OUTの第164話を読みましたので、あらすじ・ネタバレをご紹介します!

2019年8月27日発売のヤングチャンピオン17号、最新話!

OUT【164話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

絵も含めて漫画を今すぐ無料で読むにはU-NEXTの31日間無料&600P付与のサービスでヤングチャンピオンの17号を無料で購入できますよ。

\OUTの最新話も無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

 

OUT【164話】のネタバレ

前回のあらすじ

要率いる新人副総体と間宮率いる狂乱鬼の部隊が運搬路にて激突しました。

要の機転を効かせた反撃によるお膳立てもあり、間宮を倒した南国。

掌の傷にはある意味があって……

 

【かつて交わした誓いの記憶】

かつて武藤と南国はお互いの掌を切り合い誓を交わしていました。

南国が勢いあまって掌を切り過ぎ、

血が止まらないことに慌てますが

武藤が手首を抑えて肩より上にあげるよう適切な指示をした為出血は何とかなりました。

その後互いの手を握りあい、誓をかわしました。

南国「ふっふっふっ

互いの手の平を切り握り合う

これで俺とお前は五分の兄弟分だ!

武藤「きょ兄弟って、南国

別に友達でもいんじゃね?

ヤクザじゃあるまいし、なんか正直引くわ

南国「馬鹿野郎!

冷めたこと言ってんじゃねえよ!

これまでのてめえとの戦績は555分。

はっきり言って同世代で俺が認めてんのは武藤、お前だけだ!

武藤、俺ァおめえとだったら

地獄でも一緒に行ける!

武藤「

南国「それに、俺らはお互いに

要くんに挑んで負けてきた仲でもある!」

兄弟分という言葉になんだか恥ずかしさを感じ遠慮する武藤でしたが、

それでも2人が安倍要という漢にほれてるのは間違いないと認めます。

そして、2人は兄貴分として要を2人で守っていくと誓いあったのでした。

 

【ケジメの代償】

なんとか要の機転を効かせた反撃によるお膳立てもあり、

間宮を倒した南国では、手の平の傷を見つめ

「兄弟、要くんは何とか守ったぜ!」

と手の平の傷の先に武藤を浮かべ語りかけました。

すると要が南国に声をかけてきました。倒れている間宮を一瞥すると、

ケジメを付け終えたことに気付きます。

しかし、次の瞬間

馬鹿野郎!!!!

と要は南国の頭を殴り怒鳴りつけました。

南国が命令を無視して勝手に動いたことで、

南国が無理矢理連れていった2人は敵にバットで両足をぐしゃぐしゃにへし折られていたのです。

あまりにも酷い状態に、

南国は一瞬言葉を無くしました。

要「仲間が近くにいるなら

あそこまではやられてねえ!

二度と勝手に動くな、いいな!」

要に叱られると落ち込みすみませんでしたと謝りますが、

それも謝る相手はアイツらだ!と南国はまた叱られてしまいます……

 

【間宮と三浦】

間宮は大怪我を負い項垂れている中、昔の三浦との会話を思い出していました。

 

また火咲ともめたのかと尋ねられると

怒ったような表情で話し始めました

間宮「ふん

火咲と綾川のやつ、水野達下のもんが元気がねえからって気合い入れろだの

やき入れてやがったからよ

その様子に、間宮は火咲のような元気な要キャラが嫌いだからなと笑いながら声をかけました。

しかし、間宮のアイツらは嘘つきだと言う言葉に表情がかたまります

間宮「本物の不良に元気な陽キャなんていねえ。

元気に明るくまともに育ってりゃ

そもそもひねくれて腐った不良になる

必要性がねえからよ。」

三浦「

わかるよ間宮

俺ら不良ってやつの性根は基本的に

ささくれたって暗く淀んでる

それだとあまりにも

傍目に悪すぎるから、それを隠す為に

ド派手に元気で陽気なイケイケな

フリをしてる

不良の本質は1人じゃビビって

何も出来ねえ陰キャ集団

社会不適合の悪業オタクだ

特に俺なんていっつも誰かに騙されるかもって、

内心は子羊のようにブルブル震えてるから

元気で明るく前向きに生きていくこと自体、基本的に不可能なんだけどよ!」

顔を両手で包み、ぶにゅーっと潰しながら話す三浦に思わず間宮が笑うと、それを見て三浦はクシャッとした笑顔になりました。

2人の笑い声が響きます。

そして間宮は三浦に、

本当に阿修羅を抜ける気なのかと話を切り出しました。

三浦は6代目斬人がああなってしまったのは、良樹達だけの責任ではなく

阿修羅の責任でもあるある筈だと考えていました

そしてそれは、火咲も本心は同じはずで、だが阿修羅の大将として動きたくても動けないのだろうと話します。

それが辞める理由だと分かった間宮は、相変わらず律儀で真面目な三浦に着いていくことを決意しました。

驚く三浦に、元々三浦がいたから阿修羅に入ったわけであって、クレアに会えなくなるのは少し寂しいが

三浦がいない阿修羅に未練はないと伝えます。

三浦「ほ、本気かよ間宮!?」

間宮「ああ、三浦

おめえの脇は俺が固めてやるよ

 

【南国危ない!】

未だ白目を向き項垂れている間宮を背に、

要達は今後のことを話していました。

ユンボに追われて前方に逃げた連中は既にほぼ全員が諦めて投降しています。

今、張間達が縛り上げているところのようです。

ここからは、ここが片付き次第ポイントC狂乱鬼副総三浦がいる場所に急いで向かいます。

調子にのって三浦も俺がなんとかしてやりますよと話す南国の背後に振りかぶられた狂気

それは間宮がハンマーを南国の頭目がけて振りかぶっている姿でした。

 

【捜索中、丹沢】

狂乱鬼のメンバーは血眼になり

丹沢を探していました。

その様子を隠れて見ていた丹沢達はどうしたものかと頭を悩ませておりました

 

【立ち上がる漢、まぬく】

楽咲と通話中の三浦

通話先の楽咲に、未だ丹沢は見つかっておらず今から探しに行こうと思っている旨を伝えます。

追っている仲間によると、

丹沢達は袋小路に逃げ込んだらしく、

この場にいる新人はだいぶ潰したから仲間も数人な為見つけるのは時間の問題のようでした。

そしてマヌクを聞かれ……

衝撃的な姿が…………

片目が飛び出て目玉が垂れ下がり、

もう片目はどこを見ているのかすらわかりません。口は開き、鼻と口から血が垂れています。

倒れているマヌクを見下ろし三浦は

三浦「ああ、海

お前の言っていた通り、雄牛みてえにタフな野郎だったよ

俺がぶっ潰しちまう前に

潰れてくれて助かった。」

通話を終えると、仲間達を引き連れ立ち去ろうとします。

すると、待たんかと言う声が

なんとマヌクが立ち上がったのです

その姿は肩を抑え、必死に痛みに耐えているのでしょう。震えています。

マヌク「ま、まだ終わっとらんばい

三浦「マジかよ騙されたぜ」

立ち上がるマヌク・カンドゥ・優希

圧倒的劣勢ですが、どうなるのでしょうか

OUTの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

OUTの最新刊(単行本)や最新話が連載されているヤングチャンピオンは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻orヤングチャンピオン1冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本2巻orヤングチャンピオン4冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻orヤングチャンピオン2冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでポイントの反映が登録と同時で、雑誌の読み放題や見放題動画が多数なので、かなり楽しめますよ!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで「OUT」を今すぐ無料で読む!

OUT【164話】考察・感想

正直私はひたすら三浦の格好良さがたまりませんでした……

過去に間宮との約束をした際に間宮がクシャッと笑うのですが、本当に可愛くて…本当にぜひ絵と一緒に見ていただきたいです。三浦ファンの皆様必見です。

そして、そんな三浦を信頼する間宮は

あんな状態にも関わらず南国を倒そうとしていますね。

もしかしたら南国の三浦を倒すという言葉に反応し守ろうとしたのかな?の考えています。

要も付近に居るため、ハンマーで頭を割られて死んでしまうという事態にはならないかと思いますが、

南国もしくは庇おうとした要どちらかが深手をおってしまうのではないでしょうか?

また隠れている丹沢も時間の問題でしょう。出て行ったとしても現時点では追っ手が多すぎる為あまり得策ではないかと思われます。

そして最後……マヌク

衝撃的な刺激の強いシーンでした…

あまり、グロテスクな物が得意でないかたは少しびっくりするかもしれません。ですが目玉が垂れ下がってもなお立ち上がる姿…

最早タフなんで言葉じゃ表せません。

さながら、義経を守る弁慶のようだと私は思いました。いかなる攻撃を受けいかなる姿になろうと倒れない…

とはいえ、圧倒的劣勢なのには変わりありません。このままマヌクのみでは三浦を倒すことは不可能に近いでしょう。はたして誰かが駆けつけるのか!?

次回に期待しています!