六道の悪女たち第154話のネタバレ感想を書いていきます!。

2019年8月29日発売 週刊少年チャンピオン39号掲載

六道の悪女たち【第154話】「女たちの意地」のネタバレと感想!

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\六道の悪女たちの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

前回までのあらすじ

針蔵高校とクロムサムの全面対決。

向日葵乱奈は六道桃助が自分のことを信頼してくれなかったことを怒りますが、

まずは椰子谷唯を倒すことを目指します。

六道の悪女たち【第154話】「女たちの意地」のネタバレ

雷乃突撃

菫雷乃が以前いたチーム、鬼島連合でははるかに格上だった椰子谷唯に向かって突撃していきます。

 

雷乃「女の意地だァァ!!」

ですが椰子谷は。

椰子谷「お前の蹴りは所詮 天乃の真似事だ!!」

 

カウンターで迎撃されてしまいました。

 

雷乃もただでは転びません、椰子谷の腕を掴んで勢いを乗せた膝蹴りヒットさせました。

 

その勢いで後ずさった椰子谷に雷乃は語りかけます。

 

雷乃「好きな男を虐めたいなんて… あなたは一生 愛を知らずに生きていくわね」

 

その言葉に椰子谷は怒りました。

椰子谷「…なんだと?」

雷乃はさらに続けます。

 

雷乃「六道が今でも好きなんでしょ だからそんなに怒ってる でもそんなやり方じゃ一生愛は見えない」

 

椰子谷「黙れ!! 私は痛みで愛を表現するんだ!! 言わば… SMプレイだ!!」

雷乃「言うな!!」

椰子谷は開き直っていました。

 

雷乃「愛っていうのはねぇ…!! 好きな人を守りたいっていう気持ちなのよ」

雷乃「私は六道を守るためなら絶対に負けない!!

椰子谷の愛

椰子谷「このクソ女がァ!! 私の愛を否定するなァ!!」

 

椰子谷と雷乃は再び激しい闘いを再開したのです。

 

実力の差はあってもそれはもう圧倒的な物ではありませんでした。

そして椰子谷には雷乃を面倒だと思う点もあったのです。

椰子谷(天乃と重ねてはダメだ 昔と違い今の雷乃の蹴りは天乃とは別物になってる)

椰子谷のハイキックをかがんでかわした雷乃でしたが。

椰子谷(天乃ならここで軸足を狙ってくるが…)

雷乃は沈み込んだ体制からの伸び上がっての膝蹴りで顔を狙ってきました。

椰子谷(クソ生意気に成長しやがって…!! この女 どうやって潰してやろうか…!!)

雷乃の想い

悪の心を抑え込む愚連無輪も効かなくなり、悪女ではなくなった雷乃は本心で六道桃助に恋をしていました。

 

その想いを伝えて、助けてくれた六道の助けになるために雷乃は愛する人の助けになるためにずっと特訓を繰り替えていました。

雷乃(私には力がない いくら蹴りを撃ち込んでもタフな相手は倒せない)

毎日走り込み、木を相手に蹴りの練習をして足に鉄アレイを吊り下げてキープをするという足を徹底的に鍛える日々でした。

雷乃(力を付けるんだ!!一発で相手を吹っ飛ばせるくらいの 力のある蹴りを撃つために!!)

 

その鍛え上げた蹴りを放つための布石をしてスキをずっと狙っていたのです。

 

雷乃(お前が油断して時 全力でお前の急所に致命傷を撃ち込んでやる!!)

 

雷乃の横蹴りを右手で防御した椰子谷。

雷乃(ここだ!!)

その腕を踏み台にして放つ渾身の飛び蹴りは椰子谷の顔面を撃ち抜きます。

 

…ですがそれでも致命傷には至らず、椰子谷の右ストレートは体の浮いた雷乃の顔面に突き刺さります…

 

雷乃「…そっか ……ありがとう 待ってて…くれて

椰子谷「…? 何をだ」

雷乃「私はあなたが羨ましい 悔しいけど… 私には… これが限界 今の私には六道を守る力が ない…!!」

雷乃「悔しいけど… お願い!!」

 

雷乃が吹き飛ばされた先にあった木の陰には向日葵乱奈が隠れていました、

この闘いの決着をずっと見持っていたのでした。

 

椰子谷「…誰だ」

 

その人物に椰子谷は気づきました。

椰子谷「向日葵乱奈…!!」

六道の悪女たちの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

六道の悪女たちの最新刊(単行本)や最新話が連載されている週刊少年チャンピオンは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻or週刊少年チャンピオン2冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻or週刊少年チャンピオン5冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本2巻or週刊少年チャンピオン3冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで今すぐ「六道の悪女たち」を無料で読む!

六道の悪女たち【第154話】「女たちの意地」の感想と次回の予想

菫雷乃の最初の気持ちは術のせいだったのかも知れません、

ですが愛する人の役に立ちたいと願ってひたむきになって鍛えていたのは本物の愛だったのですね。

 

できればここで椰子谷唯を倒して六道桃助の役に立ちたいと想っていたのですがまだその願いは叶いませんでした…

 

椰子谷は間違いなく怪物の領域なのですね。

 

木の陰にいた向日葵乱奈はその長ランも相まってかなり男前になっていました。

 

そしてついに激突する最凶対最恐!。

 

ネタバレはここまで!
次回もお楽しみに!!。