2019年10月4日発売のジャンプSQ11月号で、るろうに剣心北海道編の第19話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

2019年10月4日に発売されたジャンプSQ11月号に掲載!

るろうに剣心北海道編最新話!第19話「地獄の産物」のネタバレと感想!

>>るろうに剣心 北海道編のネタバレ一覧はこちら!

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\るろうに剣心北海道編の最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

前回までのあらすじ

剣客兵器先鋒・凍座への尋問が開始される。

しかしそれは、凍座が献身と交戦している間だけ、という条件付き。

相手の闘争の本質が姿かたちとなって現れたモノ・闘姿を見ることが出来るという凍座。

彼は剣心――緋村抜刀斎の闘姿が見たいのである。

その挑発に乗る形で交戦する剣心。

大技・九頭龍閃を放つが、凍座は恐るべき「固さ」でダメージを感じさせない!

そんな中、永倉新八が凍座に話を持ち掛ける……。

るろうに剣心北海道編第19話「地獄の産物」のあらすじとネタバレ

永倉新八の尋問――提案?

一騎当千の猛者。

そういった人間は確かに存在する、と永倉は言う。

例えば新選組の近藤局長、土方副長。

長州の高杉晋作、薩摩の西郷隆盛。

言葉の通り一人で千人倒すのではなく、その者が現れると味方千人が奮い立ち敵千人が恐れおののく存在だ。

剣客兵器の企みはそういった実力者を選りすぐり、外敵から日本を護る要とすること。

その考えは明治政府が掲げる富国強兵とは相反するものではない、よって実検戦闘なんて物騒な真似は止めにして、明治政府と手を組み、軍の一機関となって猛者を育成するのはどうか、と永倉は提案する。

剣心、斎藤、左之助、十本刀がその提案に驚くが、永倉は飄々と戦うだけが答えじゃない、と続ける。

受け入れるなら政府も罪を軽くしてくれるだろうという永倉。

刃向かうなら即斬るだけだという斎藤。

富国強兵自体には思うところあるが、一人の剣客として力を抑え、扱うかを考えた上で、実検戦闘という愚挙を止められるのならと理解を示す剣心。

凍座の解答は?

永倉の尋問というより提案に感心したような呆れた様な反応をする凍座。

「だがその提案は却下だ」

剣客兵器が手掛ければ強兵を育成することはたやすい。

だが、政府機関では「猛者」は決して育たない

何故なら猛者になるためには地獄でのみ育まれる何事にも屈せぬ強靭な魂が必要であるから。

それはお前たちがまさにそうだろう、と凍座はいう。

それぞれの地獄―愛する者の死、師のさらし首、戦争――を思い出す剣心達。

望まぬ闘争、叶わぬ理想……不条理、理不尽、そして死……。

強靭な魂はそれらを糧として育つ地獄の産物なのだ、と凍座は主張する。

死にもの狂い武者修行でも地獄に比べればぬるく、だからこそ何十年も時間を費やす羽目になってしまったと。

三島栄次、鬼となる!

「だが地獄なら一瞬! そう 一瞬だ 見よ!」

剣で柵を指し示す凍座。

ダァンダァンダァン

銃声。

三島の銃弾が柵を破ったのである!

厳しい形相で此方へ歩み来る三島。

凍座はその闘姿が小鬼から鬼へと成長したことを確認し、歓喜の声を上げる!

「志々雄真実……十本刀……瀬田宗次郎!!!」

鬼と化した三島は宗次郎へ銃口を向け、剣心の制止も聞かず……。

ダァン

放たれた銃弾の行方は!?

次号へ続く!

>>るろうに剣心 北海道編のネタバレ一覧はこちら!

スポンサードリンク



るろうに剣心北海道編の最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

るろうに剣心北海道編の最新刊(単行本)や最新話が連載されているジャンプSQは4つの電子書籍で無料で読むことが可能です!(北海道編はまだ発売されていませんでしたので、明治剣客浪漫譚で表示しています。)

U-NEXT 単行本1巻orジャンプSQ1冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻orジャンプSQ2冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻orジャンプSQ1冊が今すぐ無料で読める
ひかりTVブック 単行本2巻orジャンプSQ2冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメも見放題で楽しめます。

実写版の映画はポイント作品となりますが、アニメ版は全話見放題なので、無料期間で視聴することが可能ですよ!

U-NEXTをすでに利用したことがある人は表にあったFOD・music.jp・ひかりTVブックをご利用になってみてください。

\31日間無料&600P付き/

るろうに剣心北海道編第19話「地獄の産物」の感想・見どころ・考察

前半は永倉新八の狸っぷりの真骨頂という感じでしたね。

確かに論理的に考えれば、剣客兵器の考えていることは政府的にもメリットのあることですから、

政府のバックアップを得てやったほうがよさそうなものなのですが、相手は凍座。

猛者は地獄の産物であるという哲学は政府機関という枠では無理と判断したようです。

こののち、政府機関で育成された兵士たちは日清、日露で文字通りの地獄を見る訳ですから、

この辺りは歴史の皮肉と言ったところでしょうか……。

そして後半、まさしく地獄を見た三島栄次が乱入してきます。

宗次郎たちを見て地獄がフラッシュバックしたのか……。

るろうに剣心本編は剣心の贖罪の物語でしたが、北海道編は宗次郎が自分の罪とどう向き合うか?

が個人的には一つのキーだと思っているので、次回からは展開を期待したいですね。

銃弾の行方がはっきりしていないところがポイントで、遅まきながら罪の意識が芽生えた宗次郎がその身で受け止めるのか、他の誰かの元へ暴発するのか、剣心が止めるのか、それとも……。

宗次郎のまっすぐな瞳が意味深です。

次回まで気になって仕方ありませんね。

同世代であり、境遇も理解できそうな弥彦が参戦しないかな、とも思うのですが。