伝えているボッス。

幸せに暮らしていた島から離れ、命を懸けた戦いを望むボッスに、ミランジョはある提案をしました。

これ以上強い相手とは、「王様か神」だというのです。

王様ランキング【第132話】のネタバレ

ボッス「王に神?」

昔見かけた、あの後ろでふんぞり返っていたアイツかと思いだします。

ミランジョ「そうですね、彼らは前に出てこないですからね。ただやはり、格別かと」

そしてこの地では、チャビ神だと説明します。

ミランジョ「でも急ぐ必要はなく、段階を踏んで私の計画通りにやらせていただけたら」

そしてボッスは考えます。何かを企んでいる様です。

 

 

夜、カップを落として割ってしまい、ミランジョは嫌な予感を感じていました。

急いで外を探し回ります。

すると川岸に血まみれで倒れているボッスを見つけたのです。

 

ボッスはチャビ神の元へ一人で乗り込、頭を下げて挨拶をしたのですがその後に攻撃を仕掛けたのでしょう。

ですがやられてしまったのです。

ボッス「ああ、今帰るところだ」

そう言って立ち上がろうとしますが、血がどんどん吹き出しうまく立ち上がることができません。

ミランジョ「ボッス様・・・」

ボッス「げふ、ハハハなんだありゃ。ハハだめだ」

どうやったって勝てる気がしない、そう感じていたのです。

ミランジョに帰ろうと声をかけ、二人は歩いて家へと向かいます。

 

チャビ神と戦ったボッスは訳がわからないまま負けてしまったのです。

急に血が噴き出し、チャビ神はボッスとは比べ物にならないくらい大きくなり、一瞬でやられてしまったのです。

ボッス(未練すら持てない、いくらオレがこの先・・・オレの限界・・・)

あの力にはどうやっても勝つことが出来ない、そう悟ったのです。

ミランジョ「ボッス様、今はしっかり休んで、気力を取り戻しましょう」

 

 

それからボッスは気力を失くし、二人はのんびりとした生活を送っていました。

ボッス「ミランジョ、またあの島に戻ろうか」

ミランジョ「・・・それも、いいですね」

少し心が痛みましたが、ボッスには自信を持っていてほしい、ただ輝き続けて欲しいと考えていたのです。

ここである少年の事が思い浮かびました。

ミランジョ「ボッス様、あなたの夢をすぐに叶えられる方法があります」

その話に、ボッスは耳を傾けました。

スポンサードリンク



王様ランキングの最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

王様ランキングの単行本は下記の3つサービスで読むことが可能です!

BookLive! 先行配信で1巻早く配信中(初回50%オフチケットあり)
FOD 単行本2巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻が今すぐ無料で読める

王様ランキングを無料で読む方法としては下記の記事で詳しく解説しています!

>>王様ランキングを無料で読む方法!

\31日間無料&600P付き/

FODで「王様ランキング」を無料で読む!

王様ランキング【第132話】考察

ミランジョが思いついた方法はあまりよくないものでしょう。

ボッスはミランジョの話を無視して、チャビ神に勝負を挑みました。

結果あっけなく負けてしまい、勝てる気がしないので再度勝負を求めることすらやめてしまいました。

ですがミランジョの一言で、さらに闘志に火が付きそうですよね。

王様ランキング【第132話】感想

本当にミランジョはボッスのことを大切に思っているのでしょうね。

ただ心配になってきます。

ボッスの強さを増やしたいがために、いけない方向へと手を伸ばしているからです。

きっと思いついたものも、良くないものでしょうから悪う方向へしか進まないきがします。