青楼オペラの第47話を読みましたので、あらすじ・ネタバレをご紹介します!

青楼オペラの最新話【第46話】のネタバレは

2019年8月10日発売の月刊ベツコミ9月号に掲載中♪

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

絵も含めて漫画を今すぐ無料で読むにはU-NEXTの31日間無料&600P付与のサービスでベツコミを無料で購入できますよ。

\青楼オペラの最新話も無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

青楼オペラ 前回のあらすじ

朱音と誠二郎の秘密のやりとりから、誠二郎が父親の仇であることが判明。

腰に三日月のアザがあることが決定打になり、惣右介と利一郎に取り押さえられて連行されました。

そして朱音のことで頭がいっぱいの惣右介だったが、さらに事態は良くない方へ…

棄捐令が発令され、幕府公認の借金踏み倒しにより、札差は大打撃を受けて茜の身請け金もあやしくなってしまった。

青楼オペラ【第47話】のネタバレ

惣右介の元へ急いでやってきた利一郎は2人で棄捐令のことについて話していた。

惣右介はその額が2万両だと伝え、茜の身請け金を用意するの無理だと利一郎に諭されるも、諦めることはしませんでした。

惣右介「新年になる後ふた月でなんとなかしなきゃ…」

そして、ふと茜がどうしているか利一郎に聞くと、「惣右介には会いたくないと言っているが、今はこちらに向かっている」と話しているうちに茜が到着した。

 

茜は到着も早々に両手をついて深々と頭を下げました。

茜「若旦那…申し訳ございません…」

「わっちのせいで若旦那、近江屋までに迷惑をかけてしまい…」

惣右介の言葉を遮るようにひたすら謝り続ける茜でしたが、誠二郎の言っていた「疫病神」が頭によぎった惣右介は、少し怒りながらも「あいつの言うことなんか真に受けてんのか!そんなわけないだろ!」と茜をフォローするも、茜は現に迷惑がかかっていることを並べて、「もうわっちにかかわらないで」と告げて立ち去ってしまいました。

利一郎が言うには、ずっとこの調子で聞く耳持たぬ状態のようです。

利一郎「まさしく…呪いにかけられてしまった」

惣右介「誠二郎…あの野郎」

と惣右介は頭を抱えてしまいました。

 

 

ぼーっとしながら町を歩く惣右介は、水たまりに足を突っ込んでしまったところで菊之丞に出会った。

ふたりは座りながら茜のことについて話していた。

見るからに元気のかけらもない惣右介にいろいろ提案してくれる菊之丞でしたが、すぐにバレてしまうようなもので、進展はしませんでしたが、惣右介は菊之丞に感謝の言葉を述べました。

菊之丞はそれでも松坂屋や三橋様に頼んででもお金を工面できないのかと尋ねると、最初は断っていた惣右介もなりふり構っていられないとして、動き出す決意をした。

 

そして茜と利一郎の会話へ…

利一郎「松坂屋様や三橋様のお申し出をお断りしたとはどういうことですか。お嬢。」

なんと茜はこの申し出を断ってしまったのです。

茜はお金が工面できたとしても、この騒動で近江屋が女郎を請け負うことは許されることではなく、わずかとは言え、公金で女郎を買ったとあらぬ誤解を生んでしまうかもしれない…

そう言って、これ以上迷惑をかけたくないことを改めて口にしました。

しかし、今度は利一郎が茜をフォローすために口をはさみ、お嬢がどこへ行こうとも一生ついていく覚悟を伝えました。

これに対して茜はこれ以上お前も不幸にしたら本当に疫病神になってしまうと、利一郎に泣きつきました。

 

場面は変わり、茜たち女郎は芝居を見にきていました。

この芝居は菊之丞の招待で、みんな芝居を楽しんでいましたが、茜はこんなものに楽しめる気分にはなれないと、上の空でいます。

茜「なぜこんな絵空事に熱狂できるのかしら…」

すると茜の横に割って入り込む男性が…

 

惣右介「よう」

 

何食わぬ顔で茜の横に座り、菊之丞が気を使ってくれたみたいだからなと言って、芝居を見始めた惣右介。

茜は近江屋がこうなってしまっては、廓通いもできなくなってしまうことを悟り、客ですらなくなると思っていました。

茜(これが最後でも良い。この人が不幸になるよりずっと…)

 

その時、惣右介は目線を芝居から外さずに、茜の手を握りました。

少しずつ強く…その手を握りしめました。

茜も惣右介の肩に頭を寄せて、芝居に目をやり「芝居のように愛しき人の妻になれたら…」と芝居にのめり込む客の気持ちを理解した茜でした。

 

芝居では菊之丞が登場し、会場も大盛り上がり。

そんな中、肩を寄せる惣右介と茜は静かにキスを交わしました。

そして芝居の閉幕と共に、繋いでいた手を離し、別々の方へ歩いて行ってしまいます…

スポンサードリンク



青楼オペラの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

青楼オペラの最新刊(単行本)や最新話が連載されているベツコミは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻orベツコミ1冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻orベツコミ3冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻orベツコミ1冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでポイントの反映が登録と同時で、雑誌の読み放題や見放題動画が多数なので、かなり楽しめますよ!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで「青楼オペラ」を今すぐ無料で読む!

青楼オペラ【第47話】の感想と考察

誠二郎が捕まってから、茜はひたすら謝り続けて、誰とも関係を持たないようにしていましたね。

誠二郎のいう「疫病神」を真に受けたわけじゃないかもしれませんが、周りに迷惑をかけた事実から自暴自棄になってしまいました。

惣右介・利一郎とも説得に上手くいきませんでしたが、最後は菊之丞のおかげで、ひとときでも一緒になれたのは良かったです。

ですが、このまま終わらないと思うので、惣右介がたちがこの先、どんな手段で茜を取り戻すのか楽しみですね。

そんな青楼オペラの【第48話】は2019年9月13日発売のベツコミ8月号に掲載予定です!

ぜひチェックしてくださいね♪