漫画|咲-Saki-の最新話までの全ネタバレまとめ!




こちらは、漫画「咲-Saki-」のネタバレ一覧ページです。

後半では「咲-Saki-」の単行本や最新話を無料で読む方法についてもご紹介しますね。

>>咲-saki-を無料で読む方法まとめ

 「咲-Saki-」の最新話ネタバレ一覧

「咲-Saki」のネタバレ一覧表です。

お好きな話数を選択して、読んでみてくださいね。

第206話 第207話 第208話
第209話 第210話 第211話
第212話    
咲-saki-各話のあらすじ一覧

咲-saki-【第206話】ネタバレ

インターハイ決勝、先鋒の後半戦。

ドラで思い出される玄の過去。果たして玄は覚醒するのか!?

>>続きはこちら!

咲-saki-【第207話】ネタバレ

賭けに出るかは玄に託された。

次第に玄は虎を圧倒していく・・・

>>続きはこちら!

咲-saki-【第208話】ネタバレ

先鋒の後半戦は、それぞれの想いが交錯する、白熱の展開に!

>>続きはこちら!

咲-saki-【第209話】ネタバレ

いよいよ戦いは終盤へ。

優希の本領発揮となるのか!?

>>続きはこちら!

咲-saki-【第210話】ネタバレ

完全に追い込まれた状況の優希だが、決して諦める様子はない。

果たして幸運は舞い込んでくるのか・・・

>>続きはこちら!

咲-saki-【第211話】ネタバレ

智葉は冷静に、状況をみていた。

一歩も引くこと無く、戦いを進めていく。

>>続きはこちら!

咲-saki-【第212話】ネタバレ

1年前に智葉は照に連続和了について聞いていた。

2000点以上から始めると、その後の恩恵がすくなるなると…

そして、自ら親番をもぎ取る最初の和了は2600点だった。

>>続きはこちら!

咲-saki-【第213話】ネタバレ

準備中…

咲-saki-【第214話】ネタバレ

準備中…

第1・3金曜日の最新話配信に合わせて、随時ネタバレ更新中ですので、お見逃しなく!

「咲-Saki-」のあらすじ

時は21世紀…。

麻雀の実力が人生を左右する時代に、二人の天才女子高生が舞い降りる。

毎局プラスマイナスゼロで和了(アガ)る少女・宮永咲。

全国中学生麻雀大会個人戦優勝者・原村和。

互いの生き様が交わる時、熱き物語の幕が上がる――!!

「咲-Saki-」のネタバレ

ここではざっくりと個人的に印象に残ったシーンをかいつまんでネタバレをご紹介いたします。

見どころが多い作品なのですが、できるだけ厳選して簡潔にまとめていきたいと思います!

プラマイゼロ子の嶺上使い

家族で麻雀をするようになったが、勝ちすぎても怒られ、負けると欲しいものがもらえない…そんな家庭環境で育ったヒロインの宮永咲は勝ちも負けもしない、プラスマイナスゼロになるように局を進めることを覚えた。

咲が入学した清澄高校は麻雀部があるものの、人数が足りなくて、これまで個人戦にしか出場できませんでした。

今年は1年生から原村和・片岡優希が入部し、部長の竹井久と副部長の染谷マコの4人になる。しかし団体戦では5人が条件となるので、どうしてももう一人必要だったのだ。

咲が勧誘を受け、数局だけ試合をすることにした。

和は中学生チャンピオンであったものの、そんな相手にも関わらず咲は連続でプラマイゼロを達成したのです。

 

和は最後に悪あがきとしてプラマイゼロを阻止するためにリーチ棒を投げ入れました。

このリーチ棒のせいで、咲はプラスマイナスで上がるためにはかなりの狭き門を通らなければなりません。

そこで咲は「カン!」と言い、鳴きを入れました。

カンをすることで符跳ねと言って、点数を微調整してきたのです。

そして、カンをすることで、得られる牌で上がる「嶺上開花」を華麗に決めて、70符2翻という特殊な点数でしっかりとプラマイゼロに抑えてきました。

咲の入部〜県予選大会

和は咲の勝つ姿勢が見えないことなどに憤りを感じますが、なんやかんやあって仲直りして咲も入部することになりました。

人数が揃うもまだまだ実力不足だったり、修正していくポイントがあるので合宿をして強化することに。

そして迎えた県予選大会。

県予選の序盤もなんやかんやあって勝ち進んでいく清澄高校。

 

ついに決勝戦まで駒を進め、前回の優勝校・龍門渕、前回2位の風越女子、そして鶴賀学園の3校との試合が始まります。

ここは先鋒から見どころがたくさんありますが、やはり咲と衣が衝突する大将戦は一番の見どころです!

県予選決勝・大将戦

咲、衣、加治木、池田の4人で県予選最後の戦いが始まる。

衣が圧倒的な力を見せる中、咲もそれに食い下がる。池田はかなり凹むが最後まで諦めない姿勢を見せたのは良かったですね。

そして最終局。

衣の凄さは牌の流れと危険牌の察知能力です。この頃は今みたいな必殺技的なものは少ないですが、衣は満月の夜にはかなりの力を発揮され、感覚通りに打てば勝てると言われていました。

しかし、前局で咲は衣の捨てた牌をカンして、2000点の手を一瞬で24000点にしたのです。

そして最終局でも五萬をツモる感覚でしたが、咲に流れを持って行かれていました。

衣が積もった牌は感覚的に咲の当たり牌だが、振り込んでも12000程度という感じを掴み、振り込んでも点差的に衣が勝つはずだった。

 

前局のことを思い出した衣は、初めて自分の感覚を疑ったのだ。

そこで、感覚と思考を織り交ぜることに気づいた衣でしたが、今回は感覚を信じてツモった牌を捨てた!

衣に「上がるか?」と聞かれると、咲は「ううん、それで上がったら私の負け…でも」と言って、衣が捨てた牌でカンを宣言したのです。

このカンによって咲は得意の嶺上開花をするも、それだと点数が変わらないため、そのまま手牌の4つでカンを宣言。

またしても嶺上開花するも、まだ点数が足りないため、さらにカンをしたのだ!

3連続カンからの嶺上開花。

清一色・対々和・三暗刻・三槓子・赤1・嶺上開花の数え役満で衣に逆転したのでした!

このシーンは個人的にアニメで見てほしいですね。

咲は笑顔で嶺上牌を取りに行くシーンが話題になったところです笑

全国大会

咲たちの清澄高校は永水女子という優勝候補とも言われる巫女さん集団、大阪のトップ校・姫松、岩手の宮守女子との戦いが始まった。

永水女子の先鋒である神代は寝ることで神を下ろすとされ、その神もローテーションとなっている。しかし、起きた時の神代はどちらかというと頑張り屋さんだが弱い笑

そこがかわいいところでもあるのですが、今回は起きている時間が長かったので、少ししか活躍できませんでした…。

 

咲は変わらずに大将として参戦し、いつも通りの感覚として靴下を脱ぐことで落ち着く手法を身につけていた。

とその前に中堅で姫松の愛宕洋榎について…

個人的にトップクラスで好きな打ち方をする愛宕洋榎は相手の待ちをかいくぐって自分の手を仕上げるように打つことがある。

そのため、今回の戦いでは相手が格下すぎて本気を出せていないが、覚えておいていただきたいキャラクターです!

全国大会・大将戦

大将戦では永水が絶一門状態を仕掛けてくる。しかも霞のところにはその残った牌が全て集まってくるという鬼のような仕様。清一色やり放題な状態なのです。

ここで永水女子がモリモリ点数を巻き上げますが、弱点としては攻めしかできないため守りが弱くなってしまうのです。

咲は永水の支配がワン牌にまで及んでいないと思い、得意の嶺上開花で攻め立てる。

一度は宮守女子に振り込みまくって最下位に転落した姫松ですが、咲のアシスト?もあって終盤で盛り返してきたのです。

しかし、オーラスで咲があっさりと上がりを決めて、終わったの!?というくらい最後は静かに終了しました。

しかも、終わってから姫松が気づきましたが、咲は2回連続でプラスマイナスゼロを成し遂げての1位抜けをやってのけたのです!

これには落ち込む姫松の大将・末原。

だが、姫松も2位に残り駒を進めていった。

「咲-Saki-」の登場人物紹介

宮永 咲
清澄高校麻雀部の1年生で、この物語の主人公。趣味は読書というおとなしい性格とは裏腹に、団体戦で大将を務めるほどの実力を持つ。”毎局プラスマイナスゼロで和了(アガ)る少女”との呼び声も高い。実は個人戦1位の宮永照の妹であり、3年の姉と戦う機会を伺っている。
原村 和
副将を務めるこの物語の準主人公。そのルックスからアイドル的な人気を誇っている。全国中学生麻雀大会(インターミドル)個人戦優勝の経験を持つなど、実力者であることから、周囲からは天才と呼ばれることもある。かなり合理的に打つデータ麻雀として機械のように相手を攻め立てる。
片岡 優希
咲と同じく麻雀部の1年生。タコスが好物で、しゃべり方が特徴的な変わり者。東場では強いが南場になると失速する速効型なところがある。決勝戦に向けて東場のスピードと火力を高めていく。
竹井 久
清澄高校3年生。中堅を担当している。廃部寸前だった麻雀部を再建した人物で、清澄高校学生議会長を務める優秀な人物。真面目そうに思えるが、相手を翻弄するような戦い方を好む。悪待ちとして知られる彼女の打ち筋は待ちが悪いほど上がれるというジンクスを元に麻雀を楽しんでいる
染谷 マコ
久と一緒に廃部寸前で止まっていたひとり。実家の雀荘で、いろいろなお客さんの対戦を見てきた記憶から、その時の流れを思い出して戦うスタイル。名前からきているのか染め手が好きなようです。

スポンサードリンク



「咲-Saki-」の単行本を無料で読む方法

「咲-Saki-」は2019年12月現在、第19巻まで発売されています。

最新話を読んでいるうちに、過去の話を読みかえしたくなった!もう一度、初めから読みたい!

という方のために、「咲-Saki-」の単行本を無料で読む方法をご紹介します。

まず「咲-Saki-」が無料で読める電子書籍サービスをまとめてみました。

サービス 何巻無料で読めるか 特徴
U-NEXT 600円分無料 動画配信/購入時最大40%ポイント還元
>詳細ページへ
ひかりTVブック 1巻分無料 無料で1170ポイント付与/特別な月額プラン
>詳細ページへ
FODプレミアム 2巻分無料 無料で1,300ポイント付与/8の付く日/20%還元
>詳細ページへ
music.jp 600円分無料 無料で600ポイント付与/購入時10%OFF
>詳細ページへ
eBookJapan 初回限定クーポンあり 初回購入時50%OFF
>詳細ページへ
咲-saki-単行本価格
  • 1巻〜8巻:586円
  • 9巻〜15巻:607円
  • 16巻〜:660円

1巻~8巻までであれば、どのサービスでもポイントを使って無料で読むことができ、9巻以降ならひかりTVブック・FODで無料で読むことができますね。

上で紹介した電子書籍サービスには、無料のお試し期間があり、そこで受け取れるポイントを使用すれば、単行本を無料で読めるんです!

例えば、U-NEXTで1巻、music.jpで2巻、FODで3巻と4巻を読み、ひかりTVブックで5巻を読めば、全巻ではありませんが、5巻分は無料で読むことができますね。

各サービスの特徴についてなど、詳しくはこちらで紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

漫画アプリでも全話無料で読めたりしますので、下記のページからご確認してみてください!

>>咲-saki-を無料で読む方法まとめ

読めるサービスが5つもあって悩む・・・という方に、特にオススメなのがU-NEXTです。

無料のポイントで漫画が読めるだけでなく、動画サービスも充実していて、アニメ版や実写版が見放題で配信されているので、一緒にこちらも楽しむことができます!

U-NEXTで「咲-Saki-」を無料で読む

「咲-Saki-」の作者や作品の関連情報

「咲-Saki-」には、スピンオフ作品の「怜-Toki-」という作品があり、U-NEXTやFODで配信中です。

名門・千里山女子高校麻雀部の“一巡先が見える”少女、園城寺怜について描かれています。

こちらの作品は2019年12月現在、第5巻まで配信中。

FODでは、無料ポイントを使って読む事も可能なので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

この他にも、咲-Saki-のスピンオフ作品は4種類もあります!

  • 咲-saki-阿知賀編
  • 咲日和
  • シノハユ
  • 染谷マコの雀荘メシ(新連載)

本編とは別の視点から描かれているものの、特に、「咲-saki-阿知賀編」「怜-Toki-」は、本編と関連した内容となっています。

きっとより一層作品が楽しめるきっかけになるはずです!

まとめ

以上、漫画「咲-Saki-」のネタバレ一覧と、単行本を無料で読む方法をご紹介しました。

ネタバレでは文字だけですが、実際に絵を交えて読むと、より一層漫画を楽しむことが出来ます。

電子書籍サービスの無料期間と、漫画アプリを上手に利用して、お得に読んでみて下さいね。