20197月29日発売の週刊ビッグコミックスピリッツ2019年35号で、王様達のヴァイキングの第205話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

20197月29日に発売された週刊ビッグコミックスピリッツ2019年35号に掲載!

王様達のヴァイキングの最新話!第205話のネタバレと感想!

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\王様達のヴァイキングの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

王様達のヴァイキング205話のあらすじとネタバレ

よりにもよって蘇芳が、誰も気が付かなかったコンピュータの要自体が持つ脆弱性を発見していたことに、歯噛みする一同。

しかし、彼らは最後の0.1秒まであきらめない。

坂井「いいか? 奴はその弱点を突いて世界中のIT企業のデータセンターを攻撃する目論見だ だからこそ…」

竜二「わかってますよ!! だからこうして俺たちが親父より先に攻撃しちゃうって話だろ? 世界中のパニックを味方にしてやろうぜ!!」

残された時間はあとわずか…。

その数分でする、世界中のパニックを味方にする方法とはいったい…?

坂井「このご時世にIT企業が軒並みダウンすれば、世界が180度変わってしまう」

坂井「完全な監視社会を想像してみろ 人々は無意識のうちに公権力に迎合するようになるだろう」

坂井「人間が画一化していく そしてついに蘇芳が渇望するデウスが完成する」

是枝「僕らの…ハッカー達の”居場所”も、消滅する…」

つまり、支配者蘇芳によって、言動や行動を完璧に統治された世界と言う、最悪な未来が来てしまうということだ。

そんな個性を否定し、人々が奴隷のように飼いならす支配者の誕生は、絶対に阻止しなけらばならない!

しかし、現実は残酷であり、テロリストとされている是枝達を捕まえんと、さらに大量の人員が現場に到着してしまうのであった。

 

ドオオン!

鳴り響いた轟音が、是枝達にはもう時間が残されていないことを報せる。

竜二「くそ! もう来やがったか!!」

そんな絶体絶命の中で、是枝と坂井は冷静だった。

それは、是枝と坂井、お互いがお互いを信頼しているからに他ならなかった。

坂井「多くの革新的な技術は反発心から生まれてきた 自由を求めたハッカーたちによる戦いの成果だ」

坂井「ハッカーとは知識と技術に秀でたものに送る称号…」

坂井「今――最後の一瞬まで抗え」

 

ドオオン!!

先ほどよりも近い位置での轟音。

武装した機動隊が次々と建物の中に侵入してくる。

「部屋を囲め! 正面から突入せよ!!」

「テロリスト共は発見し次第射殺しろ――!!」

煙幕を焚き、機動隊が部屋に侵入しようとしたその時…。

4人は部屋から出て、威風堂々とした態度で、彼らの前に歩いていった。

機動隊は制圧する前に自分から出てきた彼らに面食らってしまい、銃を構えたまま立ち止まる。

坂井「お喜びください蘇芳総理! あなたの壮大な計画は成功しました!!」

蘇芳「待て、なんだと!?」

竜二「さあさあ! 愉快なショーのお立合い!! なんと親愛なる我が総理大臣は、世界各地の原発に同時多発テロを仕掛け、さらには超独裁監視社会を作るべく世界中のIT企業をぶっ潰そうとしたスーパー極悪人でーす!!」

そんな竜二の言うことを信じてか信じないでか、機動隊の動きは止まっていた。

鶴野「あんたがこの子を望んだ理由がわかったわ」

鶴野は蘇芳に言う。

鶴野「ハードウェアの脆弱性を利用した攻撃はまだ理論段階だった 一刻でも早く攻撃を成功させたかったあんたは、この手が欲しかった」

竜二「親父の望み通り、彼は見事にやり遂げたぞ! 世界中のIT企業への攻撃は成功だ!!」

竜二「でもね、残念でした! 俺達が攻撃したのは5分間だけ 今頃はすでに防衛線に突入してるよ」

それはまさに、攻めて守るハッキングだった。

攻めることで世界中のハッカー達に危険を知らせ、目に見えない脅威を白日の元に晒したのだ。

是枝「あんたがこの先何をしても、彼らが戦ってくれる」

是枝「たとえ僕らが世界からいなくなっても」

是枝「これが、僕たちのやり方だ」

今、坂井と是枝の集大成がここで実を結んだのだった。

高笑いをする蘇芳。

そこにあるのは、絶望か、はたまた余裕か。

坂井「あなたは最初の人だった 何かを最初にやる人って根源は正義だと思うんですよ でもその正義が歪んでしまったなら滅びるしかない」

坂井「あなたに管理されることが人々の幸福だと本気で信じているのですか?」

坂井「永遠に見つかることのない、欠けた1ピースを、あなたは探している」

坂井「でもね、それは本当に必要なんだろうか? あなたが完成させたパズルを求めているひとは、いるのでしょうか?」

俯いて、黙って坂井の話に耳を傾ける蘇芳。

突然、そばの警備員の拳銃をひったくり、蘇芳はその銃口を坂井に向けた。

蘇芳「…坂井君、君は実に親切な男だな しかし心配には及ばんよ」

蘇芳「答えは、世界が出すものだ」

是枝「やめろぉおッ!!!」

鳴り響く銃声が、男たちの夢の終わりを告げた。

王様達のヴァイキングの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

王様達のヴァイキングの最新刊(単行本)や最新話が連載されている週刊ビッグコミックスピリッツは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻or週刊ビッグコミックスピリッツ1冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本2巻or週刊ビッグコミックスピリッツ4冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻or週刊ビッグコミックスピリッツ2冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

王様達のヴァイキング 第205話の感想・見どころ

総理大臣自ら発砲とか、世紀末かよ。

ということで、連載まであとわずか3話となってしまいました。

しかし、戦いはまだ終わらない。

世界中のハッカーたちに託した是枝君たちの思いは、きっと絶望の中の希望となり、蘇芳の計画を阻止するでしょう。

これは、そのための物語だったのです。

ということで、今回の見どころは、自分達はやりきったんだという自信に満ち溢れた4人の威風堂々とした立ち姿です。

漫画だと見開きでドーンと乗っており、セリフもないそのページに思いが詰め込まれているのだと、見るだけで理解できるシーンとなっております。

是非、漫画で読んでみてください!

それでは、また次回の記事でお会いしましょう!